阿部豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mystic Faces (1918)

阿部 豊(あべ ゆたか、明治28年(1895年2月2日 - 昭和52年(1977年1月3日)は、ハリウッド無声映画期の俳優、また日本映画監督

来歴[編集]

宮城県桃生郡矢本町(現在の東松島市)の出身。1912年ロサンゼルス在住の叔父をたよって渡米。演劇学校を経て、ハリウッドに渡る。

数々の映画にエキストラ出演するうちに、早川雪洲ら米国在住の日本人俳優と交流するようになり、早川の薦めでセシル・B・デミル監督の『チート』で本格的に映画デビュー。「ジャック・アベ」、「ジャック・ユタカ・アベ」の芸名で、ハリウッド映画で活躍。トーマス・H・インスThomas H. Ince)、フランク・ボーゼイジFrank Borzage)の両監督からは演出術を学び、映画監督になるべく帰国。

大正14年(1925年)に日活大将軍撮影所に入社して『母校の為めに』で監督デビューする。翌大正15年(1926年)にはハリウッドのソフィスティケート・コメディを日本映画に移植した『足にさはった女』を制作して、日本映画に新風を吹き込んだ。

太平洋戦争中は東宝で活躍し、円谷英二の特撮を存分に生かした『燃ゆる大空』、『南海の花束』、『あの旗を撃て』などの国策戦争映画に辣腕を奮う。

終戦直後の昭和23年(1948年)には、久板栄二郎の脚本により島崎藤村の『破戒』映画化に挑む。久しく俳優業から遠ざかっていた池部良を主演に迎え、市川崑大日方伝なども参加したこの作品は、日本映画の復活を目指したものだったが、同年発生した東宝争議によって映画化は頓挫する[1]。これによって阿部は東宝に見切りをつけ、新東宝に移籍することとなった。

新東宝では『細雪』などの女性映画に才能を発揮する一方、戦後史もの『私はシベリヤの捕虜だった』や大作『戦艦大和』などの戦争映画も手掛ける。また撮影3日目で病気降板した佐分利信監督の後を継いで、二・二六事件の初映画化である『叛乱』の監督も担当している。終戦時の宮城事件を描いた昭和29年(1954年)の『日本敗れず』では、自らプロデューサーもこなし、早川雪洲に阿南惟幾陸相役(映画での役名は川浪陸相)をオファーした。

日活が製作再開すると同社に戻り、小林旭主演の『二連銃の鉄』などのヒット作を量産した。

人物・エピソード[編集]

アメリカ帰りで「ジャック・アベ」の芸名があり、映画人仲間からは「阿部ジャッキー」と呼ばれていた。

昭和16年12月8日、マキノ雅弘はロケ先で小国英雄に誘われ、初めてゴルフに出かけたが、マキノが打つと阿部が「ナイスショット!」と大声を出して近づいてきた。マキノは意味が分からなかったので挨拶がてら尋ねてみると「うまい打ち方で、よく飛んだってこと」と阿部が教えてくれた。そのまま三人でゴルフを楽しんだが妙に人がおらず、三人でライスカレーを食べているときにはゴルフ場の人たちが変な目つきで見てきた。阿部ら三人は首をかしげていたが、帰り道で号外を拾って読んでみて、日本が米国に宣戦布告したことを初めて知ってびっくりしたという[2]

作品[編集]

出演[編集]

  • チート-The Cheat (1915)
  • Her American Husband (1918)
  • Who Is to Blame? (1918)
  • Mystic Faces (1918)
  • The Pagan God (1919)
  • The Tong Man (1919)
  • The Willow Tree (1920)
  • What Ho, the Cook (1921)
  • A Tale of Two Worlds (1921)
  • Lotus Blossom (1921)

監督[編集]

Category:阿部豊の監督映画

  • 『母校の為めに』 : 1925年
  • 『覇者の心』 : 1925年
  • 『小品映画集 パン』 : 1925年
  • 『新生の愛光』 : 1926年
  • 『女房可愛や』 : 1926年
  • 『雪辱の日』 : 1926年
  • 『京子と倭文子』 : 1926年
  • 『世界の智恵者』 : 1926年
  • 陸の人魚』 : 1926年
  • 足にさはつた女』 : 1926年
  • 『新日本島』 : 1926年
  • 彼を繞る五人の女』 : 1927年
  • 『旅芸人』 : 1927年
  • 『人形の家』 : 1927年
  • 『屍は語らず』 : 1927年
  • 『結婚二重奏』 : 1928年 - 補導
  • 『花嫁花婿再婚記』 : 1928年
  • 『地球は廻る 第二部 現代篇』 : 1928年
  • 『母いづこ』 : 1928年
  • 『競艶女さまざま』 : 1929年
  • 『からたちの花』 : 1929年
  • 『蒼白き薔薇』 : 1929年
  • 『非常警戒』 : 1929年
  • 『女性誉』 : 1930年
  • 『日本晴れ』 : 1930年
  • 『母三人』 : 1930年
  • 『日活オンパレード』 : 1930年
  • 『日活アラモード』 : 1931年
  • 『ゴールイン』 : 1931年
  • 『天国の波止場』 : 1932年
  • 『もだん聖書 当世立志読本巻一』 : 1932年
  • 『光・罪と共に』 : 1933年
  • 『須磨の仇浪』 : 1933年
  • 『新しき天 前後篇』 : 1933年
  • 『心の波止場』 : 1934年
  • 『鉄の街』 : 1934年
  • 『若夫婦試験別居』 : 1934年
  • 『多情仏心』 : 1934年
  • 『日像月像』 : 1935年
  • 『海国大日本』 : 1935年
  • 緑の地平線 前後篇』 : 1935年
  • 『白衣の佳人』 : 1936年
  • 『恋愛と結婚の書 恋愛篇・結婚篇』 : 1936年
  • 『十字砲火』 : 1937年
  • 『太陽の子』 : 1938年
  • 『吾亦紅 前篇』 : 1939年
  • 『吾亦紅 後篇 戦野に咲く』 : 1939年
  • 『ロッパの頬白先生』 : 1939年
  • 『女の教室・学校の巻 七つの俤』 : 1939年
  • 『子供と兵隊』 : 1939年
  • 『女の教室 中・後篇』 : 1939年
  • 燃ゆる大空』 : 1940年
  • 南海の花束』 : 1942年
  • あの旗を撃て コレヒドールの最後Fire on that Flag: The End of Corregidor : 1944年
  • 『歌へ! 太陽』 : 1945年
  • 『僕の父さん』 : 1946年
  • 『愛よ星と共に』 : 1947年
  • 破戒』 : 1948年 - 未映画化
  • 『天の夕顔』 : 1948年
  • 『流星』 : 1949年
  • 『大都会の顔』 : 1949年
  • 細雪』 : 1950年
  • 『愛染香』 : 1950年
  • 『覗かれた足』 : 1951年
  • 『月よりの母』 : 1951年
  • 『大空の誓い』 : 1952年
  • 私はシベリヤの捕虜だった』 : 1952年
  • 『乙女の本能 ボート8人娘』 : 1952年
  • 『女といふ城 マリの巻・夕子の巻』 : 1953年
  • 『恋人のいる街』 : 1953年
  • 戦艦大和』 : 1953年
  • 叛乱』 : 1954年 - 佐分利信の後継監督
  • 『春色お伝の方』 : 1954年
  • 日本敗れず』 : 1954年
  • 青春怪談』 : 1955年
  • 『花真珠』 : 1955年
  • 『第8監房』 : 1956年
  • 『色ざんげ』 : 1956年
  • 『肉体の密輸』 : 1956年
  • 『最後の突撃』 : 1957年
  • 『マダム』 : 1957年
  • 『素足の娘』 : 1957年
  • 『雌花』 : 1957年
  • 『春泥尼』 : 1958年
  • 『運河』 : 1958年
  • 『銀座の砂漠』 : 1958年
  • 『大阪の風』 : 1958年
  • 『仮面の女』 : 1959年
  • 『二連銃の鉄』 : 1959年
  • 『浮気の季節』 : 1959年
  • 『傷だらけの掟』 : 1960年
  • 『静かな脱獄者』 : 1960年
  • 『大出世物語』 : 1961年
  • 『いのちの朝』 : 1961年

脚注[編集]

  1. ^ なお、この映画化は松竹が受け継ぐこととなり、木下惠介監督により完成された。
  2. ^ 『映画渡世・地の巻 マキノ雅弘伝』(マキノ雅弘、平凡社)