ゲイリー・バーロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・バーロウ
Gary Barlow
Gary Barlow on stage in 2009 crop.jpg
2009年 ステージに立つゲイリー・バーロウ
基本情報
出生名 Gary Barlow
出生 1971年1月20日(44歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド チェシャー
ジャンル ポップ
職業 歌手ピアニストプロデューサー
担当楽器 ヴォーカル、ピアノ、キーボード
活動期間 1988年 -
レーベル ポリドール
共同作業者 テイク・ザット
公式サイト http://www.garybarlow.com/

ゲイリー・バーロウGary Barlow, OBE 1971年1月20日 - )は、イギリス歌手ピアニスト作詞作曲家プロデューサー。イギリスの男性グループ、テイク・ザットのメンバーであり、リアリティ音楽オーディション番組Xファクターの審査員も務めている。イギリスで最も成功した作詞作曲家の一人で、ソロ・ミュージシャンとして2枚のナンバーワンシングルと1枚のナンバーワンアルバムを、テイク・ザットとして16枚のトップ5シングル、11枚のナンバーワンシングル、7枚のナンバーワンアルバムを世に送り出している。

Onepoll.comが行った一般投票にて、ビートルズジョン・レノンポール・マッカートニーを抑えて、UKの偉大なソングライターの一位に選ばれた。

経歴[編集]

チェシャーで生まれたバーロウは、15歳のときに“BBC Pebble Mill at One”というBBC主催のコンテストで“Let's Pray For Christmas”という曲を歌い出場する。そのコンテストで準決勝まで進んだバーロウは、ロンドンにあるウェルス・ヒース・スタジオでレコーディングができるチャンスをもらう。これを機に、バーロウはクラブなどでカバー曲や自身の曲をパフォーマンスするようになる。

1990年、18歳のときにはカーティス・ラッシュという名前で“Love Is in the Air”をリリース。しかし、この曲はヒットには至らなかった。このときに、有名なマネージャーであるナイジェル・マーティン・スミスの目に留まり、テイク・ザットを結成する。

テイク・ザット時代[編集]

バーロウはテイク・ザットのメンバーとして有名ではあったが、音楽家としての才能も見出されていた。テイク・ザットの曲のほとんどは彼によって書かれたものである。テイク・ザットのメンバーはバーロウ、ジェイソン・オレンジマーク・オーエンハワード・ドナルドロビー・ウィリアムズ(後に脱退)の5人である。RCAレコードと契約し、1990年代には8曲のUKチャートナンバー1シングルをリリースしている。そして、ほとんどの曲でバーロウがメイン・ボーカルであった。

1992年から1996年の間に4枚のアルバムをリリースしている。デビュー・アルバムは『テイク・ザット&パーティ』(1992年)である。その次の年には『エヴリシング・チェンジズ』をリリース。3枚目のアルバム、『ノーバディ・エルス』(1995年)はテイク・ザット最後のスタジオ・アルバムとなる そしてベスト盤、"A greatest Hits Collection"が1996年にリリースされた。

他のメンバーがメイン・ボーカルを担当することをバーロウは嫌ったという噂がある。この噂を支持する証拠はないが、事実ボーカルを担当するはずだったメンバーが急遽バーロウに変わるということがあった。例えば「リライト・マイ・ファイア」のメイン・ボーカルはロビー・ウィリアムズが担当する予定であったが急遽バーロウに変わったということがある。

作曲家としても有名であり、UKチャート1位、またアメリカでもトップ10にランクインした「バック・フォー・グッド」や「エヴリシング・チェンジズ」を作曲した。「バック・フォー・グッド」をリリースした際、ビー・ジーズのメンバー、バリー・ギブがこの曲の作詞をする代わりにテイク・ザットがビー・ジーズのヒット曲「愛はきらめきの中に」をカバーするように交渉が行われたとメディアが報道した(後に1996年にテイク・ザットがカバーし、UKチャート1位を獲得)。2001年に同じくビー・ジーズのメンバー、ロビン・ギブがこの情報は嘘であり、バリーが作詞をした事実は一切無いことを発表した。

ソロ活動[編集]

テイク・ザット解散後、1996年にソロ活動に専念し始める。ファースト・シングル、"Forever Love"はUKチャートでリリースされるとすぐに1位を獲得。デビュー・アルバム、"Open Road"も1位を獲得した。また、2枚目のシングル、"Love Won't Wait"はマドンナによって作曲され、同曲もチャート1位を獲得。また、"So Help Me Girl"はアメリカのチャート、アダルト・コンテンポラリーでもトップにのぼりつめた。しかし、この曲はUKチャート20位にとどまる。その次のシングルである"Open Road"はUKチャート7位を記録。その後、2枚目のアルバム、"Twelve Months, Eleven Days"をリリースした。

2番目[編集]

テイク・ザット脱退後、同じくソロ活動を続けていたロビー・ウィリアムズとはよく比べられた。バーロウのデビュー・アルバム、シングル共にチャート1位を記録したが、ウィリアムズのソロ活動はなかなか良い成績を収めることができなかった。またメディアはそろって「バーロウの方がウィリアムズより金持ち」など、その当時のバーロウとウィリアムズの差を報じることが多かった。しかし、ウィリアムズが「エンジェルス」を1997年にリリースすると、世界中で大ヒットとなり、たちまちバーロウは報道機関からは支持されなくなっていった。また、テイク・ザット時代に音楽的才能に目をつけたメディアはバーロウから離れていってしまう。

また、ウィリアムズは2002年にリリースしたアルバム、「エスカポロジー」に収録された隠しトラックで最後に「ゲイリー・バーロウはどこへ行った?」と歌っている。

バーロウはソロ活動をやめており、作曲家、プロデューサーとして活躍した。デルタ・グッドレムの"Not Me, Not I"はバーロウが作詞作曲を担当した。また、アトミック・キトゥンエルトン・ジョンドニー・オズモンドクリスティーナ・アギレラなどと共に音楽活動をした。

再結成[編集]

解散から10年後、2006年にイギリスでテイク・ザットのドキュメンタリー番組が放送された。そして、同年にロビー・ウィリアムズを除いた4人でテイク・ザットとしてのツアーを開始(チケットはすぐに完売した)。メンバー全員で試行錯誤して作り上げた再結成後のニューアルバム『ビューティフル・ワールド』からの1stシングル「ペイシェンス」はUKチャート1位を獲得した。同曲はブリット・アワードでベスト・シングルを受賞。

2008年にはブリット・アワードで4部門にノミネート。11月に発売したシングル「グレイテスト・デイ」は初週でUKチャート1位を獲得し、通算11枚目のナンバーワンシングルとなった。再結成から二枚目のアルバムとなる『ザ・サーカス』はイギリス史上最も予約をされたCDとなった。アルバムは発売初週にアルバムチャート1位となり、発売から4日でプラチナ・レコードに認定された[1]。2009年に行われたコンサート・ツアー『ザ・サーカス・ライヴ』は5時間で100万枚以上のチケットを売り上げ、テイク・ザット自身が記録していた売り上げを更新することになった[2]

2010年にウィリアムズが正式にテイク・ザットに復帰。再結成前の両者の関係は非常に悪かったが、2008年頃から徐々に関係修復をしていたことを明らかにした。10月に発売されたウィリアムズのベストアルバムに新曲として収録されたデュエット曲「シェイム」は、まさにその事実を証明するものであった。作詞作曲は2人で行い、ミュージック・ビデオではブロークバック・マウンテンのパロディでお互いの過去を茶化した。

同年に発売された通算6枚目のアルバム『プログレス』は、1995年以降初めてオリジナルメンバーが揃ったアルバムとなった。アルバムは発売初日に23万枚以上を売り上げ、『ザ・サーカス』で立てた販売速度の記録を更新。このアルバムに基づき行われたコンサート・ツアー『プログレス・ライヴ』は、イギリスとアイルランドでの公演チケットが15分間で売り切れ、更にその間両国内の電話回線及びインターネット回線がダウンする事態となった。

過去にバーロウから離れていったメディアは現在、これらのテイク・ザット再結成の前例のない成功はバーロウの才能と類まれなる指導力によるものであると認めている。

解散前に、バーロウがダンスを嫌っているのではないかという噂がファンやメディアの間で囁かれていた。上記のようにメイン・ボーカルを務めることが多いため必然的にダンスをする場面は少なく、『ライヴ・イン・マンチェスター』の一曲「アパッチ2006」ではその噂を肯定するような台詞が含まれている。だが本人は嫌がっているつもりはないことを『ライヴ・イン・マンチェスター』のメイキングで笑いながら語った。現在はこの噂を逆手に取り、自虐的なパフォーマンスをコンサート・ツアーで行うことも多い。

その他の活動[編集]

2000年、ITVのテレビドラマハートビートの放送150回記念でゲストとして出演。ヒッチハイカーを演じ、俳優に初挑戦した。

2011年5月7日、アメリカ版Xファクターの審査員を務めるためサイモン・コーウェルがイギリス版の審査員長を降りるのを受けて新たな審査員長として出演。ドルチェ&ガッバーナトム・フォードを着こなし、同じくファッショナブルな他の出演者たちと一緒にファッション誌でも特集されるほどである。10月にXファクターの進行上ソーシャルメディアの活用が必要になりtwitterを開始。開始2ヶ月で100万人以上にフォローされている。2012年は降りるのではないかと噂されていたが、2013年現在、自身3シーズン目の審査員を務めている。

近年はチャリティー活動にも精力的である。チャリティー団体コミック・リリーフが主催するイベントへの参加や企画協力、結婚10周年を祝うパーティの参加費の募金、コンサートの売り上げをチャールズ皇太子が創設したザ・プリンス・トラストへ募金するなど、数多くの活動をしている。その活動が認められ、2012年に行われるエリザベス2世生誕85周年と即位60周年を祝うセレモニーの計画を女王自身から打診された[3]。その後正式にBBCと共同でセレモニーの中で行われるコンサートの音楽監督を務めることが決まり、ポール・マッカートニーエルトン・ジョンなどのミュージシャンたちを束ねることになった[4]

コンサートのためアンドルー・ロイド・ウェバーと合作でテーマ曲「Sing」を描きおろし、自身3枚目のシングル(EP)として発売。全英シングルチャートで初週は11位であったが、楽曲制作のため世界各地の英国領を巡る姿を追ったドキュメンタリー「Gary Barlow: On Her Majesty's Service」の放送後1位を獲得した。バーロウにとってソロでは2枚目の1位獲得シングルである。このシングルは現時点で2012年で最も売れたシングルであり、また2012年にシングルチャートとアルバム・チャートで同時に1位を獲得した初のミュージシャンとなった。

2012年6月、20年以上に渡る音楽業界での活躍と慈善活動により大英帝国勲章のコマンダー(OBE)に叙せられた[5]

私生活[編集]

1995年のノーバディ・エルス・ツアーでバックダンサーを務めていたドーンと2000年1月12日に結婚。彼女はビューティフル・ワールド・ツアーにもダンサーとして参加している。ダニエル(2000年8月16日生まれ)・エミリー(2002年5月31日生まれ)とデイジー(2009年1月14日生まれ)の3人の子供を持つ父親である。2012年2月に4人目の子供をドーンが妊娠中であることを発表した[6]。2012年8月4日、4人目の子供である娘のポピーが死産であったことを発表した[7]。その直後であるにもかかわらずバーロウはテイク・ザットとして2012年ロンドンオリンピックの閉会式に出演し「ルール・ザ・ワールド」を歌唱。ステージに登る決心をしたこととその精神的強さは高く賞賛された[8][9]

バーロウの父コリンは2009年10月15日に71歳で亡くなったが、当日はバーロウが主催するコンサートを含むチャリティ番組の記者会見日であったが出席を辞退しチェシャーの実家に戻っている[10]

リヴァプールFCのサポーターで、「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」がピアノで弾けた初めての曲である。

2005年7月7日に起きたロンドン同時爆破事件の際、爆破の標的とされたエッジウェア・ロード駅発の環状線に乗り合わせていた。

2012年6月、バーロウとテイク・ザットのメンバーであるハワード・ドナルドマーク・オーエンを含む、1100人もの人々が2600万ポンドを音楽産業に投資していたことが明らかにされた[11]。これは資産家達による税金逃れの手段と判断され大きな論争となった。バーロウは税金逃れをしたことで告発されるも、投資自体は違法なものではなかったため脱税とまで判断されることはなかった。担当弁護士は「本人はきちんと税金を支払っており、投資が税金逃れの手段ではないことを他の人々も信じている」と声明を出した。このニュースはOBE授与直後に報道されたものだったため、一時は勲章剥奪とも言われたが違法行為をしていなかったため不問とされた。

ディスコグラフィー[編集]

受賞・ノミネート歴[編集]

ノミネート対象 結果
2012 ゲイリー・バーロウ ナショナル・テレビジョン・アワード 顕著な慈善活動[12] 受賞
Xファクター ナショナル・テレビジョン・アワード 最優秀テレビ・タレント・ショー[13] 受賞
2011 ゲイリー・バーロウ Qアワード クラシック・ソングライター[14] 受賞
シェイム Qアワード 最優秀コラボレーション 受賞
シェイム ヴァージン・メディア ミュージック・ビデオ[15] ノミネート
シェイム ヴァージン・メディア 最優秀コラボレーション[16] ノミネート
2010 ゲイリー・バーロウ ブルー・ピーター・ゴールド・バッジ[17] 受賞
2009 ゲイリー・バーロウ ザ・サン紙 ロード・オブ・ザ・イヤー[18] 受賞
2008 シャイン アイヴァー・ノヴェロ賞 最多公演賞 受賞
2007 ゲイリー・バーロウ GQアワード マン・オブ・ザ・イヤー[19] 受賞
1998 ゲイリー・バーロウ ブリット・アワード 最優秀男性歌手[20] ノミネート
オープン・ロード ロンドン・アワード 最優秀アルバム ノミネート
ラヴ・ウォント・ウェイト トップ・オブ・ザ・ポップス  最優秀シングル ノミネート
1997 フォーエヴァー・ラヴ FMQアワード(フィンランド) 最優秀シングル[21] 受賞
フォーエヴァー・ラヴ TMFアワード(オランダ) 最優秀シングル ノミネート
オープン・ロード GQアワード 最優秀アルバム ノミネート
フォーエヴァー・ラヴ エコー賞 最優秀シングル 受賞
1996 ネヴァー・フォーゲット アイヴァー・ノヴェロ賞 受賞
1995 バック・フォー・グッド アイヴァー・ノヴェロ賞 最優秀楽曲賞 受賞
1994 プレイ アイヴァー・ノヴェロ賞 最優秀コンテンポラリー曲 受賞
1993 ゲイリー・バーロウ アイヴァー・ノヴェロ賞 最優秀作詞作曲賞 受賞

脚注[編集]

  1. ^ Certified Awards Bpi.co.uk. Retrieved 2012-01-29
  2. ^ Take That break ticket sales record for 2009 stadium shows Inthenews.co.uk. Retrieved 16 April 2010.
  3. ^ Parker, Sam (9 May 2010) Gary Barlow wanted by the Queen | Eleven UK Celebrity.aol.co.uk. Retrieved 15 August 2011.
  4. ^ [Sir Paul McCartney to play Queen Diamond Jubilee gig http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-16925230] BBC News
  5. ^ http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-18409466 Gary Barlow: From the club circuit to the Palace 16 June 2012.
  6. ^ X Factor's Gary Barlow reveals that he and wife Dawn are expecting their fourth child Unreality TV (UK). 19 February 2012.
  7. ^ Gary Barlow mourns stillborn baby”. 04-08-2012閲覧。
  8. ^ http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/gary-barlow-tributes-on-twitter-for-olympic-1258396 "So much respect for Gary Barlow": The world posted tributes, Celebs praise Take That star as he performs at Olympic closing ceremony only a week after losing baby Poppy The Mirror 13/8/12
  9. ^ http://www.standard.co.uk/olympics/olympic-news/gary-barlow-leads-amazing-show-from-take-that--a-week-after-losing-daughter-8037278.html 13/8/12 Evening Standard Gary Barlow leads amazing show from Take That - a week after losing daughter
  10. ^ Gary Barlow 'devastated' by Dad's Death Malextra.com.
  11. ^ Updated, Last (2012年6月21日). “Gary Barlow's OBE is no problem despite tax avoidance claims, says Downing Street”. The Telegraph (UK). http://www.telegraph.co.uk/news/politics/9344640/Gary-Barlows-OBE-is-no-problem-for-Downing-Street-despite-tax-avoidance-claims.html# 
  12. ^ Xtra special night as Gary Barlow wins NTAs Outstanding Contribution gong 25 January 2012 21:25 GMT”. Entertainment.stv.tv (2012年1月25日). 2012年1月29日閲覧。
  13. ^ Digital Spy NTA Awards 25.01.12”. Digitalspy.co.uk (2012年1月25日). 2012年1月29日閲覧。
  14. ^ Press Association Q Awards 24.10.11[リンク切れ]
  15. ^ The results are in – Virgin Media Music Awards – winners – Music”. Virgin Media (2011年7月29日). 2011年8月15日閲覧。
  16. ^ The results are in – Virgin Media Music Awards – winners – Music”. Virgin Media (2011年7月29日). 2011年8月15日閲覧。
  17. ^ Blue Peter badges for Gary Barlow and Ryan Giggs”. The Daily Record. 2011年8月15日閲覧。
  18. ^ “Biz Awards 2009”. The Sun (London). (2010年1月1日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/2790278/Bizarre-Award-winners-2009.html#ixzz0dLsWjjTt 
  19. ^ Gary Barlow Picture 2566199 | Gary Barlow GQ Men Of The Year Awards held...”. Contactmusic. 2011年8月15日閲覧。
  20. ^ “Nominations for 1998 Brit Awards”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/46902.stm 
  21. ^ About Finnish Music Quarterly”. Fmq.fi. 2011年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]