ニーナ・シモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーナ・シモン
ニーナ・シモン}
ニーナ・シモン
基本情報
出生 1933年2月21日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州トライロン
死没 2003年4月21日(満70歳没)

ニーナ・シモンNina Simone1933年2月21日 - 2003年4月21日)は、個性的な歌声で知られるアメリカ合衆国ジャズ歌手・音楽家である。本名はユニース・キャサリン・ウェイモン(Eunice Kathleen Waymon)。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第29位[1]

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位[2]

バイオグラフィ[編集]

1933年2月21日ノースカロライナ州トライロンで7人兄弟の6番目として生まれた。4歳からピアノを弾き始め、彼女の才能にほれ込んだ周囲のバックアップを得て、クラシック音楽トレーニングで有名なジュリアード音楽院に進学。

しかし、貧しかった家族を助けるため、1954年にはアトランティック・シティのアイリッシュ・バーで、初めて音楽を仕事にしている。

このバーのオーナーに薦められ歌い始め、やがて名前をニーナと改め、尊敬するフランス女優シモーヌ・シニョレに因んで、ニーナ・シモンと名付けた。したがって、本来は「ニーナ・シモーヌ」と読むのが正しいのかもしれない。

音楽はジャズに限らずポップスなど幅広いジャンルを取り入れた他、人種差別主義者による教会爆破事件に抗議したのを切っ掛けに、1960年代黒人公民権運動にも参加するなど精力的な活動を見せた。

2000年を過ぎてからフランスに居を構え、さらに活動を活発化させていたが、乳癌による闘病生活の末、2003年4月21日、フランスのカリー=ル=ルエ (Carry-le-Rouet) の自宅で70年の生涯を終えた。

ディスコグラフィ[編集]

ベツレヘム・レコード時代 (1958-1959)[編集]

  • Jazz As Played In An Exclusive Side Street Club/Little Girl Blue (1958)
  • Nina Simone And Her Friends (1959)

コルピックス時代 (1959-1964)[編集]

  • The Amazing Nina Simone (1959)
  • Nina Simone At Town Hall (1959)
  • Nina Simone At Newport (1960)
  • Forbidden Fruit (1960)
  • Nina At The Village Gate (1962)
  • Nina Simone Sings Ellington (1962)
  • Nina’s Choice (1963)
  • Nina Simone At Carnegie Hall (1963)
  • Folksy Nina (1964)
  • Nina Simone With Strings (1966)

フィリップス時代(1964-1967)[編集]

  • Nina Simone In Concert (1964)
  • Broadway-Blues-Ballads (1964)
  • I Put A Spell On You (1965)
  • Pastel Blues (1966)
  • Let It All Out (1966)
  • Wild Is The Wind (1966)
  • High Priestess Of Soul (1967)

RCAビクター時代 (1967-1974)[編集]

  • Nina Simone Sings The Blues (1967)
  • Silk & Soul (1967)
  • Nuff Said (1968)
  • Nina Simone And Piano (1969)
  • To Love Somebody (1969)
  • Black Gold (1970)
  • Here Comes The Sun (1971)
  • Emergency Ward (1972)
  • It Is Finished (1974)

ビクター離籍後 (1978-1993)[編集]

  • Baltimore (CTI, 1978)
  • Fodder On My Wings (Carrere, 1982)
  • Nina's Back (VPI, 1985)
  • Live & Kickin (VPI, 1985)
  • Let It Be Me (Verve, 1987)
  • Live At Ronnie Scott's (Hendring-Wadham,1987)
  • A Single Woman (Elektra, 1993)

その他[編集]

  • A Very Rare Evening (1969)
  • The Very Best of Nina Simone (2006)
  • Remixed and Reimagined (2006)

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Nina Simone”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]