巣鴨子供置き去り事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

巣鴨子供置き去り事件(すがもこどもおきさりじけん)は東京都豊島区1988年に発覚した保護責任者遺棄事件。父親が蒸発後、母親も4人の子供を置いて家を出ていき、金銭的な援助等を続けていたとはいえ実質育児放棄状態に置いた。

経緯[編集]

  • 1973年頃、長男(第一子)誕生。のちに長男が就学年齢に達しても案内が来なかった。母親が出生届が出していなかったことが判明する。
  • 1981年頃、長女(第二子)誕生。
  • 1984年頃、次男(第三子)が生まれるが、生後間もなく死亡。
  • 1985年頃、次女(第四子)誕生。
  • 1986年頃、三女(第五子)誕生。
  • 1987年秋頃、恋人と同棲するために母親が兄弟の世話を、第一子の長男に任せ家を出る。母親は生活費として数万円を送金し、時折様子を見に来ていた。
  • 1988年
    • 4月、三女(当時2歳)が長男の遊び友達らから暴行を受け死亡。
    • 7月17日、大家からの不良の溜まり場になっているとの通報を受け、巣鴨署員がマンションの一室を調べたところ、長男(推定14歳~15歳。以下同)、長女(7歳)、次女(3歳)の三人と、白骨化した乳児(次男)の遺体が発見された。親の姿はなかった。
    • 長女、次女は衰弱していたため、翌18日、福祉事務所に預けられた。
    • 長男から事情を聞くが、あいまいな点が多く、また長女の供述から、長男が兄弟の面倒を見ていたらしいことがわかる。長男らはコンビニ弁当などのジャンクフードで生活していたため、栄養失調に陥っていた。
    • 長男らの出生届が出されていないことがマスコミで報じられる。長男は昼間ぶらぶらしていることが多く、不審に思った大人たちから「どこの小学校に行っているの?」と聞かれると、常に「立教小学校」と答えていた。母親からそのように答えるよう指導されていたのである。
    • 23日、テレビのニュースで事件を知った母親が出頭。母親の証言から、9ヶ月前に家を出ていたこと、三女(2歳)が失踪していることが判明。
    • 25日、長男の証言により、三女が長男の遊び友達の暴行を受け死亡しており、遺体は秩父市内の雑木林に埋められたことがわかる。
    • 8月、母親が保護責任者遺棄致死の罪で逮捕、起訴され、「懲役3年、執行猶予4年」の有罪判決を受ける。長男は三女の死にかかわっていたとされ、傷害致死ならびに死体遺棄で起訴されるが、状況を考慮され、養護施設に送られる。
  • 事件後、長女と次女は母親に引き取られたが、長男に関しては消息が不明。

関連項目[編集]

  • 誰も知らない - この事件をモチーフに作られた映画。長男は兄弟思いの優しい少年として描かれている。