秋川雅史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋川 雅史
基本情報
出生 1967年10月11日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県西条市
血液型 A型
学歴 国立音楽大学大学院修了
ジャンル クラシカル・クロスオーバー
職業 歌手
レーベル テイチクエンタテインメント(タクミノート)
事務所 ケイダッシュステージ
公式サイト www.masafumiakikawa.com

秋川 雅史(あきかわ まさふみ、1967年10月11日 - )は日本テノール歌手である。クラシック声楽を学んだ経験を生かしつつ、現在は主にクラシカル・クロスオーバーの分野で活動している。

愛媛県西条市出身。身長175cm。父は声楽家の秋川暢宏。

来歴・人物[編集]

4歳よりヴァイオリンピアノを習い始める。西条市立西条南中学校3年生の時に父の指導のもと声楽に転向。愛媛県立小松高等学校を経て国立音楽大学卒業、同大学院修了。その後4年間、イタリアパルマにて修行。帰国後、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番(合唱付き)のソロなど、数々のコンサートに出演。1998年にカンツォーネコンクール第1位、日本クラシック音楽コンクール声楽部門最高位をそれぞれ受賞した。

2001年に日本コロムビアよりテノール歌手としてCDデビュー。

2006年12月31日、カバー曲「千の風になって[1]にて「紅白」(NHK) 初出場を果たす。

紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる[2]。この曲の大ヒットが評価されて、「ベストヒット歌謡祭2007」では「40周年記念特別賞」を受賞した。

2008年3月、日本テレビの開局55周年スペシャルドラマ『東京大空襲』の主題歌を担当。X JAPANYOSHIKIが書き下ろした曲『愛する人よ』を歌った。

コンサートはピアノ伴奏のみによる形式と、前半をピアノ伴奏、後半をバンド(ピアノ・バイオリン・ギターベース)をバックに行う形式をとる。

仙台市立八軒中学校が復興を祈願するために演奏した「あすという日が」を、秋川雅史と夏川りみがそれぞれ2011年9月21日にCDを同時発売した。

エピソード[編集]

  • 小松高校ではその声を見込まれて応援団にも臨時に所属していた。高校野球地方予選の応援では、相手チームの観客席までひときわ声が響いた。
  • 西条祭りにはイタリア留学時も含めて全て帰省して担き夫として参加している。また伊勢神宮に遷宮記念奉祝奉納を行った際にも、所属だんじりが遠征した際は全て参加している。「声楽者は、毎日自己管理と節制の日々」と語っていおり、「この祭りで歌に悪いこと(酒や大声など)を全てやり尽くすことで、それ以外の日は歌に専念することができる」と述べている。
  • きちんとした声を保つ為に毎日フィジカルトレーニングを行っている。25mプールを息継ぎなしで泳ぎ、それを計600m。その後2kmのランニング、腹筋、背筋、懸垂をし、その後に発声練習をすることが日課となっている。
  • イタリア留学中に舌根扁桃(舌の付け根の扁桃腺)の病気で声に雑音が入るようになり、絶望の時期を経験。帰国して手術を受け、従来の声を取り戻した。手術は合計3回受けている。
  • 大学時代は6年間引越屋でアルバイトをするなど、肉体や体力を使うことが好きであると述べている。
  • 大学時代My Little Loverakkoとは先輩後輩の関係にあり、一緒にスキーに行く仲であった。イタリア留学の後帰国したところ、後輩がMy Little Loverのボーカルとして大ブレイクしているのを知り、非常に驚いたという。


ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 規格番号 タイトル 備考
2001年12月21日 COCQ-83576 パッシオーネ~復活の歌声 日本コロムビアより発売のデビュー作。
2004年5月26日 TECI-1060 Dream of Love~愛の夢~ テイチクエンタテインメントへ移籍後、第1弾のアルバム。
2005年9月21日 TECI-1107 威風堂々 「千の風になって」初収録の作品。後にシングルカットされる。
同作のDVD-Audio盤が2006年3月22日にリリース。
2008年4月2日 TECG-30004 千の風になって~一期一会~ 高音質のSHM-CD仕様。
2010年6月30日 TECG-30032 Fantasista~翼をください~
2012年10月24日 You Raise Me Up 西村由紀江のピアノ伴奏による「千の風になって」の新バージョン、話題曲「天城越え」のカバーを収録

シングル[編集]

発売日 規格番号 タイトル 備考
2006年5月24日 TECI-103 千の風になって カセット盤が2007年11月21日に発売されている。
2009年2月18日 TECG-19 ねがい
2011年9月21日 TECG-36 あすという日が ピアノ伴奏譜面封入。
小松高校校歌 非売品 小松高校同窓会養正会のサイトで聞くことができる 養正会

映像ソフト[編集]

発売日 規格番号 タイトル 備考
2008年1月1日 TEBG-48002 秋川雅史リサイタル'07東京 千の風になって 東京・青山劇場での公演を収録したDVD。

参加作品[編集]

発売日 規格番号 タイトル 備考
2003年11月14日 TOHO・M-0311 ミュージカル「十二夜」 M-4「ダンス! ダンス! ダンス!」収録。ハイライト・ライヴ録音盤CD。
2007年7月7日 UPCH-20031 筒美京平トリビュート popular music M-7「飛んでイスタンブール」収録。
2008年10月1日 VICL-63046 15の宝石 M-1「異国の丘」収録。

出演[編集]

テレビ[編集]

音楽番組[編集]

司会番組[編集]

ラジオ[編集]

ミュージカル[編集]

イベント[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 千の風になって」は、著名な詩「Do not stand at my grave and weep」(作者不詳)を、新井満が日本語に訳し、作曲・歌唱したものがオリジナル。
  2. ^ 2006年6月12日付オリコンシングルチャート初登場は168位で、100位以下の初登場からの1位はオリコン史上初。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]