ピアノマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノマン(Piano Man)は、2005年4月にイギリスの海岸で保護された男性。当初身元が分からず、特異な境遇が世界中に報道されて話題となった。

人物[編集]

2005年4月8日イギリスケント州シアネスの浜辺でびしょ濡れの黒いスーツとネクタイ姿の20~30代男性が発見された。病院に収容されたが、記憶喪失だったのか、いくつかの言語で話しかけても一言も話さなかった。また、衣服からラベルが取られており、身元を証明する物が何一つ無く、個人情報が一切不明であった。

病院の関係者が男性に鉛筆と紙を渡したところ、精緻なグランドピアノの絵を描いた。そこで男性にピアノを弾かせてみると、上手に演奏した。ピアノ演奏が上手かったことから、「ピアノマン」と呼ばれるようになった。最初は地元メディアで報道されていただけだったが、5月にイギリスの放送局BBCで報道されると、その神秘的な境遇のため世界中から注目されるニュースとなり、世界中からピアノマンの身元に関する情報が寄せられた。なお、この際、男性の写真とピアノを描いた紙が公開された。

身元としてフランスのストリートミュージシャン説、チェコのロックピアニスト説、ノルウェーの留学生説などがあったが、いずれも否定された。一方で、やらせ疑惑もあり、日本では同年6月4日より公開予定であったイギリス映画『ラヴェンダーの咲く庭で』の記憶喪失のバイオリニストが浜辺で発見されるというストーリーと、ピアノマンの境遇が酷似していたため、映画関係者による宣伝説も存在した(本国のイギリスでは既に公開終了していた)。また、ピアノ演奏の映像が公開されなかったため、ピアノの腕前にも疑問がもたれるようになった。

同年8月22日、イギリスの大衆紙デイリー・ミラーは、ピアノマンがドイツ人だと判明し、ドイツに帰国したと報じた。また、男性は記憶喪失の芝居をしていたのであり、ピアノが弾けるというのも嘘であるとした[1]。 同日BBCは、ドイツ政府が男性の身元を確認したこと、ドイツに帰国済みであることを報じた[2]。 男性が入院していた病院は、男性は病状が改善したので退院したと発表した[3]。 8月24日、デイリー・ミラーは男性の両親のインタビューを掲載した。両親は男性が本当に記憶喪失だったのであり、ピアノの腕も上手であると異議を唱えた[4]

なお、男性の名前については日本のメディアは非公開としていたが、海外のメディアではピアノマンをアンドレアス・グラッセル(Andreas Grassl、1984年10月25日 - )であると報じている。

2009年8月23日に放送された追跡!あのニュースの続き第1回で、アンドレアスのその後について触れられた。

脚注[編集]

  1. ^ Stephen Moyes, Jon Kaila (2005年8月22日) “Exclusive: Piano Man Sham” The Daily Mirror [リンク切れ]
  2. ^ 'Piano Man' flies back to Germany”. BBC News (2005年8月22日). 2012年5月6日閲覧。
  3. ^ http://www.kentandmedway.nhs.uk/whats_new/piano_man/statement_eleven.asp [リンク切れ]
  4. ^ Jeremy Armstrong (2005年8月24日). “EXCLUSIVE: PIANO MAN'S DAD TELLS OF HIS SON'S MISSING 4 MONTHS”. The Daily Mirror. 2012年5月6日閲覧。

関連項目[編集]