傲慢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

傲慢(ごうまん)は、高い自尊心、他人より重要、魅力的になりたいという欲望、賞賛をそれに値する者へ送ることの怠慢、過度の自己愛などを指す。

キリスト教[編集]

キリスト教では傲慢 (pride) は七つの大罪の一つに数えられる。また、旧約聖書の『箴言』に「奢る者は久しからず」(Pride goes before a fall)という言葉がある。自尊心(或いは虚栄心vanity)は、自分の能力に対する過信(それは、神の恩恵を理解する上でのさまたげとなる)を意味する。

仏教[編集]

煩悩は、2種類に分かれ、無明=三毒=三惑悪見からなる。無明貪欲瞋恚愚痴であり、悪見である。6つ合わせて、6煩悩と、仏教の一派唯識派ではいう。は、仏教では自ら他を比較して軽蔑し、みずからを恃み高ぶることと、戒められている。

は、また主に7種に分かれる。

  1. 過慢:同等に対しては勝れたと、上等には同等と高ぶる。
  2. 慢過慢:勝れた者に対して、逆に自分が勝れたとする。
  3. 我慢:自分の身心を永遠不変の我とたのむ。
  4. 増上慢悟りを得ないのに得たとする。
  5. 卑慢:多く勝れた者より、少し劣っているだけのものとする。
  6. 邪慢:がないのにあるものとする。

その他8慢、9慢などの分類がある。

儒教[編集]

儒教では、恭倹が重んじられ、その反対概念であるは疎まれる。

パスカル[編集]

ブレーズ・パスカルは、自分の惨めさという本来の状態に無知であると重視した。彼の示す救いの道は、キリスト者としての道に従うこととされた。無信仰者がいかに無為怠惰を克服しても、傲慢に陥ると説いた。

ギリシャ[編集]

  • ギリシャ語で、ヒュビリス (hybris)。
  • 他人の権利を侵し、神々を冒涜することで、人間が自己の分限を超えることが、神々の怒りを招くとされ、そこに人間の破滅の一因が求められた。

関連項目[編集]