燃えつきた地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
燃えつきた地図
著者 安部公房
発行日 1967年9月30日
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 299
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

燃えつきた地図』(もえつきたちず)は、安部公房書き下ろし長編小説1967年(昭和42年)9月30日に新潮社より刊行された。探偵小説純文学を融合させたスリップストリームと分類されることもある。安部自身の脚本により勅使河原宏監督で1968年(昭和43年)6月1日に映画化もされた。

突然失踪した或るサラリーマンを捜索する探偵が、男の足取りを追跡しているうちに奇妙な事件に遭遇し、やがて探偵自身が自己を見失ってしまう物語。大都会の砂漠の中で次々と手がかりを失い、さまよう探偵の心象風景を通じ、都会人の孤独と不安が描かれている[1]

なお、本作の最終部分は、短編小説「カーブの向う」(1966年)が一部改稿されたものと重なっている[2]。また本作は、『砂の女』、『他人の顔』と主題に共通点があり、合わせて三部作の要素があるという[3]

あらすじ[編集]

昭和42年2月、T興信所員の「ぼく」は、半年前に失踪した夫を調査してほしいという依頼を受け、急なカーブの坂道を越え、依頼人の住む団地に向かった。しかし依頼人の女(妻)は非協力的であいまいな様子だった。「ぼく」は失踪者の足取りを追い、男が所持していたマッチ箱からコーヒー店「つばき」を訪れるが手がかりは見つからない。依頼者の妻の弟の方は、「ぼく」の調査場所に偶然を装って現れたり、怪しい雰囲気だった。「ぼく」はこの調査依頼自体が、失踪者の行方をさらに掩蔽するための陽動作戦かもしれないという疑惑を薄々感じはじめる。

「ぼく」はそのヤクザの弟に、失踪者の日記を見せてもらう約束をするが、日記を見せてもらう前に、弟はヤクザの抗争で殺害された。ぼくは失踪者の会社の部下の田代と接触した。田代から、失踪者に関する手がかりとして、失踪者の撮影した女性のヌード写真の情報を得るが、田代はその情報自体が実は自分の嘘だと言った。田代は男に弁解し本当の事を話すと言ったが、男は耳を貸さずにいた。その後、田代は首吊り自殺をし、「ぼく」は興信所に辞表を出した。探偵でなくなった「ぼく」は、まだ何か怪しい匂いのする「つばさ」に入店したところで二、三人の男達に襲われた。

怪我をしながら依頼人の女の家へ行ったところで、「ぼく」の記憶はあいまいになっていき、いつのまにか道路にいた。カーブの向うの町の記憶が思い出せないまま、あるコーヒー店に入ると、見覚えのあるような女がいた。店を出た後、地図にメモしてある電話番号に電話すると、同じ女がやって来るのが見えた。「ぼく」は電話ボックスに身をひそめた。女があきらめたように去っていくと、「ぼく」は彼女と反対の方角へ歩き出した。

登場人物[編集]

ぼく
T興信所の探偵。失踪者・根室洋の調査をする。ひげが濃い性質。前職を辞め、妻と別居中。
根室波瑠(依頼人)
失踪者・根室洋の妻。小柄で首が長く、ひょろりとした感じ。昼間からビールばかり飲み、アルコール中毒ぎみ。妊娠8ヶ月。夫の根室洋は34歳。大燃商事販売拡張課長。
依頼人の弟
痩せて細い首。浅黒い肌。眼と眼の間がよりすぎている。攻撃的な印象。微笑がまったく似合わない、敵意の糊で固めたような顔と、夢など見たこともないような乾ききった眼。ヤクザ「大和奉仕団」の組長。売春男娼ヒモをしている。失踪者と繋がりのある町会議員Mをゆすっている。
コーヒー店「つばさ」の主人
鼻風邪をひいたようなはれっぼたい顔。この店のマッチ箱を失踪者は持っていた。「つばさ」は裏で、臨時タクシー運転手のための私設職業斡旋所の商売をしている。
「つばさ」のウェイトレス
22歳前後。小肥りで丸顔。眼が小さく、額にニキビ跡が目立つ。派手好みだが、見栄えのしない仏頂面の小娘。関東訛りが多少残っている。
駐車場の守衛
片眼が赤く充血した老人。違法タクシー斡旋所のことを「つばさ」の主人から口止めされている。
大燃商事の常務
失踪者・根室洋の上司。きれいに禿げ上がった頭。ぽってりと肉のついた手。
田代
失踪者・根室洋の部下。若手社員。顔色が悪く、厚い眼鏡の貧相な男。鼻にかかった高めの声。根室洋が失踪前にS駅で書類を渡すことになっていた社員。書類は町会議員M氏に届けるものだったと、田代は言う。
T興信所の主任
「ぼく」の上司。たるんだ顎の肉に、糸をくいこませたような深い皺が幾本も刻み込まれ、化膿した毛穴の跡が、苦瓜のイボのように並んでいる。
F町の郵便局の局長
町会議員M氏宅の隣りにある郵便局の局長。初老の男。
局長の妻
夫と郵便局をやっている。
M燃料店の従業員ら
M氏の経営する燃料店でプロパンガスのボンベの運搬をしている従業員。20歳前後のひょろりとした男と、風化した岩肌を思わせる30歳くらいの太い首の男。
M燃料店の事務員。
おかっぱ頭の少女。白くて肉付きのいい膝小僧。気の強そうな娘。
ラーメン屋台の親父。
マイクロバス屋台で商売をしている。ひげ面。股の付け根を掻きながら、ラーメンを作る。糖尿病を患っている。
露店の周辺にたむろする男女
与太者風の者たち。依頼人の弟の組員。一人は黒眼鏡で、ひどいガニ股と、ひしゃげたとんがり顎。
労務者たち
屋台の客。飯場暮らし。丹前を着た男、顎の張った大男、毛の薄い人のよさそうな小男の三人。
女子学生
図書館にいた女子学生。鼻の短い、ぽってりとした頬。本の写真をカミソリで切り取っている。
富山
タクシー運転手。失踪者が失踪の前々日に、車を売却した相手。妻(30歳前後)と二人の子供(2歳と4歳の女児)がいる。
ぼくの妻
ぼく(探偵)の別居中の妻。洋裁店「ピッコロ」を経営。小ぢんまりとした体つきで、何を着てもよく似合うので、なるべく目立たない地味な服を着て店に出ている。ぼくの反対を押し切って店を始めた。
「ピッコロ」の店員
美人というほどではないが、はなやいだ、あどけない顔立ち。モダンな服を着せられている。
少年
弟の組の少年グループの当番。細いうなじで、きめの細かい肌。中性的な美少年。目だけが異様に暗く狂暴な燃えやすい油のよう。家出少年。少年グループは金持相手に男娼をしている。
サエコ
ヌード写真を撮らせる秘密スタジオのモデル。顔色の悪い顎の張った娘。鼻だけが、やや上向きかげんで整っているほかは、気の強そうな厚い唇と、両頬に変色したニキビ跡の粗末なモデル。顔から想像もつかない見事な形のいい脚。
バーテン
秘密スタジオの隣りのバーのバーテン。バーとスタジオは経営者が同じ。

作品解説・評価[編集]

安部公房は、『砂の女』では「逃げた男」が主人公だったが、本作では逆に、「追う男」を主人公にしたと解説し、「都市……他人だけの砂漠……その迷路の中で、探偵はしだいに自分を見失っていく。あえて希望を語りはしなかったが、しかし絶望を語ったわけでもない。おのれの地図を焼き捨てて、他人の砂漠に歩き出す以外には、もはやどんな出発も成り立ち得ない、都市の時代なのだから……」[4]と述べている。そして、失踪者と捜索依頼者との間にできる新たな関係をめぐって、現代社会の人間関係について語り、「農耕社会での人間関係というのは、どちらかというと宿命論的な結びつきだ。それが産業社会になってくると、もっと可変的な、あいまいなものになる。では農耕社会より、結びつきが薄いかというと、複雑になったというだけで、本当はむしろ濃いんだな」[5]と述べている。

また安部は、「失踪」という主題に関して、「失踪とは、やはり現在の共同体の中で疎外感をもっている者が逃亡することだと思う」[6]と述べ、「失踪不可能というか、失踪が意味をなさないほど自由な共同体ができたとき……まあ、これは実際にはあり得ないのだけど。失踪によってより強い共同体に入る。つまり失踪じゃなくて、失踪から帰ること。このことを『砂の女』で直接にテーマにしたんだけれども、帰るということと、逃げるということは、結局意識の中で裏返しになっているだけで、同じことになる」[6]と解説している。そしてそれとは違う、もっと意識的な失踪の例として、或るニューヨーク州知事で将来有力な大統領候補とまでいわれた男が失踪し、ニューヨークでタクシー運転手をしていたというアメリカの記事に触れて、この男のような失踪は、かなり能動的な失踪だと述べている[6]

三島由紀夫は、「これは動いてゐる小説である。動いて、動いて、時々おどろくほど鮮明な映像があらはれながら、却つて現実の謎は深まつてゆく。たえざるサスペンス、そして卓抜な会話が社会の投影図法を描き、犯罪の匂ひと、尾行と襲撃と、……その結果、イリュージョンがつひに現実に打ち克ち、そこから見た現実自体の構造が、突然すみずみまで明晰になる。ラストのモノロオグが、この小説の怖ろしい解決篇であり、作品全体の再構築であるところに、一篇の主題がこもつてゐる。失踪者の前にのみ、未来が姿をあらはすのだ」[7]と解説し、「安部氏がその小説の中に、会話の天才をみごとに活かし、『砂の女』よりも『他人の顔』よりも、はるかに迅速に疾走してみせた小説である」[7]と高い評価をしている。

本作品の文体の反復表現の構造に注目したウィリアム・カリーは、その構造を「円環的パターン」と名づけ、その構造は疎外された人間のはてしない苦境を見出す構造であると分析し、終わりのない疎外という問題の体現を強調するための構造であると述べている[8]

徐洪は、ウィリアム・カリの指摘した本作の構造を敷衍しながら、「『輪』の反復表現は、物語の冒頭と終結で現われることにより、冒頭と終結がつながり、始めは終わりとなり、また終わりは初めとなって、時間は循環するものとして提示されることにより、線条的な時間の流れは破棄される。また、『尻取り式』反復表現は、物理的に与えられたテクスト上の空白を同じ言葉で繋げることにより、両出来事の間に存在していた時間の断絶は埋められてしまうのである」[9]と解説している。そして本作品を一つの生地に譬え、「この生地は平らな生地ではなく、反復表現により、多くの襞を持つ生地に作り上げられている」[9]と解説し、「反復表現により物語はいくら長い時間でも縮めたり、また、元に戻したりすることができるのではないだろうか。これにより、本作品では、生起順の時間はもう意味を持たなくなるのであろう」[9]と述べている。そして、「反復表現によりもたらされた線条的な時間の概念の廃棄により、因果律は破られるのである」[9]と述べ、その表現効果により、「原因はなく結果だけが存在する『失踪』という本作品の内容はより浮き彫りになるのである」[9]と解説している。

映画化[編集]

燃えつきた地図
THE MAN WITHOUT A MAP
監督 勅使河原宏
脚本 安部公房
原作 安部公房
製作 永田雅一
出演者 勝新太郎市原悦子
音楽 武満徹
撮影 上原明
編集 中静達治
製作会社 勝プロダクション=大映
配給 大映
公開 日本の旗 1968年6月1日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『燃えつきた地図』は、1968年(昭和43年)6月1日に封切りされた。118分。

おとし穴』『砂の女』『他人の顔』に続く安部公房原作・脚本、勅使河原宏監督作品で、同コンビとしては最後の作品になる。勝プロダクション大映が製作し、大映が配給した。DVD『勅使河原宏の世界』に収録されているものや日本映画専門チャンネルで放送されたものはタイトルクレジットが英語になっているが、これは原版が紛失したため外国版を使用したからである。キネマ旬報ベストテン第8位

安部公房自身による脚本は、1968年(昭和43年)、『キネマ旬報』3月下旬号に掲載。1986年(昭和61年)10月5日に創林社より刊行された『安部公房映画シナリオ選』に所収。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ラジオドラマ化[編集]

関連小説[編集]

  • 短編小説『カーブの向う』 
    • 1966年(昭和41年)、雑誌「中央公論」1月号に掲載。1988年(昭和63年)12月5日に新潮文庫より刊行の『カーブの向う・ユープケッチャ』に収録。
    • 本作を改稿したものが、『燃えつきた地図』の最終部分に挿入。

おもな刊行本[編集]

  • 『燃えつきた地図』(新潮社、1967年9月30日)
  • 文庫版『燃えつきた地図』(新潮文庫、1980年1月25日、改版2002年) 
  • 『安部公房 映画シナリオ選』(創林社、1986年10月5日)
    • 収録作品:壁あつき部屋、不良少年、砂の女他人の顔、燃えつきた地図
    • ※ 映画シナリオ版が所収。
  • 文庫版『カーブの向う・ユープケッチャ』(新潮文庫、1988年12月5日) 
  • 英文版『The Ruined Map』(訳:D.E. Saunders)(Tuttle classics、1970年)
  • 英文版『Beyond the Curve』(訳:Juliet Winters Carpenter)(Kodansha International、1991年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「カバー解説」(文庫版『燃えつきた地図』)(新潮文庫、1980年)
  2. ^ 「作品ノート21」(『安部公房全集 21 1967.04-1968.02』)(新潮社、1999年)
  3. ^ 安部公房『〈著者との対話〉通信社配信の談話記事』(名古屋タイムズ 1967年10月2日号に掲載)
  4. ^ 安部公房『著者の言葉――「燃えつきた地図」』(『燃えつきた地図』函表文)(新潮社、1967年)
  5. ^ 安部公房(佐々木基一勅使河原宏との座談会)『“燃えつきた地図”をめぐって』(『燃えつきた地図』付録)(新潮社、1967年)
  6. ^ a b c 安部公房『〈インタビュー 安部公房氏〉「」のインタビューに答えて』(波 1967年10月1日・第一巻第4号に掲載)
  7. ^ a b 三島由紀夫「推薦文」(『燃えつきた地図』函裏文)(新潮社、1967年)
  8. ^ ウィリアム・カリー『疎外の構造――安部公房・ベケットカフカの小説』(安西鉄雄訳)(新潮社、1965年)
  9. ^ a b c d e 徐洪『「燃えつきた地図」における反復表現』(広島大学近代文学研究会、2004年)

参考文献[編集]

  • 『安部公房全集 21 1967.04-1968.02』(新潮社、1999年)
  • 『安部公房全集 22 1968.02-1970.02』(新潮社、1999年)
  • 『安部公房全集 20 1966.01‐1967.04』(新潮社、1999年)
  • 『決定版 三島由紀夫全集第34巻・評論9』(新潮社、2003年)
  • 徐洪『「燃えつきた地図」における反復表現』(広島大学近代文学研究会、2004年) [1]
  • 波潟剛『安部公房「燃えつきた地図」論――作品内の読者、小説の読者、および同時代の読者をめぐって――』(筑波大学文学研究論、1997年) [2]