路傍の石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

路傍の石』(ろぼうのいし)は、山本有三の代表的な小説である。1937年に『朝日新聞』に連載。翌1938年には『主婦の友』に「新篇」として連載。しかし、当時の時代背景の影響(検閲など)もあり、1940年に山本は断筆を決意。最終的には未完に終わった。

東京帝國大学ドイツ語専攻した山本は、当時ドイツで流行した教養小説の影響を受けてこの作品を書いたとされる。大正期の社会主義個人主義の対立を背景に据えていることも、重要なポイントである。

吾一の生き様は、山本自身の生い立ちと重なる部分も多いが、本人はそれを否定しており、実際、細部において山本の生き方とは異なる。

近年では、いわゆる機能不全家族アダルトチルドレン)との関連で、一部で再び評価されつつある。

戦前、戦後を含め4回に亘り映画化された。

あらすじ[編集]

時は明治時代の中期。尋常小学校6年生の愛川吾一は成績優秀で度胸もあり、担任の教師・次野に何かと目をかけられていた。しかし吾一の家では没落士族の父・庄吾がろくに働きもせず山林の所有権をめぐる裁判や自由民権運動に入れあげ、母・おれんが封筒貼りや仕立物の内職でようやく生計を立てている状態。成績優秀な吾一だが、経済的な事情から旧制中学校への進学は諦めざるを得なかった。それを見かねた近所の書店の主人で慶應義塾出身の黒川が学費援助を申し出るが、プライドだけは高く、さらにおれんと黒川の関係を疑う父にはねつけられてしまう。 結局、小学校を卒業した吾一は父親の借金のカタとして、街一番の呉服商・伊勢屋に丁稚奉公に出される。主人や番頭と対面するなり、「吾一」の名前が読みにくいからと「五助」に改名させられた吾一は、主人の機嫌を損ねて辛く当たられ、先輩にいじめられ、辛い奉公生活をおくる。伊勢屋の息子は元同級生で劣等生の秋太郎、娘は吾一の初恋の人・おきぬだったが、今では彼を見下げてやはり辛く当たるのだった。劣等生だが金の力で中学校に進学した秋太郎の登下校を、吾一はうらめしげに眺める。そんな中、母・おれんが生活苦の中、心臓発作で急死。母を失ったが、故郷へのしがらみが無くなった彼は東京にいるという父を頼り、伊勢屋から逃亡。上京して父が住むという本郷区根津の下宿屋を訪ねるが、そこで待っていたのは更なる試練だった。

出版[編集]

映画[編集]

1938年版[編集]

1938年公開。日活製作。この作品は文部省推薦映画の第1号に指定されており、キネマ旬報ベストテンでは1938年度の第2位に入っている。

キャスト[編集]

  • 愛川吾一:片山明彦
  • 愛川庄吾:山本礼三郎
  • 愛川おれん:滝花久子
  • 稲葉屋黒子泰吉:井染四郎
  • おせい:吉田一子
  • 久美田住江:沢村貞子
  • 久美田加津子:松平富美子
  • 伊勢屋主人喜兵衛:吉井莞象
  • 番頭忠助:見明凡太郎
  • お糸:三井智恵子
  • 染物屋京屋:上代勇吉
  • 仕立屋河銀:井上敏正
  • 梅原一郎:潮万太郎
  • 福谷麻太郎:三島鉄男
  • おぬい:星美千子
  • 栗村鏡造:須田大三
  • 山田咲二:飛田喜佐雄
  • 次野立夫:小杉勇
  • 熊方信義:江川宇礼雄

スタッフ[編集]

  • 監督:田坂具隆
  • 脚色:荒牧芳郎
  • 音楽:中川栄三

1955年版[編集]

1955年公開。松竹大船製作・配給。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:原研吉
  • 脚本:池田忠雄
  • 音楽:加藤光男

1960年版[編集]

1960年5月15日公開。製作は東京映画、配給は東宝。併映は「エラブの海」「オランウータンの知恵」(双方とも記録映画)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1964年版[編集]

1964年6月14日公開。製作は東映。併映は「おふくろ」と、「狼少年ケン・月夜の出来事」(TVブローアップ版)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1966年にNHKで連続ドラマとして放送された。出演は花森常雄冨田浩太郎ら。

テレビアニメ[編集]

1986年、日本テレビの「青春アニメ全集」の枠でアニメ化された。前編「中学志望」、後編「つらい日々」の2話からなる。声の出演は鳥海勝美(愛川吾一)、池田秀一(次野先生)、宗形智子(愛川れん)、小磯勝弥(秋太郎)ら。

関連項目[編集]