デヴィッド・トーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・トーン

デヴィッド・トーン(David Torn,1953年5月26日-)は、アメリカ合衆国の音楽家・ギタリストである。

来歴[編集]

ニューヨーク州アミティビル出身。1970年代よりECMレコードウィンダム・ヒル・レコード、CMPレコードからジャズ的な作品をリリースする。

それらの音楽活動を通じて単なるジャズ・ギタリストにとどまらず、様々なエフェクト技術・ループ奏法・サンプリングを試みた前衛的な作風を開花させ、その才能はジャズの世界にとどまらずむしろロックミュージックの世界で注目されるようになる。

80年代にミック・カーンが持つフレットレスベースの才能を見出し、様々なソロアルバムに参加した。一時は音楽界からの引退を考えていたミック・カーンを励まし、その後の音楽活動を支えたエピソードがある。

その後、デヴィッド・シルヴィアン坂本龍一デヴィッド・ボウイ等の音楽作品に参加する。ビル・ブラッフォードトニー・レヴィンともアルバムを制作し、メンバーは作品ごとに流動的ながら、ロック・ミュージックにおける知名度を高めた。

また、映画音楽における活躍もめざましく、『悪霊喰』(2003年)、"Friday Night Lights"(邦題『プライド 勝利への絆』、2004年)、"Believe in Me"(2005年)、『ラースと、その彼女』(2007年)などのサウンドトラックを担当する。

そのように音楽ジャンルを超えた幅広い活動をおこないつつも、ECMレコードには現在でもとどまり、ソロアルバムをコンスタントに発表し続けている。

ループ奏法・サンプリング技術に関してはサンプリングCDおよびCD-ROMなど製品化されているものもあり、DTMの世界でも知られるようになる。

外部リンク[編集]