朝日新聞東京本社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝日新聞社 > 朝日新聞東京本社
朝日新聞(東京)
Asahi Shimbun Tokyo head office.JPG
朝日新聞東京本社ビル
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社朝日新聞社東京本社
本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2
代表者 木村伊量
創刊 1888年明治21年)7月10日
前身 めさまし新聞
東京朝日新聞
言語 日本語
価格 1部 (朝刊)150円
(夕刊)50円
月極 (朝夕刊)4,037円
(統合版)3,093円
テンプレートを表示

朝日新聞東京本社(あさひしんぶんとうきょうほんしゃ)は、首都圏を中心とした東日本関東東北甲信越)地域、天竜川以東の静岡県に於いて朝日新聞を印刷・発行する朝日新聞社の地域本社である。

概要[編集]

朝日新聞社は大阪発祥の企業であり、現在も登記上の本店は大阪本社に置かれている。東京を中心とする首都圏では横浜発祥の企業である読売新聞に次いで購読者が多い。

東京本社では、東京本社発行版の他に名古屋本社北海道支社で発行する朝日新聞の紙面制作を一括して行っている。

セット版(夕刊あり)の地域は山梨県を含む関東一円と、天竜川以東の静岡県で、東北・信越地域向けは朝刊(統合版)のみとなっている。

東京本社版朝刊の1面題字下の発行所住所部分には「本日の編集長」の氏名が日替わりで掲示される(北海道支社版も同様)。また夕刊は1面題字左横上に「Tokyo Evening」と表記されている。

富山県向けの紙面については、1989年8月までは、他の北陸地方と同じく大阪本社で編集・発行したが、読者に対する調査で「東京志向が強い」として、同9月からは東京管轄となり、9月1日には社告と特集が掲載された。 東京本社で編集・発行していた当時、同県向けの印刷は名古屋本社で行われ、そこからトラック輸送で同県内の販売店に運ばれた。 しかし、合理化の一環で2011年4月1日から、金沢市中日新聞北陸本社北陸中日新聞発行元)幸工場で印刷されることが決まり、22年半ぶりに大阪管轄となった。大阪管轄に戻ったその日は特に特集は組まず「一部の特集や連載記事で体裁や連載回数が異なります。ご了承下さい」と書かれた程度だった[1]

沿革[編集]

戦前の朝日新聞東京本社
(東京・有楽町)
  • 1888年(明治21年)7月10日 - 朝日新聞社が東京の『めさまし新聞』を買収して『東京朝日新聞』を創刊し、新たな発行拠点として「東京本社」を設立。
  • 1895年(明治28年)10月 - 東京本社を村山合名東京朝日新聞会社に改組。
  • 1908年(明治41年)10月1日 - 大阪および東京の新聞社が合併し、朝日新聞合資会社に改組。
  • 1919年(大正8年)7月31日 - 株式会社朝日新聞社に改組されるが、登記上の本店は大阪本社に残された。
  • 1923年(大正12年)1月11日 - 東京本社~大阪本社間に定期航空路を就航。
  • 1927年(昭和2年)3月20日 - 東京本社の新社屋が有楽町(現在の有楽町マリオン敷地内)に移転。
  • 1936年(昭和11年)2月26日 - 二・二六事件反乱軍が東京本社の社屋を襲撃。
  • 1942年(昭和17年) - ゾルゲ事件で東京本社政治経済部長の田中慎次郎(3月15日)、同部員の磯野清(4月28日)が検挙。
  • 1959年(昭和34年)6月1日 - 「北海道支社」が設立され、東京本社の管轄下に置かれる。
  • 1961年(昭和36年)5月1日 - 東京本社で伝書鳩廃止。
  • 1980年(昭和55年)4月23日 - 東京本社の社屋が東京都中央区築地に新築移転。鉛活字を使わない電算写植新聞制作システム『ネルソン』導入。
  • 1987年(昭和62年)1月24日 - 朝日新聞東京本社襲撃事件(赤報隊事件
  • 1988年(昭和63年)7月10日 - 東京本社創刊100周年。
  • 1989年(平成元年)9月 - 輸送上の問題により、富山県の管轄が大阪本社から東京本社に変更される。
  • 1992年(平成4年)5月 - 東京本社(現:本館)隣接地に東京本社新館が竣工。建物内の浜離宮朝日ホールが開業。
  • 1993年(平成5年)10月20日 - 東京本社社長応接室内で拳銃使用自殺事件。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 東京本社拳銃発砲人質立てこもり事件。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 東京本社編集局が「報道局」と「編成局」の2つに再編される。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 富山県の管轄が21年半ぶりに大阪本社へ戻される(中日新聞社との協定により、石川県金沢市北陸中日新聞幸工場で石川・富山向け新聞の受託印刷開始に伴うもの)。

組織[編集]

東京本社
東京総局
対象エリア
社員数
  • 男: 2,667人
  • 女: 494人
  • 合計: 3,161人
総局
支局

※ 主要地域のみ記載。

印刷工場

(2011年11月20日現在)

番組表[編集]

以下は東京都神奈川県千葉県埼玉県栃木県茨城県内で発行されるもの(朝日新聞国際衛星版もこの地域で発行されている内容をそのまま収録している)。その他の県では掲載局が異なる。

最終面[編集]

以上各放送局は2009年3月29日まではアナログ放送のチャンネル順だったが、同3月30日からデジタル放送のリモコンキーID順に変更された。
以上各放送局は2009年3月29日までは全部中面に載せていたが、3月30日以後最終面に移設した。2011年3月31日まではNHKハイビジョンの番組欄も掲載されていたが、4月1日以後その枠は広告枠となっている。

中面[編集]

ラジオの周波数については「ラジオ・テレビ」と書かれたコーナータイトル(左端)にまとめて掲載してある。なお、2009年3月から4月ぐらいは周波数の掲載が省略されていたが読者からの不評を買っていた(東京版を現地印刷する名古屋版北海道版も同様)

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出典・富山の新聞事情
  2. ^ ただし、終夜放送が行われている局は1日の基点時間を基準とする

外部リンク[編集]