アーンスト・アレキサンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーンスト・アレキサンダーソン
生誕 1878年1月25日
スウェーデン ウプサラ
死没 1975年5月14日(97歳)
住居 アメリカ合衆国
国籍 スウェーデン
受賞 IEEE栄誉賞エジソンメダル
テンプレートを表示

アーンスト・フレデリック・ワーナー・アレキサンダーソンErnst Frederick Werner Alexanderson1878年1月25日 - 1975年5月14日)は、スウェーデン系アメリカ人電気工学者であり、ラジオやテレビ開発の先駆者の1人である。スウェーデンウプサラで生まれた。

経歴[編集]

ストックホルムスウェーデン王立工科大学ドイツベルリンTechnische Hochschule で学んだ。1902年アメリカ合衆国に移住し、以後ほぼ生涯に渡ってゼネラル・エレクトリック(GE)社に関わって働いた。Alexanderson alternator という超長波送信用高周波発電機を設計した。これにより音声ラジオ放送の実現が近づいた。可動状態で現存する唯一の送信機はスウェーデンのヴァールベリの無線局にある。真空管を使った電子式ラジオ技術以前の貴重な例であり、2004年にはUNESCO世界遺産に加えられた。

彼が実際にGE社に雇われていたのは短期間であり、当時GEはカナダ生まれの研究者レジナルド・フェッセンデンから交流発電式送信機の発振周波数をより高くすることを依頼されていた。1906年夏、アレキサンダーソンは50kHzの発信機を開発し、ブラントロックにあるフェッセンデンの無線局にそれが設置された。秋には75kHzで500ワットの出力が得られるようになった。1906年のクリスマスイヴには、フェッセンデンが音楽と語りによる世界初のラジオ放送を行った。この放送はカリブ海でも受信できたという。

直流増幅器アンプリダインもアレキサンダーソンの発明である。

アレキサンダーソンはテレビの開発にも一役買っている。1927年に行われたアメリカでの最初のテレビ実験放送は、彼の自宅から行われた。アレキサンダーソンは生涯で345の特許を取得しており、最後の特許は1968年、89歳のときに出願したものであった。老いても発明家兼技術者として活発に働き、1950年代にはGEおよびRCAのコンサルタントを務めた。1975年に亡くなると、ニューヨーク州スケネクタディにある Vale Cemetery に埋葬された。

死後の評価[編集]

1983年、アレキサンダーソンは発明家殿堂入りを果たした。また、2002年にはコンシューマエレクトロニクスの殿堂にも選ばれた。

特許[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • David E. Fisher and Marshall J. Fisher, Tube, the Invention of Television Counterpoint, Washington D.C. USA, (1996) ISBN 1-887178-17-1
  • E.F.W. Alexanderson. General Electric Review, January, 1913
  • E.F.W. Alexanderson, "Transatlantic Radio Communication", Trans. AIEE, (1919), pp. 1077-1093
  • J.E. Brittain, Electrical Engineering Hall of Fame: Ernst F. W. Alexanderson, Proc. of the IEEE, Volume 92, July 2004, pp. 1216 - 1219.

外部リンク[編集]