Windows Mediaメタファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Windows Mediaメタファイル
拡張子 .asx .wax .wvx
MIME Type video/x-ms-asf
audio/x-ms-wax
video/x-ms-wvx
開発者 マイクロソフト
種別 ストリーミングメディアメタファイル
包含物 ASFWMAWMV
派生元 XML
テンプレートを表示

Windows Mediaメタファイル (Windows Media Metafile) は、Windows Media Player (WMP) 用のストリーミングメディアメタファイル

内容[編集]

ASFWMAWMVなどメディアファイル音声ファイル動画ファイル)のURLが、XMLで記述されている。URLは複数記述することができ、順に再生されたり、条件選択されたりする。

メディアファイルのURL以外に、再生制御のための情報、ウェブページのURL、著作権情報、タイトルなどテキスト情報、バナーアイコン(メタデータではなく実体)などを記述することができる。

用途[編集]

ストリーミング配信で使われる。メタファイルを開いたWMPなどのプレイヤは、メタファイルに記載されたURLにアクセスし、メディアファイルをストリームとしてダウンロードし再生する。

ただし通常は、プレイヤでメタファイルを直接開くことは少ない。メタファイルはウェブ上で公開される。ブラウザがメタファイルにアクセスすると、ブラウザはプレイヤを起動し、メタファイルの(またはローカルに保存したそのコピーの)URLを与える。

もちろん、ブラウザの右クリックなどで保存したメタファイルをプレイヤで開いたり、プレイヤの「URLを開く」メニューを使うなどしても、同様に再生できる。

送信側では、HTMLで<a>タグを使って

<a href="metafile.asf">ストリームの説明</a>

のように記述する。ほかに、<embed>タグを使う方法もある。

拡張子の違い[編集]

ASX (Advanced Stream Redirector) 、WAX (Windows Media Audio Redirector)、WVX (Windows Media Video Redirector)の3種類の規格がある。

  拡張子 MIMEタイプ ASF WMA WMV 対応WMP
ASX .asx video/x-ms-asf × ×
WAX .wax audio/x-ms-wax × WMP7以降
WVX .wvx video/x-ms-wvx WMP7以降

ただし、使用できるメディアファイルの種類以外に違いはない。また実際は、メディアファイルの種類が拡張子やMIMEタイプと食い違っていても、ほとんどのプレイヤーは正常に再生できる。このためこれらの規格は、事実上同一とみなされ、一括して論じられることが多い。

なお、ASXのMIMEタイプはvideo/x-ms-asxではなく、(ASFと同じ)video/x-ms-asfである。

脆弱性[編集]

一部のタグを悪用することで、WMPに任意のウェブページを表示させることができる。これは、不審なメタファイルであり、このようなメタファイルはいったんローカルに保存し、テキストエディタで確認することで回避できる。

外部リンク[編集]