ティファニー (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2003年、フロリダ州のガルフストリーム・パークにて。ダニエル・R・トビアス撮影

ティファニー: Tiffany1971年10月2日 - )はアメリカの女性歌手。本名はティファニー・レニー・ダーウィッシュ(Tiffany Renee Darwish)。87年から89年にかけて米国で6曲(トップ40内5曲),英国で6曲がチャートイン。米国で4曲(1位2曲),英国で3曲(1位1曲)がトップ10ヒットを記録している。


略歴[編集]

カリフォルニア州ノーウォークに、レバノンシリアにルーツがある父とチェロキー族が入ったアイルランド系の母との間に生まれる。幼少時からのど自慢荒らしとして有名で、素人ながら相当の稼ぎがあったという。1986年MCAレコードと契約し、1987年に15歳でデビューした。

1986年にMCAと契約。ファースト・アルバムの制作にかかるときに、カントリーではなくポップ・フィールドで勝負しようという方針が立てられた。アルバムを2枚出して売れなかったら、カントリーの分野に戻ろうという話であった。 しかしながら、2曲目の「I Think We're Alone Now」(邦題「ふたりの世界」)はいきなりビルボード1位の大ヒットを記録、続く「Could've Been」(邦題「思い出に抱かれて」)も1位となり、一躍トップアイドルとしてスターダムにのし上がった。 「I Saw Him Standing There」は7位、「Feelings of Forever」は50位。 当時は同じく成功をおさめた十代の女性歌手としてデビー・ギブソンがティファニーより先にデビューしており、ライバル関係と目されるようになる。

1988年秋に来日し両国国技館でコンサートを開催した。

私生活でのゴシップや、彼女のマネジメントを巡ってマネージャーと両親が法廷闘争に入ったことでイメージダウンを招き、しかも自ら当時かけだし中のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを周囲の反対を押し切り自分のコンサートに前座として迎えてしまう。この事が災いになり、彼らに人気を奪われ、ツアー中、コンサートのメインと前座が入れ替わる事態にまで発生した。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックにファンを丸ごと彼らにうけわたす形となってしまう。ティファニーの人気の下降とは反比例しニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックは人気上昇となりトップグループとなった。 これだけではおさまらず、彼らのグループの一員と交際を始めてしまったことにより、さらに人気が下降。また、ストーカー男性を告訴など次々にスキャンダルを起こす。一時期のブリトニー・スピアーズと同じ現象がこの時のティファニーに起こっていた。

2枚目のアルバム『Hold an Old Friend's Hand』を約一年後にリリースしたが、セールスの減退はまぬがれなかった。しかも短いスパンでリリースした為にあまりにも完成度の低いアルバムに仕上がってしまった。よって「All This Time」6位、「Radio Romance」35位、「Hold an Old Friend's Hand」ACチャート37位、「It's the Lover (Not the Love)」はヒットすらしなかった。「Oh Jackie」は日本のみで発売。

3枚目のアルバム『New Inside』で起死回生をかけてリリースされた。この頃から、容姿をイメージチェンジして新しいティファニーとして、外見だけではなく、歌い方も当時のR&B調に変更。しかし、カントリー&フレーバーを漂わせる彼女の個性がなくなってしまい、今までのファンに受け入れられなかった。よってセールスが大幅に減退どころかアルバムチャートすら上らなかった。この事により、ライバルとされるデビーに大きく差をつけられる。

妊娠などの原因やレコード会社側のバックアップが得られず次のレコードのリリースはままならず、表舞台からいったん姿を消した。

2000年にカムバックを果たすが、アルバムのセールスには繋がらなかった。あまりにも10代の時のイメージが強く、時の人ではなく、フレッシュさにも欠けるティファニーを誰もラジオでも流そうとしなかった。 当時ジャイブの関係者から歌うだけのお人形さんアイドルのイメージ脱皮の為、プレイガールでヌードになることを勧められる。メディアにも大いに取り上げられ、アルバムの売れ行きも上がると思いきや、ヌード関係しか取り上げられずアルバムのセールスはいっこうに上がらなかった。 この失敗後から体重の増加がみられ、現在に至っても以前の様なスレンダーな体にはなっていない。

2005年にイギリスの1980年代の歌手が復活する番組"Hit Me Baby 1 More Time" では見事、予選第一パートを優勝したが決勝では敗れることになる。しかし話題に上がったことで、大いにメディアに取り上げられる。この事にGirls Aroundが感化され「I Think We're Alone Now」をカバーしUKでヒットを記録。

主にクラブなどのライブに力をいれており、その効果もあり「Higher」「Just Another Day」「Dust Off And Dance (Feat. Hydra Productions)」はビルボードダンスチャートでチャートに返り咲いている。

2011年 デビー・ギブソンと共にSyfy movieにて『メガ・パイソンVSギガント・ゲイター』(原題:Mega Python VS. Gatoroid)に主演。昔のデビーとのライバル関係を皮肉ったコメディに仕上がっている。この映画だが、ティファニーは「メガ・ピラニア(原題:Mega Piranha)」にヒロインで出演し、その一方でデビーは「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(原題:Mega Shark vs Giant Octopus)」に主演しており、それが話題となって今回の『Mega Python vs Gatotroid』の制作に繋がった。近年は女優としても活躍中。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

題名 最高位 セールス枚数
カナダ
Tiffany
  • 1st album
  • リリース: 1987/9/15
  • レーベル: MCA
1 2 7 5
Hold an Old Friend's Hand
  • 2nd album
  • リリース: 1988/10/21
  • レーベル: MCA
17 56 13 18
  • RIAA認可 200万枚
New Inside
  • 3rd album
  • リリース: 1990/10/2
  • レーベル: MCA
- - - 17
Dreams Never Die
  • 4th album
  • リリース: 1993/11/21
  • レーベル: MCA
- - - -
The Color of Silence
  • 5th album
  • リリース: 2000/11/7
  • レーベル: Azil / Eureka
- - - -
Dust Off and Dance
  • 6th album
  • リリース: 2005/3/31
  • レーベル: Backroom
- - - -
Just Me - - - -

企画CD[編集]

題名 最高位
カナダ
I Saw Him Standing There
  • Remix EP 「ときめきハート」(日本のみ)
  • リリース: 1988/5/11
  • レーベル: MCA / Warner Music Japan
- - - 15
BEST 16
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース: 1992/11/26
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
Best of Best
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース: 1994/10/26
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
Best One
  • Hits compilation (日本のみ)
  • リリース: 1995/10/27
  • レーベル: MCA Victor
- - - -
All the Best
  • Hits compilation w/ 新曲 2曲
    (アジアのみ)
  • リリース: 1996/2/21
  • レーベル: MCA
- - - -
Greatest Hits
  • Hits compilation
  • リリース: 1996/10/22
  • レーベル: Hip-O
- - - -
I Think We're Alone Now: '80s Hits and More
  • Re-recordings of hits of the 1980s
  • リリース: 2007/3/3
  • レーベル: Cleopatra
- - - -

シングル[編集]

Year Single Album U.S. U.S. AC UK Dance
1987 "Danny" Tiffany - - - -
"I Think We're Alone Now" 1 38 1 23
1988 "Could've Been" 1 1 4 -
"I Saw Him Standing There" 7 - 8 -
"Feelings of Forever" 50 43 52 -
"All This Time" Hold An Old Friend's Hand 6 10 47 -
1989 "Radio Romance" 35 - 13 -
"Hold an Old Friend's Hand" - 37 - -
"It's the Lover (Not the Love)" - - - -
"Oh Jackie" - - - -
1990 "I Always Thought I'd See You Again" Jetsons: The Movie Soundtrack - - - -
"New Inside" New Inside - - - -
"Here in My Heart" - - - -
1991 "Back in the Groove" - - - -
1993 "If Love Is Blind" Dreams Never Die - - - -
1994 "Can't You See" - - - -
2000 "I'm Not Sleeping" The Color of Silence - - - -
"Open My Eyes" - - - -
2005 "Be with U Tonite" Dust Off and Dance - - - -
2006 "Na Na Na" - - - -
2007 "Feels Like Love" Just Me - - - -
"Higher" Single Only - - - 19
2008 "Just Another Day" Single Only - - - 28
2009 "Dust Off And Dance (Feat. Hydra Productions)" Hydra Productions: Liquid - - - 19

外部リンク[編集]