純文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

純文学(じゅんぶんがく)は、大衆小説に対して「娯楽性」よりも「芸術性」に重きを置いている小説を総称する、日本文学における用語。

日本の純文学[編集]

日本近代文学の始まりを告げた作品は,二葉亭四迷の『浮雲』(1887年 - 1889年)といわれる。言文一致による文体、近代人の苦悩を描いたテーマは,近代文学の体裁を整えたものであったが、二葉亭自身はその出来に満足せず、その後20年近く小説執筆から離れている。

日本の文学用語としての純文学は、明治時代1868年 - 1912年)の作家北村透谷評論『人生に相渉るとは何の謂ぞ』(「文学界」二号・1893年2月28日)において、「学問のための文章でなく美的形成に重点を置いた文学作品」として定義された。この時代の「純文学」という用語は、現在の「文学」という用語とほぼ同義であった。

日本における純文学が確立した明治時代後期には、現実の負の面を捉えた島崎藤村田山花袋島村抱月らの自然主義文学が文壇を席巻する。田山の『蒲団』(1907年)以降、日本の純文学の主流は、自分の周辺のことを書き連ねる私小説となったといわれる。一方、自然主義文学の先陣を切ったといわれる島崎の『破戒』(1906年)は部落問題を扱っており、長塚節の『土』(1912年)は農民の貧困を克明に描いたもので、日本の社会派小説の先駆けとも評価される。こういった社会問題への意識は後の白樺派の人道主義と一面では通底するものでもあり、プロレタリア文学へとつながっていくことにもなる。

明治末から大正1912年 - 1926年)にかけては、自然主義の暗さに反発して人道主義理想主義を掲げた、武者小路実篤志賀直哉有島武郎白樺派が登場する。志賀直哉が『城の崎にて』(1917年)を初めとする短編小説で示した、作為を排した写生文は、後の私小説の規範とされた。なお、明治後期から大正期には、反自然主義と目された高踏派森鴎外や、余裕派夏目漱石が、物語性に富んだ傑作を残し、鴎外・漱石の両名の作品は、後に日本文学の規範と見なされるようになった。

反自然主義のもう一つの流れとして、耽美派永井荷風谷崎潤一郎らがおり(ただし永井は初期には自然主義作家と目されていた)、彼らは江戸文芸や大正モダニズムに取材した豊かな物語性を持つ作品を多く手がけた。谷崎の陰影に富んだ文体は、森鴎外に代表される簡勁な表現と対極的ではあるが、鴎外と並んで魅力的な日本語の文章のひとつの極致であるともいわれる。

大正末期から昭和1926年 - 1989年)の初めにかけては、新現実主義と称された芥川龍之介が、『文芸的な、余りに文芸的な』(「改造1927年4~8月)において、「“筋の面白さ”は、小説の芸術的価値とは関係しない」と主張し、「筋の面白さこそが、小説という形式の特権である」とする谷崎潤一郎と対立する。この頃から、大衆小説が広く読まれるようになった。芸術性重視の作家たちは、大衆小説との差別化を図るために、自らを純文学と定義するようになった。こうして、現在の意味と同じ「純文学」という用語が定着した。

昭和初期には、川端康成横光利一新感覚派が一世を風靡し、その後の日本語の文体に大きな影響を与えた。横光はアンドレ・ジッドを初めとする海外文学への感銘から、『純粋小説論』(「改造」1935年4月)を著し、純文学のリアリズムへの偏向を批判し、純文学のリアリズムと大衆小説の創造性の止揚である純粋小説の概念を説いた。

第二次世界大戦直後は、世相の混乱を背景に、太宰治石川淳坂口安吾らが無頼派の作家として脚光を浴び、野間宏武田泰淳らが戦争体験を背景にした第一次戦後派作家として登場した。また、大岡昇平らの第二次戦後派作家は、本格的なヨーロッパ風長編小説を指向し、従来の私小説伝統とは一線を画した文学を提唱した。

高度経済成長期には、戦後耽美派の三島由紀夫カフカ不条理文学の影響を受けた安部公房サルトル実存主義の影響を受けた大江健三郎らの作家が活躍した。1956年芥川賞を受賞した石原慎太郎の『太陽の季節』(1955年)は、賛否両論の話題を呼び、芥川賞が華々しい存在となるきっかけを作った。石原や三島はマスメディアに多く登場し、作家のタレント文化人化の先駆けとなった。また、安岡章太郎吉行淳之介第三の新人は、私小説の伝統に連なる短編小説作品を多く手がけ、私小説の再評価につながった。

概ね20世紀前半には、大衆小説と純文学を書く作家は棲み分けがなされていた。純文学出身ながら大衆文芸も積極的に執筆した谷崎潤一郎や永井荷風といった例は存在したものの、逆に大衆小説出身で純文学に進出した作家はほぼ皆無であった。しかし20世紀後半に入ってからは、多くの純文学作家がSF・推理小説・伝奇小説などのジャンル小説の手法を取り入れ、物語性を追求した作品を上梓する一方で、井上ひさし筒井康隆らの大衆作家が積極的に純文学の手法を用いるなど、両者の区分は極めて曖昧になりつつある。

団塊の世代の主要な純文学作家としては、中上健次津島佑子村上春樹村上龍高橋源一郎らの名前が挙げられる。ポスト団塊の世代の純文学作家では、島田雅彦山田詠美小川洋子川上弘美らが高い評価を得ている。

純文学を代表する作家と作品[編集]

日本文学を代表する純文学作家と、その作家が文学史に残した純文学の名作・秀作。小説を中心とし、一部に戯曲・評論などを含んでいる。詩歌俳句は除外。年代分けは作家として認知された時期であり、代表作の発表年はそれ以後となることに注意。また、1880年代〜1890年代は日本における純文学の確立以前の時期であり、(後の純文学に影響を及ぼしたものの)純文学作家とは言い難い作家も含んでいる。

1880年代[編集]

1890年代[編集]

1900年代[編集]

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

日本の主な純文学誌[編集]

日本の主な公募の純文学新人賞[編集]

日本の主な純文学賞[編集]

終了した文学賞と公募の新人賞は含まない。

関連項目[編集]