明暗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明暗』(めいあん)は夏目漱石の長編小説。「朝日新聞」に大正5年(1916年5月26日から同年12月14日まで連載され、作者病没のため188回までで未完となった。大正6年(1917年)に岩波書店から刊行。

円満とはいえない夫婦関係を軸に、人間の利己(エゴイズム)を追った近代小説。漱石の小説中最長の作品である。また則天去私の境地を描こうとした作品とも解されている。本作品が他の漱石作品にない特徴として、さまざまな人の視点から書かれている点、特に女性の視点から書かれているという点がある。

あらすじ[編集]

会社員の津田由雄は、持病である痔の治療のための手術費の工面に迫られていた。だが、親は不義理のために金を出すのに難渋し、妹のお秀から責められる。

由雄には、勤め先の社長の仲立ちで結婚したお延という妻がいるが、お秀はこれを嫌っている。お延は津田に愛されようと努力するが、夫婦関係はどこかぎくしゃくしている。津田にはかつて清子という恋人がいたが、あっさり捨てられ、今は人妻である。お延にはこのことを隠している。

お延の叔父岡本の好意で、津田の入院費を工面してくれることになった。津田の入院先に、かつて清子を津田に紹介した吉川夫人が現れる。夫人は、清子が流産し湯治していることを話し、清子に会いに行くように勧める。

津田は結局一人で温泉へ行き、その宿で清子と再会する。清子は驚くが、翌朝津田を自分の部屋に招き入れる。

登場人物[編集]

津田由雄
主人公。30歳の会社勤め。
お延
津田の妻。まだ新婚だが、夫に愛されているか疑問を持つ。京都出身で、岡本の家から女学校に通っていた。
お秀
津田の妹。
吉川夫人
津田の会社の上司の妻。津田に清子を紹介、後にお延を紹介する。
岡本
お延の伯母・お住の夫。
藤井
津田の叔父。子に真弓、真事らがいる。
小林
津田の旧友。津田の傲慢さを指摘する。
清子
かつて津田と愛し合った仲。1年ほど前に別れ、関という男と結婚した。

関連作品[編集]

外部リンク[編集]