空気人形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空気人形
Air Doll
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
原作 業田良家
製作 川城和実
重延浩
久松猛朗
豊島雅郎
出演者 ペ・ドゥナ
板尾創路
ARATA
音楽 world's end girlfriend
撮影 リー・ピンビン
編集 是枝裕和
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 フランスの旗 2009年5月14日CIFF
日本の旗 2009年9月26日
上映時間 フランスの旗 125分CIFF[1]
日本の旗 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

空気人形』(くうきにんぎょう)は、2009年日本映画第62回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された[2]原作業田良家の『ゴーダ哲学堂 空気人形』(小学館刊)。

キャッチフレーズは、“心をもつことは、切ないことでした”

ストーリー[編集]

古びたアパートに住む中年男の秀雄が所持する「のぞみ」と名づけられていた空気人形が、ある朝を持つようになる。やがて「のぞみ」は街へ繰り出し、レンタルビデオ屋で働く純一と出会う。その店で「のぞみ」はアルバイトを始める事となる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]