永井龍男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永井龍男
(ながい たつお)
Nagai Tatsuo.JPG
1955年
誕生 1904年5月20日
東京市神田区猿楽町
死没 1990年10月12日
鎌倉市
職業 小説家随筆家編集者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1920年 - 1990年
ジャンル 小説随筆俳句
代表作 『一個 その他』(1965年)
『わが切抜帖より』(1968年)
『コチャバンバ行き』(1972年)
主な受賞歴 野間文芸賞(1965年)
読売文学賞(1969年・1973年)
川端康成文学賞(1975年)
文化勲章(1981年)
処女作 『活版屋の話』(1920年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

永井 龍男(ながい たつお、1904年明治37年)5月20日 - 1990年平成2年)10月12日)は、日本の小説家随筆家編集者文化勲章受章者。俳名、東門居。

生涯[編集]

東京市神田区猿楽町(現在の東京都千代田区猿楽町)に、父教治郎 - 母ヱツの、四男一女の末子として生まれた。父親は本所割下水の御家人の次男で、永井家に夫婦養子として入り、印刷所の校正係をしていた[1]。母は築地活版所の印刷職工の娘[1]。兄も欧文植字工、叔父も印刷所勤務と印刷関係者が多い一族[1]。1911年(明治44年)(7歳)、錦華尋常小学校へ入学、1919年(大正8年)(15歳)、一ツ橋高等小学校を卒業。父の病弱のため進学を諦め、米穀取引所仲買店に勤めたが、胸を病み3ヶ月で退職した。同年11月、父没。

1920年(大正9年)(16歳)、文芸誌『サンエス』に投稿した「活版屋の話」が当選。16年年長の選者菊池寛の知遇を得る。1922年帝国劇場の募集脚本に「出産」が当選。1923年(大正12年)、「黒い御飯」が創刊直後の『文藝春秋』誌に掲載。1924年、小林秀雄石丸重治河上徹太郎富永太郎らと同人誌『山繭』を刊行する。

1927年(昭和2年)(23歳)、文藝春秋社に就職を希望し菊池寛社長を訪ね、居合わせた横光利一の口利きにより入社。『手帖』、『創作月刊』、『婦人サロン』の編集につぎつぎに当たった。1932年、『オール讀物』の、次いで『文芸通信』の編集長となった。編集者生活の傍らで創作の発表も続けた。

1934年1月、久保田万太郎夫妻の媒酌により、久米正雄夫人の妹の奧野悦子と結婚。女児2人が生まれた。同年11月、神奈川県鎌倉郡鎌倉町(現在の鎌倉市)に移る。以後転居を度々行ったが鎌倉市で終生居住した。

1935年(31歳)、1月に創設された芥川賞直木賞の常任理事として3年間両賞の事務を取った。同年3月、母没。1939年、『文藝春秋』誌の編集長、1940年、文藝春秋社の編集局次長となった。

1943年(昭和18年)4月、文藝春秋社取締役。同年11月、満洲国新京市(現在の中国東北部長春市)に単身赴任し、満洲文藝春秋社を設立した。翌年一時帰国し、太平洋戦争末期の混乱のため東京の本社に留まる。1945年3月、文藝春秋社専務取締役となった。

戦後の1945年12月、文藝春秋社に辞表を出し、1946年1月、『新夕刊』林房雄小林秀雄らと創刊したが、1947年10月(43歳)、GHQ公職追放され、文筆生活への専念を余儀なくされた。1948年追放解除とともに日比谷出版社取締役社長となり、復活した直木賞を二回同社『文芸読物』で担当するも同社が倒産。以降は雑誌、新聞、週刊誌に、作品を発表した。

1952年(昭和27年)上期から1957(昭和32年)下期まで直木賞選考委員を、1958年(昭和33年)上期から1977年(昭和52年)下期まで芥川賞選考委員を務めた。

1966年(62歳)、『一個 その他』などの文業により日本芸術院賞受賞。1968年、日本芸術院の会員に選任される。1972年、長年の作家活動により第20回菊池寛賞を受賞。

1974年(70歳)、勲二等瑞宝章を受賞。1975年には『秋』により第2回川端康成文学賞を受賞した。

1976年(72歳)、村上龍限りなく透明に近いブルー」への授賞に抗議し選評「老婆心」を提出、芥川賞選考委員辞任を申し出る。日本文学振興会職員に慰留を受け提出選評「老婆心」末尾、菊池寛文章引用部分を削除する。この事件は外に洩れなかった。

1977年(73歳)、池田満寿夫エーゲ海に捧ぐ」の芥川賞受賞決定に対して、選評で「空虚な痴態」と断じ、前々回での「限りなく」も取り上げ、「前衛的な作品」と述べつつ全否定の見解を述べ委員を退任。

1981年(77歳)、文化勲章受賞。翌年にかけ『永井龍男全集』(全12巻)を、講談社より刊行。

1985年、開館した鎌倉文学館の初代館長に迎えられる。

1990年(平成2年)10月12日心筋梗塞により没。享年86。東京都港区三田済海寺の墓域に眠る。

おもな著作[編集]

  • 絵本、四季社(1934)
  • あゝ、この一球、光文社(1949)
  • 手袋のカタッポ、日比谷出版(1949)
  • 朝霧、改造社(1950)(第2回横光利一賞)/新潮文庫(1951)/講談社文芸文庫(1992)ISBN 9784061961678
  • 鳩舎、四季社(1951)
  • 白い犬、創元社(1951)
  • 菜の花、池田書店(1951)
  • 風ふたたび、朝日新聞社(1951)/角川文庫(1955)
  • 明日はどっちだ、毎日新聞社(1952)
  • 座席は一つあいている、読売新聞社(1953)
  • 外灯、文藝春秋新社(1953)
  • さくらんぼ、新潮社(1953)
  • 胡桃割り、四季社(1954)
  • 紅茶の時間、四季社(1954)
  • 遠い横顔、新潮社(1954)
  • 四角な卵、文藝春秋新社(1955)
  • 設計図の上の消しゴム、四季社(1955)
  • 巣立ちの歌、新潮社(1955)
  • 寄せ算引き算、東方社(1955)
  • 女の靴、鱒書房(1955)
  • 人なつこい季節、四季社(1955)
  • 酒徒交伝、四季社(1956)
  • 午前と午後と、新潮社(1956)
  • その火のすべて、講談社(1957)
  • 噴水、毎日新聞社(1957)/角川文庫(1960)
  • 菊池寛、時事通信社(1961)
  • 幸吉八方ころがし、筑摩書房(1963)/文春文庫(1986)ISBN 4167289024
  • 皿皿皿と皿、河出書房新社(1964)
  • 大の虫小の虫、筑摩書房(1964)
  • 一個 その他、文藝春秋新社(1965)(第28回野間文芸賞)/講談社文芸文庫(1991)ISBN 9784061961210
  • けむりよ煙、筑摩書房(1965)/角川文庫(1971)
  • カレンダーの余白、講談社(1965)/講談社文芸文庫(1992)ISBN 4061961934
  • 青梅雨 その他、講談社(1966)/新潮文庫(1969)
  • 他人の帽子、講談社(1966)
  • 石版東京図絵、中央公論社(1967)/中公文庫(1975)ISBN 4122043735
  • わが切抜帖より、講談社(1968)(第20回読売文学賞(随筆・紀行賞))/講談社文芸文庫(1991)ISBN 9784061961579
  • 灰皿抄、講談社(1969)/講談社文芸文庫(1991)
  • この人吉田秀雄電通(1971)/文春文庫(1987)ISBN 9784167289034
  • 文壇句会今昔、文藝春秋(1972)
  • コチャバンバ行き、講談社(1972)(第24回読売文学賞(小説賞))/講談社文庫(1977)/講談社文芸文庫(1991)ISBN 9784061961418
  • 雀の卵 その他、講談社(1972)
  • 雑談 衣食住、講談社(1973)
  • 自撰作品十一種、新潮社(1974)
  • ネクタイの幅、講談社(1975)
  • 黒い御飯、成瀬書房(1976)
  • 永井龍男句集、五月書房(1976)
  • 身辺すごろく、新潮社(1976)
  • 花十日、講談社(1977)
  • 雲に鳥、五月書房(1977)
  • 回想の芥川・直木賞、文藝春秋(1979)/文春文庫(1982)
  • 夕ごころ、講談社(1980)
  • 秋 その他、講談社(1980)ISBN 9784061168954/講談社文芸文庫(1991)ISBN 9784061961210
  • 縁さきの風、講談社(1983)ISBN 4062005573
  • わが女房教育、講談社(1984)
  • 落葉の上を、朝日新聞社(1987)ISBN 9784022556547
  • 東京の横丁、講談社(1991)ISBN 9784062052733
  • 永井龍男全集 全12巻、講談社(1981 - 1982)

参照資料[編集]

  • 永井龍男「東京の横丁」、講談社版(1991)前半部の、「東京の横丁」より。(日本経済新聞私の履歴書」(1984.8.19 - 9.17)連載)
  • 永井龍男「カレンダーの余白」、講談社文芸文庫版(1992)巻末の、森本昭三郎編:「年譜」および「著書目録」
  • 「別冊かまくら春秋 最後の鎌倉文士 永井龍男追悼号」(かまくら春秋社、1991)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 自著『雀の卵』