鶴岡雅義と東京ロマンチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶴岡雅義と東京ロマンチカ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ムード歌謡
活動期間 1965年 -
レーベル プライエイド
事務所 オフィス・ダァグ
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
メンバー 鶴岡雅義
三條正人
奥山浩章
宮内ひろし
旧メンバー 浜名ヒロシ
浜博也

鶴岡雅義と東京ロマンチカ(つるおかまさよしととうきょうロマンチカ)は、日本の男性コーラス・グループムード歌謡を代表するグループのひとつである。現在、オフィス・ダァグに所属。リーダーの鶴岡雅義が弾くレキントギターと三条正人や浜名ヒロシの甘いボーカルが人気を得た。

現メンバー[編集]

  • 鶴岡雅義(つるおか まさよし、1933年9月2日 - )リーダー、ギター担当。
  • 三條正人(さんじょう まさと、1943年1月30日 - )メインボーカル担当。
  • 奥山浩章(おくやま こうしょう、生年月日非公表)ボーカル担当。
  • 宮内ひろし(みやうち ひろし、9月15日 - )ギター、ボーカル担当。

元メンバー[編集]

  • 浜名ヒロシ(はまな ひろし、1950年1月26日 - 2009年10月24日[1])サイドボーカル担当。三條のソロ転向後はメインボーカルを担当した[2]
  • 浜博也1962年1月8日 - )在籍中は「縣浩也」「高木浩也」名義、1994年以降はソロ歌手として活動している[3]

このほか多数のメンバーが在籍していたが、公式プロフィールが公表されているのは鶴岡、三條、奥山、宮内の4人のみ。

来歴[編集]

  • 1965年:作曲家の鶴岡雅義が中心となり結成。当初はボーカル不在のため、ゲストボーカルを迎えての活動となる。
  • 1967年:『小樽のひとよ』の大ヒットによりメインボーカルとして三條正人(後に女優香山美子と1973年に結婚)が正式に加入。
  • 1968年:奥山が加入。第19回『NHK紅白歌合戦』に初出場(以後6年連続)、『君は心の妻だから』で第2回『日本有線大賞』スター賞を受賞。同年11月よりフジテレビ系の歌謡番組『夜のヒットスタジオ』放送開始と同時にレギュラー出演(1974年10月まで)。
  • 1969年:浜名が加入。
  • 1974年:三條がソロ歌手へ転向し、浜名がメインボーカルとなる。
  • 1978年:三條がグループに復帰。
  • 1982年:三條が再びソロ歌手へ転向。
  • 1983年:浜が加入。
  • 1994年:浜がソロ歌手へ転向。
  • 2003年:三條が再びグループに復帰。
  • 2009年:浜名が死去。
  • 2012年:宮内が加入。
  • 2014年:鶴岡が第56回日本レコード大賞・功労賞を受賞。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1968年(昭和43年)/第19回 小樽のひとよ 08/23 伊東ゆかり
1969年(昭和44年)/第20回 2 君は心の妻だから 11/23 森山良子
1970年(昭和45年)/第21回 3 別れの誓い 07/24 佐良直美
1971年(昭和46年)/第22回 4 追憶 23/25 佐良直美(2)
1972年(昭和47年)/第23回 5 くちづけ 05/23 奥村チヨ
1973年(昭和48年)/第24回 6 君は心の妻だから(2回目) 15/22 由紀さおり
注意点
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。
  • 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にあるカッコはトリ等を務めた回数を表す。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 好きなのさ(1965)
  2. 咲かせて頂戴愛の花(1966.11)
  3. 粉雪のラブレター(1967.6)
  4. ほんとなのよ(1967.8)
  5. 小樽のひとよ(1967.9.25)
    • 作詞:池田充男/作曲:鶴岡雅義/編曲:鶴岡雅義
  6. ブェナス・ノーチェス東京(1967.11)
  7. 裏町セレナーデ(1968.1)
  8. 旅路のひとよ(1968.7.10)
    • 作詞:池田充男/作曲:鶴岡雅義/編曲:鶴岡雅義
  9. 愛に散りたい(1968.12.5)
  10. 君は心の妻だから(1969.3.5)
  11. 星空のひとよ(1969.6.5)
    • 作詞:池田充男/作曲:鶴岡雅義/編曲:鶴岡雅義
  12. 北国の町(1969.9.25)
    • 作詞:なかにし礼/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治
  13. 別れの誓い(1970.3.10)
    • 作詞:丹古晴巳/作曲:鶴岡雅義/編曲:鶴岡雅義
  14. 恋はここまで(1970.7.15)
  15. 君は消えても愛は残る(1970.9.25)
  16. 君は人妻(1971.3.25)
    • 作詞:なかにし礼/作曲:なかにし礼/編曲:太田幸二
  17. 追憶(1971.8.25)
  18. 女の詩集(1971.12.25)
  19. 歳月(1972.3.25)
  20. くちづけ(1972.6.10)
  21. 秘密(1972.11.10)
    • 作詞:千野豊彦/作曲:鶴岡雅義/編曲:池田孝
  22. 鳥取砂丘風の人(1973.3.10)
  23. 人ふたり(1973.7.10)
  24. なみだ妻(1973.10.10)
    • 作詞:なかにし礼/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治
  25. 粉雪の町(1974.1.10)
    • 作詞:山口洋子/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治
  26. 別れてきました(1974.4.1)
  27. ああ北海道には雪が降る(1974.9.1)
    • 作詞:山口洋子/作曲:鶴岡雅義/編曲:坂下晃治
  28. ひとつ下の彼(1975.2.1)
    • 作詞:山口洋子/作曲:鶴岡雅義/編曲:馬場良
  29. ひとめぼれ(1975.6)
  30. 恋はまぼろし(1975.10)
  31. 倖せだってね(1976.3)
  32. きみに帰ろう(1976.12)
  33. 北の都の物語(1978.5)
  34. 冬のめぐり逢い(1979.1)
  35. 愛は砂漠(1979.4)
  36. いのち恋(1979.8)
  37. 明日からあなたは(1979.12)
  38. 恋の街神戸(1980.10)
  39. 朝の蝶(1983.5.18)
  40. まわり道(1983.10.10)
  41. 桜恋歌(1984.4.7)
  42. 札幌の恋は悲しく(1986.4.4)
  43. 酔待人(1987.7.21)
  44. 倖せそうな女(1988.8.5)
  45. 千歳空港(1989.8.4)
  46. 別れの理由(わけ)(1991.3.13)
  47. ボニータ(1992.6.10)
  48. 空港物語り(1993.7.14)
  49. 朋子(1997.8.8)
  50. かなしい歌謡曲~なんでも知っておきたいの(1997.11.21)
  51. 花かげのひと(2003.5.21)
  52. 有楽町でまた逢いましょう(2004.11.26)
  53. 100ダースの恋~アモーレ・ミオ~(2007.6.27)
  54. 涙を残して(2011.7.27)

脚注[編集]

  1. ^ 浜名ヒロシさん、脳内出血で死去
  2. ^ 浜名ヒロシ プロフィール
  3. ^ [1]

外部リンク[編集]