オリエント工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリエント工業
Orient Industry
本社所在地 日本の旗 日本
110-0005
東京都台東区上野5-23-11
設立 1977年
業種 その他製品
事業内容 ラブドールの製造販売
代表者 土屋 日出夫
支店舗数 2(上野、大阪)
外部リンク http://www.orient-doll.com/
テンプレートを表示

オリエント工業(オリエントこうぎょう)とは、日本東京都台東区にあるダッチワイフまたはラブドール製造会社[注釈 1]。創業は1977年、代表者は土屋日出夫。

概要[編集]

オリエント工業製ラブドールの例

土屋はもともと東京都台東区の上野および浅草[1]アダルトショップを経営していたが、当時のダッチワイフがあまりにも空気漏れが多く、女性用の性具(バイブレータ)と比べて著しく実用性が低いことから、これの根本的な改良に乗り出し、ダッチワイフ製造会社、オリエント工業の起業に至った。その際親交のあった脳神科医から、障害者が実際の性行為を行うこともままならぬ状況におかれながらも性欲をもてあまし[2]、また風俗嬢にも相手にされないなど非常に難儀していると言う実情を知ったことによるものである。[注釈 2]


障害者については性処理相談や10%の障害者割引制度などで支援を行っているが[3]、同社によればそもそも開業当時は障害者へ向けての販売しか行っておらず、通信販売時にも障害者手帳のコピーの提示を必要としていたという[4]。ところがそのうち、高齢者なら…、いや独身男性なら、いや既婚者でも単身赴任中なら…と、徐々にそのハードルは下がっていったのだという。[5]

1977年創業の老舗であり、長年にわたって使用者のニーズに合わせて様々な商品を開発、販売している。2012年現在はシリコーン製、ソフトビニール製の製品が多い[注釈 3]。購入は原則として通信販売であるが、東京都台東区上野と大阪府大阪市中央区南船場のショールームでは直接納品後に持ち帰ることも可能。[6]

製品のリアルさから、ショールームへの搬入時に死体と間違われ、警察に踏み込まれたことが幾度かある。また、裁判などの際の再現画像のために製品を警察に提供している。[7]

また、不要になった際にはオリエント工業に郵送すれば「里帰り」として引き取り、処分と人形供養を行うと言ったサービスもある。[8][注釈 4]

同社のラブドールの造形は芸大(原文ママ)卒の美術関係者が担当している。[9]

また、同社との関係は不明であるが、オリエント工業製ドールを時間貸しするレンタル業者、ラブドール風俗も存在する。ドールが高額な事もレンタルを利用する一因ではあるが、そのサイズ・存在感を鑑み、購入後の維持出来るかを確認する意味合いからも、実際に試してから購入すると言うケースも多い[要出典]
さらに2010年には歯科の訓練用の人形、昭和花子。2011年には昭和花子2をテムザックと共同開発するなど。最近ではラブドール以外の分野にも進出を始めている。

歴史[編集]

1977年に創業、高級ダッチワイフ「微笑」(ほほえみ)発売。購買層として想定していた障害者は加減を持ってパンクしない程度に体重をかけることが困難な傾向があると見込まれ[4]、特に使用者の体重が直接にかかる腰部は空気式では強度に不安があるとの判断から、空気式をベースに、腰部にウレタンを採用、ソフトビニールを頭部と乳房に使用。ただし構成は顔と胴体のみで手足はなく、トルソ状であった。当時1 - 2万円が相場であったダッチワイフ業界に、38,000円の価格で参入した。[10]

1982年に新製品、「面影」(おもかげ)を発売。発泡ウレタンの骨格にラバーラテックスで皮膚を被せると言う構造で[11]、手足は取り外し式。利用者の体重120kgまで対応[12]、脚の開脚は90度まで[12](空気式の強度が問題となっていた背景上、一応言及の必要があると判断)。「微笑」と比較し、型をフィリピンのモデルから取るなど[12]各所の造形はかなり写実的になっている。だが、販売価格は実に158,000円となった。
その後、「面影」をベースに、1987年にはより大胆な開脚が可能となったほか[12]一部の関節を可動とした「影身」(かげみ)、1992年に全体的な改良を施した「影華」(えいか)、更に1997年には頭部を3種類から選択可能な「華三姉妹」が登場した。[13]

「面影」系のラテックス製ダッチワイフは、何分ラテックス自体がデリケートな素材でありメンテナンスも大変だったことから、1997年には従来の商品をソフトビニール仕様に改めた「明日香」、そして1999年には造形を現代風に改めた上で、全身をソフトビニールで造形した新製品、身長140cmの少女系プチソフト「アリス」を発売。これが大ヒットとなり、売り上げは従来の5 - 6倍にも達した。[注釈 5][14]

その後世間ではリアルドールが流行を見せ、「アリス」のリアルドール化、すなわちシリコン化を要望する声が強くなった。いかんせん新素材であるため、色や耐久性の追求など、開発には苦労があったものの、「アリス」のヒットで開発に資金をつぎ込める環境にあったと言う背景もあり、2年の開発期間を経て2001年にはシリコン製のプチジュエル「アリス」を発売[15]。販売価格は56万円にまで跳ね上がり、これはオリエント工業のWebサイトにて、当初は差し当たって初回50体の受注生産を行う予定であった。ところが受け付け開始から予想を上回る注文が入り、20分後に慌てて受付を停止した時にはその注文数は実に120件、新規の受注を3ヶ月間停止せざるを得ないという事態に陥る。次の受注でもやはり3ヵ月で100件と言った状態であり、注文が落ち着くまで生産工場は修羅場であった。ただしまだ技術的な蓄積が足りず、後発の製品と比較すれば、やはり強度を優先したために皮膚のシリコンの肌触りは若干固いものであった。[16]

その後、より肉感的な、大人の、グラマラスなドールをとの声に応え、セクシーなドールも開発・販売しており、2010年現在、公式webサイトによれば、Gカップのドールも用意されている。その他、手足を取り外し可能とし収納性を高めた「ジュエルライト」、写実性を求め、一部実際の女性から型を取って制作した「真央」などの製品もある。[17]

また、2007年6月には起業30周年を記念し、銀座ヴァニラ画廊で「人造乙女博覧会」を開催した。

ファンタスティック[編集]

2000年から、「オリエント工業」とは別ブランドである「ファンタスティック」での活動も行っている。比較的写実的なオリエント工業ブランドのドールとは全く赴きが異なり、アニメマンガなど、2次元の世界の美少女をそのまま等身大で立体化したかの様な造形の頭部を持ったドールを販売している[18]。2010年現在では、10万円 - 20万円台の商品が多い。所在地は東京都葛飾区奥戸。東京都台東区上野にショールームを持つ。 なお、首から下の胴体部分は、ソフトビニール製のほか、シリコン製のものも選択可能である。[19] [20]

その他[編集]

  • オリエント工業は永沢光雄『風俗の人たち』での取材に対し、ダッチワイフに南極と言う語を用いた企業は当社が初であり、当社が元祖であるという旨を主張している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公式サイトの「オリエント工業の歴史」によれば、「ラブドール」と呼ばれるようになった時期は1998年頃といわれるが、『南極1号伝説』 p.130 によれば、同じダッチワイフメーカーの「ハルミデザインズ」によって1984年に発案され、1986年に発売されたものが起源であるとしている。
  2. ^ 『風俗の人たち』『ニッポン「もの物語」』および『セックスメディア30年史』では、障害者の声を聞き、優れたダッチワイフの必要性を痛感した事が起業の動機とされている。
  3. ^ 水口幸広レポート漫画『週刊アスキー 2007SUMMER 特別編集 カオスだもんね! 特別編』143ページによれば、シリコーンを使うことで透明感のある肌の再現が実現できている。
  4. ^ ちなみに出荷は嫁入りと称する。
  5. ^ ちなみに身長は140cmであるが、体型自体は成人女性のミニチュアであり、幼児体型、少女体型という訳ではない。

出典[編集]

  1. ^ 『セックスメディア30年史』 p.223
  2. ^ 『風俗の人たち』 p.53
  3. ^ 『南極1号伝説』 pp.93-94、pp.98-99、『あやしい取材に逝ってきました』
  4. ^ a b 『風俗の人たち』 p.54
  5. ^ 『風俗の人たち』 p.55
  6. ^ Q&A - よくいただくご質問”. オリエント工業. 2011年8月20日閲覧。
  7. ^ 『あやしい取材に逝ってきました』
  8. ^ 『セックスメディア30年史』p.223、Q&A - よくいただくご質問”. オリエント工業. 2011年8月20日閲覧。
  9. ^ 水口幸広 「静かなるワイフ」『週刊アスキー 2007SUMMER 特別編集 カオスだもんね! 特別編』、143ページ。
  10. ^ 『南極1号伝説』(文庫版) p.66、pp.92-96
  11. ^ 『南極1号伝説』 p.98 によれば、日本初、あるいは世界初の構造の可能性がある。
  12. ^ a b c d 『風俗の人たち』 p.56
  13. ^ 『南極1号伝説』 pp.96-100
  14. ^ 『南極1号伝説』 pp.101-104
  15. ^ 『セックスメディア30年史』p.226
  16. ^ 『南極1号伝説』 p.42、pp.104-111
  17. ^ 『南極1号伝説』 p.121
  18. ^ 『セックスメディア30年史』p.228
  19. ^ (「ファンタスティック」の節について)『南極1号伝説』 pp.111-115
  20. ^ (本体の素材について)Q&A 本体の素材は”. ファンタスティック. 2011年8月20日閲覧。 シリコン製を選んだ場合は、50万円程度の価格となる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]