ラースと、その彼女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラースと、その彼女
Lars and the Real Girl
監督 クレイグ・ガレスピー
脚本 ナンシー・オリバー
出演者 ライアン・ゴズリング
音楽 デヴィッド・トーン
撮影 アダム・キンメル
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月12日
日本の旗 2008年12月20日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ラースと、その彼女』(Lars and the Real Girl)は、2007年アメリカ映画

トロント国際映画祭上映作品。第80回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

アメリカの田舎町に住む26歳のラースは、心優しく町の皆に好かれている青年だが、とてもシャイで特に女性と話すのが大の苦手。兄のガスとその妻カリンが住む家の裏にある、ガレージを改装した部屋に一人で住んでおり、限られた人間関係しか築けないでいた。

ある日ラースは、ガスとカリンに、インターネットを通じて知り合った女性がいるので紹介すると伝える。ラースの事を気遣っていたガスとカリンは最初喜ぶが、車いすに乗った、元宣教師でブラジルとデンマークのハーフである女性ビアンカを紹介されて驚く。なぜならビアンカはアダルトサイトで販売されているリアルドールだったからだ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ラース・リンドストロム ライアン・ゴズリング 内田夕夜
カリン エミリー・モーティマー 魏涼子
ガス ポール・シュナイダー 藤真秀
ダグマー・バーマン医師 パトリシア・クラークソン 唐沢潤
マーゴ ケリ・ガーナー

その他声の吹替:花村さやか金野潤岐部公好片貝薫橘凛金光宣明沢田泉間宮康弘伝坂勉

受賞・評価[編集]

外部リンク[編集]