アークザラッド 精霊の黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アークザラッド 精霊の黄昏
ゲーム
ゲームジャンル シミュレーションRPG
対応機種 PlayStation 2
開発元 キャトルコール
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
メディア DVD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2003年3月20日
レイティング CERO:A(全年齢対象)
音楽フォーマット S-FORCE
デバイス DUALSHOCK2
テンプレート - ノート

アークザラッド 精霊の黄昏』(アークザラッド せいれいのたそがれ、Arc The Lad : Twilight of the Spirits)はキャトルコール(Cattle Call)制作のシミュレーションRPGアークザラッドシリーズの第5弾となる。2003年3月20日PlayStation 2専用ソフトとしてソニー・コンピュータエンタテインメントから通常版とプレミアムBOXが発売された。

概要[編集]

アークザラッドIII』からおよそ1000年後の世界が舞台。

人間と魔族という対立する二つの種族をめぐる物語で、「正義とは何か」を問い、相反する二つの世界の共生は可能か? という問題をテーマにしている。

従来のシリーズと異なるシステムとして、人間側の主人公カーグ、魔族側の主人公ダークの物語を交互にプレイするザッピング形式を採用している。また、シナリオを重視している制作形式から、AVGの要素を含んだ側面がある。

システム[編集]

特殊能力と精霊石[編集]

この作品では人間側のキャラクターは「特技」、魔族側のキャラクターは「魔力」という名称の特殊能力を用いる。この作品の時代では既に、かつてのような特殊能力を自らの能力によって使う者は絶えており、精霊の力がこもった「精霊石」の力を借りて特殊能力を使用する。この精霊石は、バトルにおいて他のRPGにおけるマジックポイント(MP)の代わりともいえるものであり、決まった数だけ各キャラが持ち運べるアイテム扱いである。使用する特殊能力ごとに決まった数の精霊石を消費し、バトル中に精霊石を使い果たしてしまうと特殊能力は使えなくなる。またアイテム扱いゆえに、休息などによって取り戻すことはできず、他のアイテム同様に自分で補充しなければならない。

装備品[編集]

この作品の時代には、資源が枯渇しており、武器そのものを新しく手に入れ交換することはできない。その代わりに、武器の強化効果を持つものや防御能力を上げるパーツを武器に最大3つまで付加することができる。武器パーツとは別にアクセサリーも身につけることができる。

登場キャラクター[編集]

人間側[編集]

カーグ・メレオル・ニーデリア(Kharg) 声優野島健児
年齢:17歳 出身地:ニーデリア 武器:剣
人間編主人公。ニーデリア国の首都、ユーベルの町に母親と住んでいる少年。
旧ニーデリア王家の子息として、敬意と愛情を充分に注がれて成長した。
現在は、町の防衛活動に率先して参加している。
勇気と優しさに富み、子供の頃からリーダーとしての資質を持つが、容易に他人を信じてしまう一面も。
緊張したり不安になると腕の痣を触る癖がある。
ポーレット・ヴァン・ロイド(Paulet) 声優:雪乃五月
年齢:18歳 出身地:ニーデリア 武器:ワイヤーの付いたナイフ
旧ニーデリア王家の代々護衛してきたグラウス家の一人娘。
幼き頃より、カーグを守るために行動を共にしてきた。
彼女自身は、カーグに対して幼なじみ以上の感情をもっているようだが、なかなか気に掛けてもらえずむくれる一面も。
控えめで面倒見が良く、忍耐も強い。
ユマルノ・アルル・コ・ドバト・ミルマ(マル)(Maru) 声優:芝原チヤコ
年齢:13歳 出身地:ミルマーナ 武器:弓矢
たった一人、人里離れた森で狩をして暮らしてきた野生児。
カーグと出会い、友達ができた嬉しさに、強引に仲間になろうとする。
手にした武器や防具共に、どこかで拾ったようなものばかり…。
本人曰く、実は某国の王子であるということだが、誰にも信用されない。
ひょうきんで、喜怒哀楽が激しいお調子者。
チームのムードメーカー。
ガンツ・ベル・ルービン(Ganz) 声優:中田譲治
年齢:26歳 出身地:不明 武器:斧
頑強ば巨体と戦闘能力の高さで、抜群の戦歴をもつ元傭兵。
「本当に守りたいもの」を探すために戦場を離れる。
口数が少なく無愛想だが、小鳥や自然を愛する温和な面も持つ。
時おり発する一言は、聞くものをドキリとさせたり、考えさせたりする。
タチアナ・モニカ・カーロフ(Tatiyana) 声優:勝生真沙子
年齢:25歳 出身地:ディルズバルド 武器:銃
不遇な少女時代に、ダッカムによって才能を見出され、英才教育を受けた過去をもつ。
ディルズバルド軍科学チームの配属となり、精霊石の研究に従事した後、特務部隊でダッカムの片腕となって働く。
自分を重用してくれたダッカムへの忠誠心は強く、彼の命令ならば、どんな任務でも非情・冷酷に徹して遺り遂げようとする。
リリア・レギーナ・エルゴ(Lilia) 声優:柚木涼香
年齢:17歳 出身地:不明
ヒロイン。民族楽器オルティナを弾く少女。
ある目的から流浪の日々を送る中、カーグと知り合い、互いに大きく影響を与え合うようになる。
どんな過酷な状況に陥っても、希望を捨てない凛々しさと、荒んだ魔族の心さえも癒してしまう優しさを併せ持つ。
彼女の目的は、物語を紐解く中で、徐々に明らかになっていく。
ダッカム・エキド・ナ・バルド(Dakkam) 声優:石塚運昇
年齢:46歳 出身地:ディルズバルド 武器:剣
独裁軍事国家ディルズバルド皇帝。
「精霊石」を集め、その神秘の力で世界を支配せんと画策している。
各地に侵攻し、残虐行為を繰り返し、世界を恐怖に陥れている。
権謀術策に長け、冷静無比、目的のためには手段を選ばない。
邪悪ながらも、知性を感じさせ、カリスマ的魅力も備えている。
シャムスン(Shamsun) 声優:立木文彦
年齢:41歳 出身地:不明 武器:二丁銃
世界を股にかける、神出鬼没の盗賊団び首領。
ダッカムに敵意を燃やし、ディルズバルド軍の妨害なら嬉々として行うが、カーグの協力要請を断って嘘の情報を流すなど、敵か味方かわからない謎の人物。
自信家で女好き、簡単に本性は喋らないが、手下からの人望は厚い。
ナフィア・ユリエル・ニーデリア(Nafia) 声優:佐久間レイ
年齢:35歳 出身地:ニーデリア
ニーデリア国の元女王であり、カーグの母。
現在の容姿からは想像しにくいが、若い頃は女王としての責任感から、強いリーダーシップを発揮するような気性の激しい一面もあった。
しかし今は、慈悲といたわりの気持ちで民衆を導き、敬愛の情と厚い信頼を寄せられている。
王家出身の気高さと、母親としての深い愛でカーグを一人で育てる。
ヂークベック(Diekbeck) 声優:相沢正輝
年齢:不明 出身地:不明 武器:銃
いにしえの時代に勇者を護衛した機神団の長と伝えられるロボット。カテナの闘技場で仲間にできる隠れキャラ。
もし、本体が破壊されても、メインユニットが切り離せるよう設計されている。
従って、たとえ戦闘で破壊されたり、老朽化が進んだとしても、新しいボディに換装さえすれば、本来の機能を取り戻せる。
『2』とは異なり、自ら経験値を得てレベルアップすることができ、他キャラに経験値分配することはできない。

魔族側[編集]

ダーク(Darc) 声優:鈴村健一
年齢:17歳 出身地:ドラゴニア 武器:剣
魔族編主人公。ドゥラゴ族(ドラゴン系魔族)の勇者ウィンドルフの息子。
しかし、現在は老妖女ギドの元で「呪いの首輪」とつけられ、下僕として酷使されている。
争いの絶えない魔族を救うため、武力で魔族を統一する覇王になろうと決意する。
過酷な生活と陰惨な幼少期を送ったため、優しさや嬉しさを上手に表現できない。
カーグ同様、緊張したり不安になると腕の痣を触る癖がある。
デルマ(Delma) 声優:榎本温子
年齢:16歳 出身地:オルコス 武器:爪
オルコ族(鬼系魔族)の少女。
ダークに興味を持ち、やがて友となる。
好奇心旺盛で単純、心の赴くままに突っ走る。
荒っぽく、がさつな性格だが、魔族にしては情にもろくおせっかいな所もある。
ヴォルク(Volk) 声優:有本欽隆
年齢:27歳 出身地:不明 武器:斧
孤独を愛し、自然の中で生きる誇り高いウーファー族(キラードッグ進化系魔族)の戦士。
世界各地を放浪する「群れ」のリーダー格だったが、ある事件をきっかけに、人間に対して深い憎しみを抱くようになる。
卑怯な振る舞いが大嫌いで、正々堂々とした行動を好む。
後にダークに従い、その片腕となる。
カトレイトニア・エピデンドラム・ロルフェアナ・セミアルバ(カトレア)(Cattleya) 声優:一城みゆ希
年齢:200歳 出身地:不明 武器:吹き矢
ピアンタ族(植物系魔族)の賢者。
ディルズバルド軍のタチアナが行った、精霊石分析の実験により、老体化されてしまった。
伝説・伝承に詳しい物知りで情報通だが、臆病で小心、こずるい面もある。
性格は尊大で、気位が高く、常に他の者を見下す態度を取る。
ベベドア(Bebedoa) 声優:Tama(当時Hysteric Blue
年齢:12(推定年齢) 出身地:不明 武器:ぬいぐるみ
超古代の最強最悪の人形型モンスター。水の神殿に封印されていた。
外見は幼い少女だが、他者を支配・操作する「操り人形」能力(アヤツリ)を持っている。
性格は極めてクール。他者の感情を見る事ができるが、本人は感情を持たず、他人の気持ちが理解できない。
ダークの屈折した感情に興味を持ち、仲間になる。
ドグザ(Dogza)
年齢:28歳 出身地:不明 武器:爪の様な素手
人間に滅ぼされたというニエンテ族最後の生き残り。
一族再興を願い、ドゥラゴ族を率いてダークの持つ大精霊石をつけ狙う。
冷徹な現実主義者で、勝つためには手段を選ばない。
必要とあれば、一族を滅ぼした人間とも手を結ぶと公言してはばからない。
デンシモ(Densimo) 声優:置鮎龍太郎
年齢:23歳 出身地:オルコス 武器:素手
獰猛なオルコ族の戦士であり、デルマの兄。
デルマにだけは優しく、彼女に頼まれてしぶしぶダークと行動を共にすることも。
腕自慢の暴れ者で、直情径行な単細胞。
目先のことに捕らわれやすい。
ウィンドルフ(Windolph) 声優:飛田展男
年齢:24歳(没年齢) 出身地:ドラゴニア 武器:不明
かつてのドゥラゴ族の若き族長であり、ダークの父親。
魔族のおきてを破り、人間であるナフィアと愛し合ったため、ドゥラゴ族から追われることになる。
ドゥラゴ族一の勇者であった彼は、敵対する人間との争いを無意味と考えていたが…。
魔族の未来を案じていた彼の死後、同じ考えをもつものは、もはや居ない。
なお、担当声優の飛田は『アークザラッド』の主役一人にもクライブ役で出演している。
ギド(Guido) 声優:巴菁子
年齢:99歳 出身地:ギドの家 武器:鞭
ヒキガエルのような姿の魔族の女。ダークの育て親。
実際はダークを下僕としてこき使っている老婆である。強欲で、意地悪で、姑息。
おまけに口うるさくて、いつもダークに文句を言っている。
ちょこ(Choco) 声優:吉田小南美
年齢:不明 出身地:不明 武器:赤い靴
一見ふつうの少女だが、実は戦闘能力がすば抜けて高い魔族の女の子。ルルムの闘技場で仲間にできる隠れキャラ。
天界の魔王セゼクの娘で、モンスターから進化した他の魔族とは全く出生が異なる。
天真爛漫でいつも元気、素直な性格の持ち主である。

ワールドマップ[編集]

ラグナス大陸
アルド大陸
アデネード大陸
イピスティア
クラーフ島
ハルシーヌ大陸

挿入歌・エンディングテーマ[編集]

書籍[編集]

  • 攻略本
    • アークザラッド精霊の黄昏 ザ・コンプリートガイド(メディアワークス
    • アークザラッド精霊の黄昏—PlayStation 2版(集英社
    • Arc the Lad: Twilight of the Spirits Official Strategy Guide(Brady
  • 設定資料集

CD[編集]

外部リンク[編集]