ダニエル・パウター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・パウター(2006年MTV Asia Awards

ダニエル・パウターDaniel Powter、本名 Daniel Richard Powter 1971年2月25日 - )は、カナダミュージシャン

2005年にファーストシングル「Bad Day」が全世界で大ヒット。主にピアノの弾き語りスタイルで帽子がトレードマーク。そのスタイルからピアノマンと呼ばれている。2006年8月にサマーソニックに出演、同年11月の単独公演が東京国際フォーラム・ホールAなどで開催された。

来歴[編集]

1971年2月25日、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のオカナーゲン・ヴァレー(Okanagan Valley)にある人口1万人程の小さな町、ヴァーノン(Vernon)に生まれた。バンクーバーの北東約560km程離れたところにある。

4歳からヴァイオリンを習い始め、14歳の頃からピアノを弾き始めた。高校生の時に初めてバンドを組み、リード・シンガーとして歌う様になった。高校を卒業後、音楽大学に進んだが、楽譜を読めなかったため、2年間学んだ後にドロップアウトした。そこが「大きなターニング・ポイントだった」とダニエルはインタビューで語っている。「大学に進んで理論武装する音楽を体験する事によって、『もっと自由に音楽を作りたい』という気持ちが、自分の中に芽生えたんだと思う。他人の音楽が読めないなら、自分の音楽を作るしかないって。」

自分の音楽を作るためにバンクーバーに移り、1人の生活を始める。バンクーバーのクラブで演奏しているところ、ダニエルの音楽を作り上げる上で必要不可欠なパートナーとなる、プロデューサーのジェフ・ドーソンの目に留まる。ジェフはヘヴィ・ミュージックを得意としていたが、彼のアグレッシブな面が、ポップ志向のダニエルのアイディアにマッチしていき、現在のサウンドが完成していった。こうしてできたデモテープをレコード会社やプロダクションに送ってみると、大きな反応があった。その中で、一番理解を示したアメリカのワーナー・ブラザーズと「Bad Day」が書けた時点で契約の最終決断をした。

2005年にヨーロッパでデビューする。デビュー・アルバム『ダニエル・パウター』からの1stシングル「Bad Day」はヨーロッパのラジオでヘヴィプレイされ、全欧オンエア・チャートで3位を記録するヒットとなる。ドイツではエアープレイの1位、アイルランドイタリアではシングルチャートの1位、イギリスでは2位を3週間記録した後、TOP 10に13週チャート・インし続けた。母国カナダでも1位を記録している。アルバムはアイルランドプラチナディスクを獲得し、イギリス・フランスオーストラリアゴールド・ディスクを獲得している。

2005年7月2日に行われた「Live 8」のベルリン会場でパフォーマンスを披露する。

アメリカでは、2006年2月にシングル「Bad Day」がリリースされた。FOXテレビで放送されている全米規模で行われるアイドルオーディション番組の『アメリカンアイドル』のシーズン5で、落選者を映し出すBGMに使われた事で、デジタル・ダウンロード・チャートで1位に、そしてビルボードHOT 100で1位を記録する。ブライアン・アダムス1995年に「Have You Ever Really Loved A Woman?"」で1位を記録して以降、カナダ人の男性ソロ・シンガーとしては初めてHOT 100で1位を獲得した。

2009年12月7日ビルボード電子版により2000~2009年の『一発屋』に選ばれた[1]

本人曰く、日本が好きらしく「もし世界中が日本人のような人たちだったら世界はもっとよくなる」と発言したことも。NACK ON TOWN(FM NACK5)出演時発言。

現在は日本のavexと契約し、「ターン・オン・ザ・ライツ」はavexから発表された。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • ダニエル・パウター - Daniel Powter (2005年)
  • アンダー・ザ・レーダー - Under the Radar (2008年)
  • ターン・オン・ザ・ライツ - Turn On The Lights (2012年)

シングル[編集]

  • Bad Day(2005年)
  • Free Loop(2005年)
  • Jimmy Gets High(2005年)
  • Lie To Me(2006年)
  • Love You Lately(2006年)
  • Find My Way(2008年)テレビ東京のオーディション番組『イツザイ』から選ばれたHARUとのコラボ
  • Best Of Me(2009年)
  • Whole World Around(2009年)
  • Lose to Win(2010年)
  • Cupid(2012年)

日本公演[編集]

2006年

  • Special Live
8月10日SHIBUYA O-EAST
8月12日:千葉幕張メッセ8月13日インテックス大阪
  • Daniel Powter Japan Tour 2006
11月28日大阪国際会議場メインホール、11月29日東京国際フォーラムホールA、12月1日愛知県芸術劇場大ホール

日本のTV出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ One-Hit Wonders of the 2000s”. ビルボード (2009年12月4日). 2009年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]