こゝろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こゝろ
作者 夏目漱石
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 新聞連載
初出 朝日新聞
1914年4月20日-8月11日
刊行 1914年9月、岩波書店
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

こゝろ』(こころ)とは、夏目漱石の長編小説。友情恋愛の板ばさみになりながらも結局は友人より、恋人を取ったために罪悪感に苛まれた「先生」からの遺書を通して、明治高等遊民の利己を書く。漱石の代表作の一つ。1914年大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された[1]。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の出版物である[2]

連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された[3]

背景[編集]

漱石が乃木希典殉死に影響を受け執筆した作品である。後期三部作とされる前作『彼岸過迄』『行人』と同様に、人間の深いところにあるエゴイズムと、人間としての倫理観との葛藤が表現されている。明治天皇崩御、乃木大将の殉死に象徴される時代の変化によって、「明治の精神」が批判されることを予測した漱石は、大正という新しい時代を生きるために「先生」を「明治の精神」に殉死させる。

元々、漱石は色々な短編を書き、それらを『心』という題で統一するつもりだった。しかし、第1話であるはずの短編「先生の遺書」が長引きそうになったため、その一編だけを三部構成にして出版することにし、題名は『心』と元のままにしておいたと、単行本の序文に記されている[4]

あらすじ[編集]

上 先生と私[編集]

語り手は「私」。時は明治末期。夏休みに鎌倉由比ヶ浜に海水浴に来ていた「私」は、同じく来ていた「先生」と出会い、交流を始め、東京に帰った後も先生の家に出入りするようになる。先生は奥さんと静かに暮らしていた。毎月、雑司ヶ谷にある友達の墓に墓参りする。先生は私に何度も謎めいた、そして教訓めいたことを言う。私は、先生に過去を打ち明けるように迫ったところ、来るべき時に過去を話すことを約束した。私は、くにの父の病気の経過がよくないという手紙を受け取り、帰省する。そして正月すぎに東京に戻る。大学を卒業し、帰省する。

中 両親と私[編集]

語り手は「私」。腎臓病が重かった父親は、ますます健康を損ない、私は東京へ帰る日を延ばした。実家に親類が集まり、父の容態がいよいよ危なくなってきたところへ、先生から分厚い手紙が届く。手紙が先生の遺書だと気づいた私は、東京行きの汽車に飛び乗った。

下 先生と遺書[編集]

「先生」の手紙。「先生」の手紙には謎に包まれた彼の過去が綴られていた。「K」や「お嬢さん」らとの関係とその顛末、「先生」が「私」に語った謎めいた言葉たちの真相が明かされる。

登場人物[編集]

「上 先生と私」「中 両親と私」の語り手。田舎に両親を持つ学生。父が大病を患っている。
先生
仕事に就かず、東京に妻とひっそり暮らしている。故郷は新潟。「下 先生と遺書」で「私」として自分の生き様を語っている。
先生の妻
先生から「静」と呼ばれている。「下」の前半部分では「お嬢さん」と書かれている。
先生の妻の母
軍人の妻で、物語では既に物故者。「下」の前半部分では「奥さん」と書かれている。
K
「下」に登場する、先生と同じ大学の学生。故郷も先生と同じで、同じ下宿にいる。浄土真宗の僧侶の息子。「先生」に裏切られて失恋し、言いようのない寂しさの末自殺する。

関連作品[編集]

映像化[編集]

漫画化[編集]

舞台化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 初版本の装丁は背表紙が「こゝろ'」、収める箱の背は「心」、100年記念の特装版の題は、漱石が書いた序文の表記に合わせて、漢字ひと文字の「心」に決めた(「フロントランナー 祖父江慎朝日新聞2014年9月27日)。「漱石」というペンネームも言い間違いから生まれているようにへそ曲がりで、その根底には「正しさへの疑い」がある。
  2. ^ 写真でみる岩波書店”. 2014年4月閲覧。
  3. ^ 夏目漱石「こころ」20日から連載 月~金曜日のオピニオン面 朝日新聞連載100年”. 2014年4月閲覧。
  4. ^ なお、序文では『心』と表記されているが、それ以外は全て「こゝろ」という表記で統一されている。序文の内容は、外部リンク『心』自序を参照。

外部リンク[編集]