ラブドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラブドールの例
ラブドールの例(オリエント工業)

ラブドールとは、ダッチワイフの中でも特にボディが高価なシリコーンなどで作られているものを指す。シリコーンドールの一種でもある。男性の擬似性交、愛玩、観賞、写真撮影等に使用される。

素材、構造、特徴[編集]

海外製品の例

ダッチワイフにはビニール風船状のおもちゃのような物から骨格の周りをシリコーン樹脂等で覆った高価ものまである。風船式のもの、ウレタン製のものなどは一般にラブドールには含まれない。それらを含めた総称についてはダッチワイフを参照のこと。股間にオナホールをセットしドールと擬似セックスするが、専用のオナホールは着脱式になっており、好みのホールをチョイスでき、洗浄も容易になっている。

ソフトビニール製[編集]

ソフトビニール(ポリ塩化ビニル)性はシリコーン製に比べて価格が安く、10万円 - 20万円台で入手が可能である[1]。さすがに一般的なソフトビニール人形と比較するとサイズが大型過ぎるため、ソフトビニールのみで形状を保つ事は困難であり、内部に発泡ウレタンなどが充填されている。骨格がなくソフトビニール部材どうしで結合されているため、関節部は360度回転する。高級品であるシリコーン製に比べ、丈夫で安価で軽量[2]ではあるものの、見た目に実物らしくない点、手触りも人体に近いとは言えず、乳房なども固いと言う欠点を持つ。

*このセクションの特記無き記述は 高月靖『南極1号伝説』(文庫版) p.65 - p.70 を参照。

シリコーン製[編集]

重量は20 - 35kg程度、価格は50万円 - 60万円台となっている[3]。シリコーン製ラブドールの多くは、骨格が内蔵されており、ある程度自由なポーズを取らせることが可能で、製品によってはM字開脚も可能であり、シリコーンの弾力で元に戻らないよう関節を固定しポージングを決めることができるものもある[* 1]。また、シリコーンは比重が高く体重は実際の人間に近づくが、自分では動かないため見た目の印象より重量感がある。そのためウレタンFRPなどの中子で容積を稼ぎ、軽量化を図る場合がある。これは骨格を兼ねる場合があるほか、ボディーラインなどの形状を保持する役目も持つ。つまり一般的なシリコーン製ラブドールはおおよそ、骨格、中子、シリコーンの三重構造を持っていると見なすことができる。

シリコーンは摩擦強度が高いのに対し引き裂き強度は低い素材であるので[* 2]、股間に2つ目の穴、すなわちアヌスを用意することが強度の問題から困難で、口を用いてのフェラチオにしても、実際の女性の様に大きく口を開けさせる事は困難であり、これも技術上の課題と言える。素材自体に関しての改良やシリコーンの二層構造[* 3]などの、表面処理の改善は随時なされつつある。

近年は顔の可愛さ、リアルさも追求されており、清楚系やギャル系、幼い系などフェイスの種類も豊富である。頭部、胴体、腕、脚の各パーツが簡単に着脱可能なものも発売されており、好みでカスタマイズすることができる。髪の毛はウィッグを装着する形になり、市販の人間用のものを着用させることも可能である。

*このセクションの特記無き記述は 高月靖『南極1号伝説』(文庫版) p.40 - p.64 を参照。

処分の問題[編集]

ラブドールは細かく切断して分別廃棄するには手間と時間がかかり、そのまま家庭ごみとして廃棄する場合多くの自治体では粗大ゴミとして扱われることになるが、モノの性格上家庭ごみとして出すには抵抗があるという人も少なくない。不法投棄され死体と間違われる可能性も大いにある[4]。 このようなことから、オリエント工業などの一部のメーカーでは不用ラブドールを里帰りと称し無償または有償で引き取り[5]メーカーの方で廃棄することも行っている。また、ラブドールはオナホが着脱式のため、里子里親の仲介、中古買取などの仲介者による中古品の有料斡旋もある。

ラブドール・シリコーンドールメーカー[編集]

ラブドールをテーマとした作品[編集]

ラブドールをテーマとしたイベント[編集]

  • 『人造乙女博覧会』(2007年6月18日〜6月30日 ヴァニラ画廊
  • 『人造乙女博覧会 II』(2010年4月26日〜5月15日 ヴァニラ画廊)
  • 『人造乙女博覧会 III』(2012年10月8日〜10月20日 ヴァニラ画廊)
オリエント工業35周年記念特別展示。

ラブドールのレンタル業[編集]

ビデオボックスのような形の店舗でラブドールを店内で貸し出すサービスは2005年頃には日本に50店舗程度あったが、その後多くは閉店若しくは当該サービスを終了している。2013年現在、東京都立川市にラブドールをデリバリーする店舗が1店舗確認されている[* 4]

脚注[編集]

  1. ^ ただし後述する通りシリコーンの引っ張り強度には限界があり可動域は相応に限定されるため、どの様なポーズも可能というわけではない。
  2. ^ 摩擦を下げる為にはベビーパウダーなどが有効である。
  3. ^ 例えば、深層は強度重視、表層は触感重視、など。
  4. ^ 立川市にあるエロエロ天使は、風営法上の性風俗関連特殊営業の届出を行っており「ラブドールデリヘル」と銘打っている。

出典[編集]

  1. ^ 『南極1号伝説』(文庫版) p.66 2008年現在。
  2. ^ 『南極1号伝説』(文庫版) p.70
  3. ^ 『南極1号伝説』(文庫版) p.66 2008年現在。
  4. ^ “すわっ、殺人事件と本格捜査! 寝袋開けたら人形だった…”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年9月1日). オリジナル2008年9月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080910065837/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080901/crm0809011759022-n1.htm 
  5. ^ 「里帰り」はオリエント工業などで行われている。『セックスメディア30年史』p.223、Q&A - よくいただくご質問”. オリエント工業. 2011年8月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 高月靖 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで 特殊用途愛玩人形の戦後史』(2008年4月 バジリコ)

関連項目[編集]