1971年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1971年の音楽(1971ねんのおんがく)では、1971年(昭和46年)の音楽分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

1971年のシングル、アルバム[編集]

総合(シングル+アルバム)[編集]

  1. 尾崎紀世彦
  2. 渚ゆう子
  3. 五木ひろし
  4. 小柳ルミ子
  5. 鶴田浩二
  6. 加藤登紀子
  7. 森進一
  8. 堺正章
  9. はしだのりひことクライマックス
  10. いしだあゆみ

洋楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

年間TOP50

1970年12月7日付 - 1971年11月29日

アルバム[編集]

年間TOP10

1970年12月7日付 - 1971年11月29日付(データはLPチャートでの集計)

デビューしたアーティスト[編集]

1月
2月
3月
  • 1日 - 五木ひろし「よこはま・たそがれ」…厳密には4度目のデビュー[1]
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

主な音楽賞[編集]

第13回日本レコード大賞[編集]

第2回日本歌謡大賞[編集]

  • 大賞
    • また逢う日まで/尾崎紀世彦
  • 放送音楽新人賞
    • 17才/南沙織
    • わたしの城下町/小柳ルミ子
  • 放送音楽賞
    • よこはま・たそがれ/五木ひろし
    • 知床旅情/加藤登紀子
    • さらば恋人/堺正章
    • 雨の日のブルース/渚ゆう子

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最初は「松山まさる」。その後、芸名を「一条英一」「三谷謙」と改名したが不発

関連項目[編集]