加瀬亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かせ りょう
加瀬 亮
生年月日 1974年11月9日(39歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
身長 174 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2000年 -
著名な家族 父:加瀬豊
事務所 アノレ
公式サイト アノレ公式サイト内ページ
主な作品
映画
ハチミツとクローバー
硫黄島からの手紙
それでもボクはやってない
山のあなた〜徳市の恋〜
アウトレイジ
永遠の僕たち
劇場版 SPEC〜天〜
劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇・爻ノ篇』
テレビドラマ
抱きしめたい
ありふれた奇跡
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
備考
体重57 kg

加瀬 亮(かせ りょう、1974年11月9日 - )は、日本俳優神奈川県横浜市出身。アノレ所属。

人物[編集]

生い立ち[編集]

加瀬豊(当時は日商岩井勤務、現双日会長・元社長)の長男として生まれる[1][2][3]。父親の仕事の都合により、生後まもなく渡米。7歳までの約7年間をアメリカ合衆国ワシントン州ベルビュー(Bellevue)市で過ごす。

中央大学商学部に進学。大学時代は、4年間ボードセイリング(ウィンドサーフィン)部に所属。[4]

大学卒業前に突然、「役者になりたい」と告げたら、さすがに父に大反対された[5]。先輩の出ている舞台に誘われ、生まれて初めて見た芝居の面白さにひかれたのがきっかけだった[5]。父とけんかになり、家を出た[5]。しばらくは父と疎遠になり、代わりに母が時々、電話をしてきた[5]

俳優として[編集]

映画『PiCNiC』『FRIED DRAGON FISH』を見て俳優・浅野忠信に憧れ、彼の所属事務所であるアノレに手紙を送って、大学を中退後1998年に同事務所所属となった[6][7]

CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた[いつ?][要出典]

浅野の付き人からスタートし1年間経験後、『バトル・ロワイアル』などの現場に製作スタッフとして参加しながら[8]、2000年に映画『五条霊戦記』(石井聰亙監督)でスクリーンデビュー。以降、映画を中心に活動を続ける。

行定勲監督『ロックンロールミシン』、黒沢清監督『叫』、森崎東監督『ニワトリはハダシだ』、周防正行監督『それでもボクはやってない』、山田洋次監督『おとうと』、北野武監督の『アウトレイジ』などの日本映画をはじめ、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』、ミシェル・ゴンドリー監督『TOKYO! インテリア・デザイン』、ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』、アッバス・キアロスタミ監督の『Like Someone in Love』など、海外の監督作品へも積極的に出演している。

インディペンデントな作品からメジャー作品まで自由に横断するスタンスで活躍しているが、本人は「小さな映画」「パーソナルな映画」を大切にしたいと語っている[9]

映画に対する思い入れは強く、「世界感覚」を変えたと語る監督にジョン・カサヴェテスビクトル・エリセ相米慎二を挙げ、映画との「出会い」はカサヴェテスの『こわれゆく女』、エドワード・ヤンの『牯嶺街少年殺人事件』であったという[10]

草食系」で、はにかみ屋の印象を持たれているが、映画監督の李相日は、それらと同時にハプニングを楽しむ破壊衝動をあわせ持つ「肉食系」の二面性を持っていると語る。また、芝居に対しては演出の意図以上の深い解釈を提示し、2010年代に入っては監督との意見の食い違いも取り込める幅の太さを身に付けてきていると評した。[11]

略歴[編集]

出演[編集]

日本映画[編集]

日本以外の映画[編集]

複数国の合作映画を含む。

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

受賞[編集]

  • 第14回日本映画プロフェッショナル大賞 「主演男優賞受賞」(2004年) - アンテナ・荻原祐一郎役
  • 第17回日本映画プロフェッショナル大賞 「主演男優賞受賞」(2007年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第81回キネマ旬報ベストテン 「最優秀主演男優賞受賞」(2007年) - それでもボクはやってない・金子徹平役、オリヲン座からの招待状・仙波留吉役
  • 第21回高崎映画祭 「最優秀助演男優賞」(2007年) - 花よりもなほ・そで吉役
  • 第31回日本アカデミー賞 「優秀主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第32回報知映画賞 「最優秀主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第50回ブルーリボン賞 「主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第29回ヨコハマ映画祭 「主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第3回おおさかシネマフェスティバル 「主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第2回アジア・フィルム・アワード 「主演男優賞」(2008年) - それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 全国映連賞 「男優賞」(2008年)- それでもボクはやってない・金子徹平役
  • 第1回日本シアタースタッフ映画祭 「助演男優賞」(2010年) - インスタント沼・ガス役、おとうと・長田亨役
  • 第67回毎日映画コンクール 男優助演賞(2013年) - アウトレイジ・ビヨンド 石原役

脚注[編集]

  1. ^ 小谷真生子のKANDAN:双日・加瀬豊社長(後編)” (日本語). BSジャパン (2008年9月21日). 2011年9月13日閲覧。
  2. ^ 河野圭祐「シリーズ経営戦記 加瀬豊」、『BOSS』、経営塾、2007年6月、 82-85頁。
  3. ^ “〔七転八起〕双日社長加瀬豊氏 経営統合作業に奔走” (日本語). 読売新聞 (読売新聞社): p. 9. (2008年9月1日) 
  4. ^ INLIFE 男の履歴書DX 「加瀬 亮」、2013年6月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 黙って見守ってくれる母…加瀬亮さん、2013年6月4日、読売新聞
  6. ^ 金原由佳「特集・加瀬亮 包囲:ロングインタビュー 加瀬亮」、『キネマ旬報』第1468号(2006年10月上旬特別号)、キネマ旬報社、 30頁。
  7. ^ 日本経済新聞2012年7月23日夕刊 加瀬豊 あすへの話題
  8. ^ 横森文「特集・それでもボクはやってない:加瀬亮インタビュー」、『キネマ旬報』第1476号(2007年2月上旬号)、キネマ旬報社、 33頁。
  9. ^ a b 高松美由紀 (2012年5月24日). “加瀬亮に初カンヌの地で単独インタビュー! デビューから大切にしてきた「パーソナルな映画」への思い【第65回カンヌ国際映画祭】”. シネマトゥデイ. 2012年5月24日閲覧。
  10. ^ 川口, 敦子「ロングインタビュー 加瀬亮 世界をまるごと捉えたい」、『キネマ旬報 2012年1月上旬号』第1601号、キネマ旬報社2012年、 28-35頁、2013年1月31日閲覧。
  11. ^ この段落の出典。久保, 玲子「好奇と探求と インタビュー 李相日」、『キネマ旬報 2012年1月上旬号』第1601号、キネマ旬報社2012年、 38-39頁、2013年1月31日閲覧。
  12. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年1月18日閲覧。
  13. ^ 加瀬亮主演、ホン・サンス「自由が丘8丁目」べネチア映画祭オリゾンティ部門出品(2014年7月25日)、映画.com、2014年7月25日閲覧。
  14. ^ 映画『自由が丘で』、2014年9月5日閲覧。
  15. ^ 入倉功一 (2014年4月3日). “小泉今日子、年下の元カレ役に加瀬亮!「最後から二番目の恋」にハセキョーら新キャスト”. シネマトゥデイ. 2014年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]