コシツェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コシツェ
Košice
大聖堂
大聖堂
コシツェの市章
市章
位置
コシツェの位置の位置図
コシツェの位置
座標 : 北緯48度42分58秒 東経21度15分41秒 / 北緯48.71611度 東経21.26139度 / 48.71611; 21.26139
歴史
最初に文献に
登場した年
1230年
行政
スロバキアの旗 スロバキア
 県 コシツェ県の旗 コシツェ県
 郡 Košice I, Košice II,
Košice III, Košice IV
 市 コシツェ
市長 Richard Raši
地理
面積  
  市域 242.768 km2
標高 206 m
人口
人口 (2011年12月31日現在)
  市域 240,688人
    人口密度   991人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 040 00
市外局番 +421-55
ナンバープレート KE
公式ウェブサイト : www.kosice.sk
国立劇場と街の風景

コシツェKošice, ハンガリー語Kassa, ドイツ語Kaschau, ラテン語:Cassovia)はスロバキア第2の都市。

2013年欧州文化首都になることが決定している。

地勢・産業[編集]

スロバキア東部に位置する代表的な工業都市。ホルナート川沿いに位置する。ハンガリー国境まで約20キロ、ウクライナの国境まで80キロ程度。近隣の都市としては、約30キロ北にプレショフ、75キロ南西にハンガリーのミシュコルツ、80キロ東にウクライナのウジホロドが位置している。

歴史[編集]

1290年、ハンガリー王国のもとで都市として認められた。交易路の要衝に位置したため、中世より商工業が発展した。第一次世界大戦後、トリアノン条約によってチェコスロバキア領となるが、1938年よりハンガリーに編入された。第二次世界大戦末期にはコシツェ臨時政府が建てられ、第二次世界大戦後における社会主義政権の方針を定めた「コシツェ政府綱領」が出された。1993年のチェコ・スロバキア分離にともない、スロバキア領となった。

統計[編集]

コシツェは2006年12月の調査で235,596人の人口がある。2001年調査によれば、人口の89.1%がスロバキア人、3.8%がハンガリー人、2.1%がロマ人、1.2%がチェコ人、0.5%がルシン人、0.5%がウクライナ人である。信仰は、58.3%がカトリック教会、19.4%が無宗教、7.パーセントが東方典礼カトリック教会、4.1%がルーテル教会である[1]

コシツェ出身の著名人[編集]

姉妹都市[編集]

参照[編集]

  1. ^ Municipal Statistics”. Statistical Office of the Slovak republic. 2008年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「コシツェ」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ