ブラックボード (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックボード
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
製作 高島道吉
遠藤雅也
新藤次郎(新藤兼人の息子)
出演者 辻輝猛
乙羽信子
佐野量子
宅麻伸
音楽 林光
撮影 三宅義行
編集 近藤光雄
製作会社 地域文化推進の会
電通
配給 近代映画協会
公開 日本の旗 1986年9月17日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ブラックボード』は、1986年制作の日本映画新藤兼人監督がいじめ問題を描いた作品。

劇中、合間に評論家の言葉を挿入するという手法をとっている。佐野量子が演じる生徒が、休憩時間中にトイレに行かせてもらえず、授業中に失禁するシーンや茶巾縛りスカートをめくられて下着を丸出しで縛られる)されるシーン[1]、教師(川上麻衣子)がレイプされそうになるシーンなどの過激な描写が話題となった。また、主演の辻輝猛はこれがデビュー作である。

いとしのエリー』や『そんなヒロシに騙されて』など、サザンオールスターズの曲が全編に流れている。

あらすじ[編集]

ある初夏の日、川底から1人の少年の死体が発見される。被害者は中学3年生の安井猛と判明。

警察の捜査の結果、猛の同級生である槙田五郎と杉原義夫が猛殺害の犯人として逮捕される。世間は騒然となり、彼らの通う中学校にはマスコミが大挙して押し寄せる。

五郎と義夫はあっさりと犯行を認めるが、その後、新聞記者の三上の調べによって、猛の2人に対するすさまじいいじめの実態が明らかとなる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 白い下着は佐野の自前で5枚を重ね履きしていた。佐野は演出だと分かっていても、やはりスカートをめくられることは屈辱的であり、劇中で見せた顔は「本当に恥ずかしくて、嫌がっていた」。カットの声が掛かった後も、暫くは悲しい感情のまま泣いていたという。
  2. ^ 主演・辻輝猛の実父。

外部リンク[編集]