元気ロケッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
元気ロケッツ
基本情報
別名 Genki Rockets
: 元气火箭; : 元氣火箭[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル フューチャーポップハウス
活動期間 2006年 -
レーベル avex trax2007年 - 2008年CD
Rhythm REPUBLIC / Q ENTERTAINMENT(2007年 - 2008年、EP
Sony Records2010年 - 現在)
事務所 agehasprings
共同作業者 ローズ・レイチェル宮原永海ソニー・ミュージックパブリッシング
公式サイト genkirockets.com
メンバー
水口哲也 / 玉井健二(プロデュース)

Lumi(ボーカル)

元気ロケッツ(げんきロケッツ、Genki Rockets)は、日本を拠点に活動する音楽ユニット

概要[編集]

キューエンタテインメントの代表取締役でゲームプロデューサー水口哲也と、アゲハスプリングス代表で音楽プロデューサー玉井健二、二人のプロデュースによる音楽ユニットで、多くのクリエイター達と世界観を作り上げていくその様子を、「ハイブリッド・プロジェクト」と称している。

ミュージックビデオやアルバムジャケットなどのビジュアルには、ボーカルのLumi(ルミ、詳細は後述参照)を起用し、クラブなどの音楽イベントには宇宙服を着たDJがプレイをしている。

プロジェクト名は水口のインスピレーションによるもので、欧米の友人からも「『元気(Genki)』という単語の音の響きが良い」という意見が多かったため採用したという[2]

経歴[編集]

2006年、水口は当時プロデュースを担当していたPSP用ゲーム『Lumines II』に使用する楽曲や映像を探していたが、イメージと合致するものが見つからなかったため、どうせなら音楽業界が考えつかないような且つ世界に通用する音楽を作ろうと思い立ち、友人である玉井を誘いプロジェクトを始動させた[2]。プロジェクト始動後、『Lumines II』用にミュージックビデオ「Heavenly Star」を制作。映像に関してはノルウェーのバンドであるa-ha「Take on Me」のような手描きアニメーションのテイストが採用された[3][4]

同年9月11日にアメリカのジャーナリストが明るい話題をと自身のサイトで「Heavenly Star」を紹介する記事を掲載[2]。インターネット上で同曲が初めて発表されると人気となり、アメリカMTV『Spike TV』主催の『VIDEOGAME AWARDS 2006』ではBest Song部門にノミネートされた。

2007年にはエイベックスより日本デビューが決定し、7月4日にシングル『Heavenly Star/Breeze』でCDデビューした。デビュー直後の7月7日には、世界7大都市で開催された地球環境イベント『LIVE EARTH 2007』の幕張メッセ会場にて、オープニングアクトとしてホログラムで出演した。2008年7月2日には初のアルバム『元気ロケッツ I -Heavenly Star-』が発売された。

2010年には、ソニーが全世界で導入したブランド・メッセージ「make.believe」(メイク・ドット・ビリーブ)[5]から得られたインスピレーションをもとに、同名曲である「make.believe」が制作された[6]。ミュージック・ビデオは3000万円の予算を投じ3Dと5.1chで制作され、第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に指定された[7]。従来はグラフィックスやアニメ的な表現で加工されていたLumiが、今作では初めて実写で露出されることとなった[8]。2010年9月3日から8日にかけて、ドイツの首都ベルリンにて開催された国際家電見本市であるIFA(ベルリン国際コンシューマー・エレクトロニクス展)にて初の海外3Dライブが行われた[9]。280インチの発光ダイオード3Dスクリーンで「make.believe」が上映され、地元の一般来場者を多く惹きつけ、楽しませた[10][11]。2010年10月16日には、中華人民共和国上海市にて開催された上海国際博覧会日本産業館JAL舞台大塚製薬ウィークにて日本国外のアジア地域では初めての公演を行い[12]、集客人数が歴代万博史上最多の百万人を突破した[9][1]。中国語では「簡体字元气火箭繁体字元氣火箭ピン音:yuán qì huŏ jiàn、注音符号:ㄩㄢˊ ㄑㄧˋ ㄏㄨㄛˇ ㄐㄧㄢˋ」と表記する[1]

2011年1月6日から8日にかけて、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスにあるラスベガス・コンベンションセンターにて開催された世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」内のソニーブースにて、「Curiosity」の3Dミュージック・ビデオが上映された。同映像は、2011年2月15日から2月27日にかけて、ソニービル最上階のホール「OPUS」にて、日本初となる3D対応HDヘッドマウントディスプレイの体験イベントに合わせて上映された[13]

Lumi[編集]

Lumiは架空の人物で、2019年9月11日に誕生、「宇宙で生まれ育ったまだ地球に降りたことのない30年後の17歳」(年齢はデビュー当時の設定。20歳になる2039年の9月11日に地球に降りてくる[2]とされる)という設定となっている。

実際のボーカルは、モデルとして活動するローズ・レイチェル歌手声優宮原永海が担当し、二人の声を合成している[14][15]。ミュージックビデオや作品のジャケット写真、動画配信コンテンツ等と言ったメディアに登場する際は、ローズがLumiとしてモデルを担当している。尚、上記「make.believe」の映像が発表されるまで、その際映像や画像には必ず何かしらの加工が施されており、未加工のものがそのまま使用されることはなかった。ライブに出演する際は上記の設定を意識し、実際に登場する代わりにホログラムによる映像が使用される。

Live[編集]

元気ロケッツによるライブは何度か行われているが、2008年以降は宇宙服を着たDJ(誰かは明かされていない)とLEDによる映像演出を組み合わせたDJライブセットが主流になっている。その場合、アーティストクレジットは「元気ロケッツ」ではなく、英語で「Genki Rockets」と表記されることが多い。音と映像が絡み合うような「シナスタジア(=共感覚)」な演出が特徴。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

Blu-ray Disc[編集]

  • “make.believe” 3D Music Clips e.p.(2010年12月22日、SRXL-17)
    1. make.believe
    2. Star Surfer (3-Dimensionaly Mix)
    3. Heavenly Star (3-Dimensionaly Mix)
  • “Curiosity” 3D Music Clips e.p.(2011年6月29日、SRXL-20)
    1. Curiosity
    2. Breeze (SYKZ Mix)
    3. Star Line (GRHN Mix)

音楽配信[編集]

  • Reaching for the stars(2011年4月27日、着うた配信)
  • Touch me(2011年4月27日、着うた配信)
  • make.believe / Flow (Child of Eden Mix)(日本を除く世界13ヶ国のiTunes StoreとAmazonにて2011年6月6日配信開始)
    1. make.believe
    2. Flow (Child of Eden Mix)

アナログEP盤[編集]

  • Heavenly Star(2007年2月16日、GR-001、Q ENTERTAINMENT)
  • Breeze(2007年8月24日、GR-002、Q ENTERTAINMENT)
  • Heavenly Star (Trance Mix)(2007年10月11日、RR12-88498、Rhythm REPUBLIC
  • Breeze(2007年11月23日、GR-003、Q ENTERTAINMENT)
  • Star Surfer EP(2008年7月16日、RR12-88531、Rhythm REPUBLIC)

その他[編集]

  • 福岡ソフトバンクホークス 公式戦 アサヒスーパードライスペシャル2011 ジングル/5秒Ver./10秒Ver./20秒Ver./が放送されている。(2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c CDJournal.com (2010年10月26日). “元気ロケッツ、上海万博ライヴ大成功!” (日本語). 音楽出版社. 2011年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 映像クリエイターに聞く〜「面白さは骨(コツ)が大事」ゲームクリエイター水口哲也”. white-screen (2007年10月9日). 2008年8月13日閲覧。
  3. ^ Genki Rockets's music videos inspired by A-ha's "Take on Me" music video”. 2008年8月13日閲覧。
  4. ^ Live Earth Artist: Genki Rockets”. 2008年8月13日閲覧。
  5. ^ ITmedia (2009年9月4日). “「make.believe」 ソニーが新ブランドメッセージ” (日本語). アイティメディア. 2011年2月11日閲覧。
  6. ^ iLOUD (2010年12月22日). “元気ロケッツ『“make.believe”3D Music Clips e.p.』インタビュー” (日本語). エクストラ. 2011年2月11日閲覧。
  7. ^ 文化庁メディア芸術プラザ; 画像情報教育振興協会 (2010年12月22日). “平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品” (日本語). 文化庁. 2011年2月11日閲覧。
  8. ^ white-screen.jp (2010年8月25日). “元気ロケッツ最新MV「make.believe」六本木ヒルズを湧かせた立体視MVの生みの親東弘明監督インタビュー” (日本語). ナウオンメディア事業部. ニューズベース. 2011年2月11日閲覧。
  9. ^ a b CDJournal.com (2010年10月15日). “元気ロケッツ、上海万博でのライヴが決定!” (日本語). 音楽出版社. 2011年2月12日閲覧。
  10. ^ 森川潤 (2010年9月23日). “ドイツ家電見本市IFA 世界中が先端技術を競い合う” (日本語). MSN産経ニュース. SANKEI EXPRESS. pp. 3ページ. 2011年2月12日閲覧。
  11. ^ 山本敦 (2010年9月6日). “<IFA2010>ソニーブースで連日3Dイベントを開催 - PV上映中の”元気ロケッツ”直撃インタビュー” (日本語). Phile-web. 音元出版. 2011年2月12日閲覧。
  12. ^ 日本産業館 (2010年10月). “イベントスケジュール 2010年10月11日(月)~10月17日(日)7日間 テーマ「 BIG SMILE EARTH」 Produced by 大塚製薬” (日本語). 上海万国博日本産業館出展. 2011年2月12日閲覧。
  13. ^ 関口賢 (2011年2月9日). “CESで注目集めた元気ロケッツの最新3Dビデオクリップを200インチ大画面で!” (日本語). RBB TODAY. イード. 2011年2月11日閲覧。
  14. ^ Lumines II's title song unveiled”. 2008年8月13日閲覧。
  15. ^ Genki Rockets credits section of the album: "元気ロケッツI Heavenly Star"”. 2008年8月13日閲覧。
  16. ^ とことん東京キャンペーン”. WILLER TRAVEL (2011年2月22日). 2011年3月29日閲覧。
  17. ^ クーリッシュファクト レディス篇”. イオンリテール (2011年3月19日). 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]