井上梅次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いのうえ うめつぐ
井上 梅次
本名 井上 梅次(同じ)
生年月日 1923年5月31日
没年月日 2010年2月11日(満86歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市下京区
死没地 日本の旗 日本 東京都港区
職業 映画監督脚本家作詞家
ジャンル アクション
活動期間 1952年 - 2010年
配偶者 月丘夢路1958年 - 2010年死別)
家族 長女(井上絵美)、次女

井上 梅次(いのうえ うめつぐ、1923年5月31日 - 2010年2月11日)は、日本の映画監督脚本家作詞家である。

来歴[編集]

京都市生まれ。慶應義塾大学経済学部に入学するも、1943年応召、1945年復学。卒業後、1947年新東宝に入社。自作の脚本を盛んに売り込み、1952年、わずか5年で『恋の応援団長』で監督に昇進。1955年、日活に移籍。当時売り出し中の石原裕次郎の映画を担当し、『嵐を呼ぶ男』が大ヒット。裕次郎は大スターとしての地位を確立した。1960年フリーになり、新東宝、日活以外の邦画四社で活躍。井上は邦画六社で監督をしたことになるが、日本だけでなく、ショウ・ブラザーズに呼ばれ、香港でも映画を撮る。邦画界全盛期にプログラムピクチャーを手掛けていただけあって、その監督作品数は戦後の映画監督としては、日本一である。また劇場用映画だけでなく、テレビドラマの監督も多数務めた。なお、日本の映画監督としては初めて、スタジオ撮影によるテレビドラマ(テレビ映画を除く)を監督した人物でもある。

2010年2月11日脳出血で死去。

人物・エピソード[編集]

夫人は女優月丘夢路、娘は料理研究家の井上絵美、義妹は女優月丘千秋月丘洋子

夫人の月丘夢路がジャニー喜多川と親交があったことから、近藤真彦主演の『嵐を呼ぶ男』のリメイクなど、1980年代のアイドル映画隆盛期にジャニーズ事務所所属タレント主演映画でも、幾つかメガホンを採っている。

また日本国内に留まらず、1970年代香港でも何作もアイドル映画の監督を務めており、東南アジアの映画や芸能の発展にも功績を残し、『早撮り』『職人監督』の国際的評価を得た。

井上の下で助監督を務めた湯浅憲明によると、「映画監督は『一つのシーンを撮るのにどれだけの費用や時間がかかるか』の計算が出来なければならない」が持論であり、当初のイメージ通り撮影する事が予算や時間の制約で無理と判ると、即座に制約の中で可能なイメージを追求する柔軟性を持っていた。湯浅は大映初の特撮怪獣映画『大怪獣ガメラ』を監督した際の、映画の組み立て理論においてこれが大いに役立ったとして、「『大怪獣ガメラ』の陰の産みの親は井上先生だ」と回顧している[1]

大学に招かれ講演した際、テレフィーチャー『江戸川乱歩の美女シリーズ』について「大事なことは(視聴者にチャンネルを変えさせないよう)9時55分に女の裸を出すことです」と述べた[要出典]

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ガメラを創った男―評伝 映画監督・湯浅憲明』(アスペクト)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]