シビウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シビウ
Sibiu
ルーマニアの旗
Sibiu.jpg
シビウの市章
市章
位置
シビウの位置の位置図
シビウの位置
座標 : 北緯45度47分45秒 東経24度09分08秒 / 北緯45.79583度 東経24.15222度 / 45.79583; 24.15222
行政
ルーマニアの旗 ルーマニア
  シビウ県
 市 シビウ
市長 Klaus Johannis
地理
面積  
  市域 121 km2
標高 431 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 154,458人
    人口密度   1,277人/km2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
公式ウェブサイト : http://www.sibiu.ro/

シビウSibiuハンガリー語: Nagyszeben ナジセベン、ドイツ語: Hermannstadt ヘルマンシュタット)はルーマニアトランシルヴァニア地方南部の都市である。人口は170,000人(2002年)。シビウ県の県都である。

歴史[編集]

ローマ人が建てた街ケドニア (Caedonia) の近くに、1190年ドイツ人の入植者によって設立された。14世紀には商業の中心地になった。1376年の書物に19のギルドに分かれた職人たちがいたことが記されている。トランシルヴァニアで最も重要な街になった。17世紀には、西洋社会の東の端の街と考えられており、一時はトランシルヴァニア公国の首都だった時期もある。

非常にドイツ色の濃い都市であったが、19世紀からルーマニア人の活躍が目立ってくる。1860年以後、オーストリア帝国ルーマニア正教会を認可したことから、府主教座が置かれた。

第一次世界大戦後オーストリア帝国は解体され、シビウはルーマニア王国に併合された。人口の大多数はルーマニア人であったが、ドイツ人とハンガリー人の大きなコミュニティーを依然として抱えていた。

1950年代から1990年代までドイツ系の人々はドイツへ移住を始め、現在市内に残っているのは2000人ほどである(現シビウ市長はドイツ系のクラウス・ヨハニス)。

2007年欧州文化首都に選ばれた。

人口[編集]

2002年のシビウの人口は概略170,000人であり、民族の構成は、

  • ルーマニア人 95%
  • ハンガリー人 2%
  • ドイツ人 1.6%
  • その他 1.4%

となっている。

大部分は正教会の一員であるルーマニア正教会の信者で、人口の4%がカトリックまたはプロテスタントである。

観光[編集]

  • 大広場(ルーマニア語: Piaţa Mareドイツ語: Großer Ring) - 中世から都市の中心であった、長さ142m幅93mの広場。広場の周囲には15世紀から19世紀に建てられた建築物が並び、市役所、ブルケンタール邸も広場の縁にある。
  • 小広場(ルーマニア語: Piaţa Micăドイツ語: Kleiner Ring) - 大広場の隣にある。広場から出て丘の下に向かう道に、1859年建造の、ルーマニアで最初の鉄の橋である「うそつき橋」(この橋の上で嘘をつくと橋が壊れるという言い伝えがある)がかかっている。
  • 会議塔 (Turnul Sfatului) - 大広場と小広場の間に建っている時計塔。創設は13世紀とも14世紀とも言われており、何度か改築されている。塔の上からは、シビウの旧市街を望むことができる[1]
  • ブルケンタール国立博物館 - ブルケンタール邸にある美術館と古書の図書館、旧市役所の建物にある歴史博物館、16世紀建築の薬剤師店の建物にある薬局博物館、自然史博物館、武器とハンティングトロフィーの博物館から成る。大広場にあるブルケンタール邸は、バロック様式で、神聖ローマ帝国時代のトランシルヴァニア知事ザムエル・フォン・ブルケンタールの邸宅として18世紀に建てられた。
  • シビウ・エヴァンゲリカ(福音)聖堂 - ゴシック様式。市のランドマークとなっている。
  • ASTRA国立総合博物館 - 民族学に特化している博物館群。シビウの南のドゥンブラヴァの森にある96ヘクタールの伝統民俗文明博物館(野外博物館)と、一般民族学の博物館、トランシルヴァニア文明博物館、ザクセン民族学・民族芸術博物館から構成される。
  • シビウ国際演劇祭 - 毎年5月から6月にかけて開催される。世界50カ国余からアーティスト約2,500人を招聘し、約300本のプログラムが上演される。(2013年)[2]

姉妹都市・友好都市[編集]

シビウ出身の著名人[編集]

ギャラリー[編集]

大広場。中央の建物がブルケンタール邸 
ルーマニア正教会のシビウ大聖堂 
シビウ・エヴァンゲリカ聖堂 
シナゴーグ 
市壁。10mの高さがあり、内部は迷路のようなトンネルや小路がある 

参照[編集]

関連項目[編集]