アリソン・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリソン・クラウス
アリソン・クラウス(2007年、マールフェストのステージにて)
アリソン・クラウス(2007年、マールフェストのステージにて)
基本情報
出生 1971年7月23日(42歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州メイコン郡 ディケーター
ジャンル カントリーブルーグラス
職業 歌手演奏家音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルピアノフィドル
活動期間 1985年 -
レーベル ラウンダー・レコード
共同作業者 ヴィクター・クラウス
ユニオン・ステーション
ドリー・パートン
ヴィンス・ギル
ニッケル・クリーク英語版
ジョン・ウェイト
ロバート・プラント
公式サイト AlisonKrauss.com

{{{Influences}}}

アリソン・クラウス(Alison Krauss、1971年7月23日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の歌手フィドル奏者。ブルーグラスカントリーの分野で活動し、1990年代にブルーグラスを新しい聴衆に届けたアーティストとして評価されている[1]

1987年ラウンダー・レコードからデビューを果たして、その後バック・バンドのユニオン・ステーションと共に活動を続けていく。2012年現在、グラミー賞の受賞数は28で歴代2位・女性では史上最多である[2]。また、ドリー・パートンヴィンス・ギル等多数のカントリー・ミュージシャンとの共同作業に加えて、ロバート・プラントジョン・ウェイト等、ロックポップス系のミュージシャンとのコラボレーションも多い。

自分で作詞・作曲を行うことは少なく、クラウスは2011年のインタビューにおいて「ソングライティングに抵抗があるわけじゃなくて、自分がやらなければいけないことだと思っていないだけ」「私は『この曲は私が歌わなきゃ』とすぐに思わされるような音楽をたくさん聴いている」と語っている[3]

来歴[編集]

デビュー前[編集]

イリノイ州ディケーターで生まれ[1]、イリノイ州シャンペーンで育った[4]。父は1952年に渡米してきたドイツ系アメリカ人で、母はドイツ系およびイタリア系 [4]。2歳年上の兄ヴィクター・クラウス英語版は、後に作曲家/ダブル・ベース奏者として活動し、2004年にはノンサッチ・レコードからソロ・デビューを果たしている[5]

5歳でヴァイオリンを習い始めるが、クラシック音楽には興味を持てずカントリーおよびブルーグラスに傾倒し[1]、更に、友人たちの影響でAC/DCカーリー・サイモンローリング・ストーンズレーナード・スキナードエレクトリック・ライト・オーケストラ等の曲にも触れた[6]。また、クラウスはポール・ロジャースの大ファンとして育ち[7]、後にロジャースが在籍していたバッド・カンパニーの楽曲「オー・アトランタ」をカヴァーしている。

1983年11月、SPBGMA(米国ブルーグラス音楽保存協会)による全米フィドラーズ・チャンピオンシップで9位となった[8]。1985年、 インディーズ・レーベルのFiddle Tunesからリリースされたアルバム『Different Strokes』に兄ヴィクターと共に参加しており、これがクラウスの初レコーディングとなった[1]

1985年 - 1999年[編集]

クラウスは1985年にラウンダー・レコードとの契約を得て、1987年にはデビュー・アルバム『トゥー・レイト・トゥ・クライ』を発表。続く『Two Highways』(1989年)は、初めてユニオン・ステーションと連名のアルバムとしてリリースされ、グラミー賞最優秀ブルーグラス・アルバム賞にノミネートされるが、受賞は果たせなかった[1]

1990年のアルバム『アイヴ・ガット・ザット・オールド・フィーリング』で、クラウスは初めてビルボードのカントリー・アルバム・チャート入りを果たして最高61位を記録し[9]、このアルバムでグラミー賞最優秀ブルーグラス・アルバム賞を受賞した[9]。次作『Every Time You Say Goodbye』(1992年)はカントリー・アルバム・チャートで75位に達し、2作連続でグラミー賞最優秀ブルーグラス・アルバム賞を受賞[9]

1993年、クラウスはグランド・オール・オプリのメンバー入りを果たす。ブルーグラスのアーティストがメンバー入りするのは29年ぶりで、また、当時としては最年少のメンバーであった[10]

1995年発表のコンピレーション・アルバム『Now That I've Found You: A Collection』はカントリー・アルバム・チャートで2位、総合チャートのBillboard 200でも13位という大ヒットを記録して[9]、1996年3月にはRIAAによってダブル・プラチナに認定された[11]。また、クラウスは1995年のカントリーミュージック協会賞で女性ボーカリスト賞とホライゾン賞を受賞し、シングル・ヒット曲「When You Say Nothing At All」がシングル賞を受賞した[12]。クラウス自身もこの成功に驚き、2002年のインタビューで当時のことを「本当に不思議」「有名になったことで自由に外出もできなくなった」「私の名前を見た自動車教習所の受付が、私を見上げて眉をひそめて『あなたがそんな恰好で出歩くなんて信じられない』って言ったこともあった」と振り返っている[13]

『Now That I've Found You: A Collection』の大ヒットの後、1997年に発表されたアルバム『So Long So Wrong』はカントリー・アルバム・チャートで4位、Billboard 200では45位に達し、第40回グラミー賞では3部門を受賞した[9]。音楽評論家のCub Kodaはオールミュージックにおいて『So Long So Wrong』を「メインストリームの成功が訪れた時に起こりがちなことに反した、ギミックの全くないアルバム」と評している[14]。また、1997年にはギタリスト/ハーモニカ奏者のパット・バージェソン英語版と結婚。2人の間には長男が生まれたが、2001年に離婚している[13]

2000年代以降[編集]

アリソン・クラウス(左)、ロバート・プラント(右)。2008年5月5日、バーミンガムにて

2000年、クラウスがプロデュースしたブルーグラス・グループ、ニッケル・クリーク英語版のアルバム『ニッケル・クリーク』がリリースされた[15]。同年、映画『オー・ブラザー!』のサウンドトラックに参加しており、第44回グラミー賞では参加アーティストの一員として最優秀アルバム賞を受賞した[16]

2001年発表のアルバム『ニュー・フェイヴァリット』はBillboard 200で35位に達して6年ぶりに全米トップ40入りを果たし、グラミー賞ではクラウスにとって4作目の最優秀ブルーグラス・アルバム賞受賞作となった[9]。また、クラウスは同アルバムで初めて全英アルバムチャート入りを果たし、72位を記録した[17]

2002年にリリースされたニッケル・クリークのセカンド・アルバム『ディス・サイド』は、前作に引き続きクラウスがプロデュースした作品で、クラウスは同アルバムでグループと共にグラミー賞最優秀コンテンポラリー・フォーク・アルバムを受賞した[18]

2003年2月、ニューヨークラジオシティ・ミュージックホールで行われたコンサート「Salute to the Blues」に参加して、ジェームス・ブラッド・ウルマーと共に「Sittin' on Top of the World」を演奏[19]。この模様は、2004年公開のドキュメンタリー映画『ライトニング・イン・ア・ボトル』で紹介された。また、クラウスは2003年公開の映画『コールド マウンテン』のサウンドトラックで、エルヴィス・コステロT-ボーン・バーネットが共作した「ザ・スカーレット・タイド」と、スティングが作詞・作曲してバッキング・ボーカルでも参加した「ユー・ウィル・ビィ・マイ・エイン・トゥルー・ラヴ」の2曲を歌った[20]

2004年11月7日、クラウスはレッドベリーのトリビュート・コンサートに参加し、この時に初めてロバート・プラントと共演している[21]。また、2004年のカントリーミュージック協会賞では、クラウスがフィーチャリング・アーティストとしてゲスト参加したブラッド・ペイズリーのシングル・ヒット曲「Whiskey Lullaby」が音楽イベント賞を受賞した[12]

2006年、ジョン・ウェイトが自身のヒット曲「ミッシング・ユー」をクラウスとのデュエットでセルフ・カヴァーした。このヴァージョンはコンピレーション・アルバム『Rock the Bones, Vol.4』(2006年)に収録され[22]、後にウェイトのアルバム『Downtown: Journey of a Heart』(2007年)やクラウスのコンピレーション・アルバム『ベスト・オブ・アリソン・クラウス〜ア・ハンドレッド・マイルズ・オア・モア』(2007年)にも収録された。

2007年10月、ロバート・プラントとのコラボレーション・アルバム『レイジング・サンド』をリリース。同アルバムは全米2位の大ヒットを記録して[23]グラミー賞では同アルバムが最優秀アルバム賞と最優秀コンテンポラリー・フォーク/アメリカーナ・アルバム賞を受賞して、収録曲「プリーズ・リード・ザ・レター」が最優秀レコード賞、「リッチ・ウーマン」が最優秀ポップ・コラボレーション賞、「キリング・ザ・ブルース」が最優秀カントリー・コラボレーション賞を受賞した[9]

2011年、7年ぶりにユニオン・ステーションと連名のアルバム『ペーパー・エアプレーン』をリリース[24]。同アルバムはBillboard 200で3位に達し、『ビルボード』のカントリー・アルバム・チャートでは自身初の1位獲得を果たした[9]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Different Strokes(1985年)
  • トゥー・レイト・トゥ・クライ - Too Late to Cry(1987年)
  • Two Highways(1989年)
  • アイヴ・ガット・ザット・オールド・フィーリング - I've Got That Old Feeling(1990年)
  • Every Time You Say Goodbye(1992年)
  • I Know Who Holds Tomorrow(1994年) - ザ・コックス・ファミリー英語版との連名
  • So Long So Wrong(1997年)
  • Forget About It(1999年)
  • ニュー・フェイヴァリット - New Favorite(2001年)
  • Lonely Runs Both Ways(2004年)
  • レイジング・サンド - Raising Sand(2007年) - ロバート・プラントとの連名
  • ペーパー・エアプレーン - Paper Airplane(2011年)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live(2002年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Now That I've Found You: A Collection(1995年)
  • ベスト・オブ・アリソン・クラウス〜ア・ハンドレッド・マイルズ・オア・モア - A Hundred Miles or More: A Collection(2007年)
  • Essential Alison Krauss(2009年)

主なゲスト参加アルバム[編集]

アーティストの姓またはバンド名の五十音順で記載。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Alison Krauss : AllMusic - Biography by Stephen Thomas Erlewine
  2. ^ Alison Krauss makes Grammy history - Telegraph
  3. ^ Alison Krauss interview - Telegraph - by Martin Chilton, 2011年4月4日
  4. ^ a b Alison Krauss + Union Station Flight Plan: Paper Airplane Lands AKUS Back On The Bus << Bluegrassmusic.com - by Larry Nager
  5. ^ Far from Enough - Viktor Krauss : AllMusic - Review by James Christopher Monger
  6. ^ Alison Krauss interview for the release of Essential Alison Krauss - Telegraph
  7. ^ 100 Greatest Singers: Paul Rodgers | Rolling Stone
  8. ^ SPBGMA: 1983 National Fiddler's Championship Results
  9. ^ a b c d e f g h Alison Krauss - Awards : AllMusic
  10. ^ Opry Member: Alison Krauss - Opry.com
  11. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの "Now That I've Found You"と入力して検索すれば表示される
  12. ^ a b Past Winners - CMAworld.com
  13. ^ a b AT HOME WITH/Alison Krauss; O Superstar, Where Art Thou? - New York Times - by Daniel Menaker, 2002年1月24日
  14. ^ So Long So Wrong - Alison Krauss & Union Station : AllMusic - Review by Cub Koda
  15. ^ Nickel Creek - Nickel Creek : AllMusic - Review by William Ashford
  16. ^ O Brother, Where Are Thou? - Original Soundtrack : Awards : AllMusic
  17. ^ ALISON KRAUSS & UNION STATION | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  18. ^ This Side - Nickel Creek : Awards : AllMusic
  19. ^ Blues Legends Capture 'Lightning In A Bottle' | Billboard
  20. ^ Cold Mountain - Original Soundtrack : AllMusic - Review by James Christopher Monger
  21. ^ 2004: Lead Belly :: American Music Masters® | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum
  22. ^ Rock the Bones, Vol.4 - Various Artists : AllMusic
  23. ^ Raising Sand - Alison Krauss, Robert Plant : Awards : AllMusic
  24. ^ Paper Airplane - Alison Krauss, Alison Krauss & Union Station, Union Station : AllMusic - Review by Thom Jurek

外部リンク[編集]