テイク・オン・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テイク・オン・ミー
a-haシングル
収録アルバム ハンティング・アイ・アンド・ロウ
A面 テイク・オン・ミー
B面 ラヴ・イズ・リーズン
リリース 1985年
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
ジャンル シンセポップ
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
作詞・作曲 ポール・ワークター、マグス、モートン・ハルケット
プロデュース トニー・マンスフィールド(1984年版)、アラン・ターニー(1985年版)
チャート最高順位
  • 1位(ノルウェー、アメリカ、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、ドイツ、ベルギー)
  • 2位(アイルランド、イギリス、カナダ)
  • 25位(日本)
a-ha シングル 年表
テイク・オン・ミー(トニー・マンスフィールド・プロデュース)
(1984年)
テイク・オン・ミー(アラン・ターニー・プロデュース)
(1985年)
シャイン・オン・TV
(1985年)
テンプレートを表示

テイク・オン・ミー」(take on me)はノルウェーバンドであるa-ha1985年に発表したシングル。作詞・作曲はメンバー3人の共同で行われた。世界的に大ヒットし、バンドの代表曲とされる。

概要[編集]

a-haはノルウェー出身で、音楽活動のために1983年に渡英しプロデビューした。1984年にトニー・マンスフィールドのプロデュースでレコーディングされた曲の1つがこの「テイク・オン・ミー」である。この曲は翌1985年にアラン・ターニーのプロデュースで再レコーディングされ、これが全米1位、全英2位などの世界中で大ヒット曲となった。そのため「テイク・オン・ミー」は2つのバージョンが存在している。現在一般的に知られているのはアラン・ターニープロデュースのバージョン。

スティーブ・バロンにより制作されたミュージック・ビデオは、実写とロトスコープを活用したアニメーションが評判となってMTVで頻繁に放映され、ヒットの助けとなった。1986年のMTV Video Music Awardsでは6部門を受賞。

この曲は、リール・ビッグ・フィッシュ,A1 (バンド)等、様々なミュージシャンによってカバーされている。

日本では空耳の対象としても比較的有名で、歌いだしの部分が「洗うのはパンツ千円」と聞こえるというネタは『mamiのRADIかるコミュニケーション』(東海ラジオ放送他)でコーナータイトルとなるなど、数多くのラジオ番組で空耳ネタとして使われた。また「世界一受けたい授業」に於いてはアハ体験の講義の際に用いられている。