業田良家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
業田良家
生誕 1958年7月27日(56歳)
日本の旗 日本福岡県[1]朝倉市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年[1] -
代表作 自虐の詩、空気人形、機械仕掛けの愛
受賞 第17回手塚治虫文化賞短編賞(「機械仕掛けの愛」)
テンプレートを表示

業田 良家(ごうだ よしいえ、1958年[2]7月27日 - )は、福岡県[1]甘木市(現・朝倉市)生まれの漫画家。本名・武井伸彦。代表作は『自虐の詩』『空気人形』『機械仕掛けの愛』。

来歴・作風・人物[編集]

福岡県立香椎高等学校卒業、西南学院大学法学部二年中退。福岡市フリーター。1983年『週刊ヤングマガジン』のちばてつや賞へ応募、期待賞どまりだったが編集者の目に留まり、デビューのきっかけになる。

翌年、4コマギャグ『ゴーダ君』でプロデビュー。『週刊宝石』の連載であった『自虐の詩』は、後に映画化される。他、『ヨシイエ童話』、『シアターアッパレ』などを描く。

ビッグコミックオリジナル』では『百年川柳』などを連載(2012年現在も連載中)。読み切り形式のシリーズ連載であった『ゴーダ哲学堂』シリーズからは、『空気人形』が映画化された。『ビッグコミック』では『男の操』『神様物語』を連載、2012年現在では『機械仕掛けの愛』を連載中。『SAPIO』では『ガラガラポン!日本政治』などを連載。

わしズム』では、日教組反日教育ゆとり教育を批判した『中共先生』、金正日をモデルにしたシャルル・ド・クサイが主人公の『独裁君』を以前連載していた。

2013年、『機械仕掛けの愛』で第17回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。デビュー30年にして初めての受賞となった。[3]

文庫版『ゴーダ哲学堂』のあとがきでは、「真・善・美」こそが人生の意味であるという旨の論を展開している。

映画版「自虐の詩」に、あさひ屋の客としてカメオ出演をしている。

その他[編集]

中国政府によるチベット弾圧を非難している。また、ネット上などで問題点が指摘されている人権擁護法案に強い危機感を募らせ、2度目の上程の動きがあった2005年頃から同法案の危険性を主張すると共に、同法案上程・成立を積極的に推進している野中広務古賀誠太田誠一などを非難した。また、『週刊現代』、『わしズム』誌上に法案反対を訴えるマンガを掲載した(後にこの作品は、反対派有志が出版した『危ない! 人権擁護法案』に、書き下ろしコラムとともに収録されている)。

主な作品[編集]

単行本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c コミックナタリー - 業田良家のプロフィール”. 株式会社ナターシャ. 2013年6月17日閲覧。
  2. ^ 業田, 良家, 1958- - Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)”. 国会図書館. 2013年6月17日閲覧。
  3. ^ 朝日新聞デジタル:手塚治虫文化賞、3氏が受賞あいさつ 贈呈式 - カルチャー”. 2013年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]