荻上直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おぎがみ なおこ
荻上 直子
生年月日 1972年2月15日(42歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県
職業 映画監督
主な作品
映画

かもめ食堂
めがね (映画)
トイレット

荻上 直子(おぎがみ なおこ、1972年2月15日 - )は、日本映画監督千葉県出身。

千葉大学工学部画像工学科を卒業後1994年に渡米。南カリフォルニア大学大学院映画学科で映画製作を学び、2000年に帰国。2001年自主製作映画『星ノくん・夢ノくん』が2001年度ぴあフィルムフェスティバルで音楽賞を受賞。

スカラシップ作品の権利を得て、長編劇場デビュー作『バーバー吉野』(2003年)を発表。ベルリン映画祭児童映画部門特別賞を受賞。

愛媛県松山市で実際に毎年開催されている俳句甲子園に出場する高校生達を描いた青春物『恋は五・七・五!』(2004年)を経て、フィンランドヘルシンキオールロケ、アキ・カウリスマキ監督『過去のない男』の主演だったマルック・ペルトラも顔を出した『かもめ食堂』(2006年)を発表し、大ヒットさせる。更にその後日談的CMが同ロケ、同スタッフによって制作された事で話題になった。

小林聡美もたいまさこの『やっぱり猫が好き』ゆかりの2人が共に荻上作品の常連ということもあってか、2005年には『やっぱり猫が好き2005』の脚本を手がけている。小林、もたいコンビが再び主演した新作『めがね』(2007年)も、興行的に成功した。第27回藤本賞の特別賞、及び第34回山路ふみ子文化賞を受賞した。

2010年8月には第1小説集となる『モリオ』(光文社)を発表。2011年、『トイレット』で芸術選奨新人賞映画部門を受賞。2012年、文化庁新進芸術家派遣制度によりニューヨークに留学した[1]。同年、『レンタネコ』でベルリン映画祭パノラマ部門出品、ストックホルム映画祭コンペティション部門ノミネート。

映画作品[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 常に満足出来ないから、次の映画が生まれる”. Tokyo Art Navigation. 2014年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]