週刊朝日による橋下徹特集記事問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

週刊朝日による橋下徹特集記事問題(しゅうかんあさひによる はしもととおる とくしゅうきじもんだい)とは、週刊朝日橋下徹大阪市長に関する連載記事の第1回において、橋下の父が大阪府八尾市被差別部落出身であるという情報を掲載し、DNA先祖を理由として人格を否定した記述を掲載したとされている問題[1]

経過[編集]

問題の記事[編集]

問題となったのは2012年10月26日号から始まった佐野眞一週刊朝日取材班(今西憲之・村岡正浩)による「ハシシタ・奴の本性」という連載記事である[2]。この記事に対して橋下徹は10月18日の定例会見で記事を「遺伝子で人格が決まるとする内容」であるとし、「政策論争はせずに、僕のルーツを暴き出すことが目的とはっきり言明している。血脈主義ないしは身分制に通じる本当に極めて恐ろしい考え方だ[3]」「言論の自由は保障されるべきだが、一線を越えている[3]」と述べ、週刊朝日を批判した。これに対して、朝日新聞社は、自社と週刊朝日と朝日放送はそれぞれ無関係としたが、橋下は週刊朝日の発行元である朝日新聞出版朝日新聞社の100%子会社であることから、朝日新聞記者に社としての対応を求めた[4]

週刊誌への批判[編集]

この掲載記事について、橋下に対して批判的であることも多い部落解放同盟[5][6]でさえも、「被差別部落出身を暴く調査をおこなうことを宣言して書かれた明確な差別記事」「確信犯的な差別行為である」「土地差別調査事件が大きな社会問題となるなかで、あえて地名を明記した事実は当該住民に対する重大な差別行為」と述べ、「偏見を助長し、被差別部落出身者全体に対する差別を助長するもの」で、許しがたいものであるとして抗議している[7]。この不祥事について、週刊朝日の読者からも多数の抗議の声が寄せられ、次号にお詫び記事を掲載した。橋下に対しては当初、お詫び記事が掲載された同誌を郵送するだけだったが[8]、結果的に橋下の怒りを助長したのみならず、更に多くの批判を生む結果となった[8]

これに対して河畠大四週刊朝日編集長は10月18日夜に記事中に不適切な表現があったことを認め謝罪のコメントをし、次号でお詫びを掲載すると発表した[9]

10月24日に、朝日新聞社とは無関係の朝日出版社を橋下が朝日新聞出版と勘違いして、Twitterで批判したことから、抗議が殺到していることについて訂正を求め、翌25日に橋下は訂正・お詫びとして、謝罪を書き込んだ[10]

民主党参議院議員からの賛辞[編集]

批判の一方で、当該記事へ賛辞を送る国会議員なども居た。民主党参議院議員有田芳生は2012年10月16日20:51の自身のツイッターアカウントにおいて『佐野眞一「ハシシタ 救世主か衆愚の王か」(週刊朝日)がすこぶる面白い。レイアウトも週刊誌界の常識を破る斬新さ。取材スタッフに今西憲之さん、村岡正浩さんと最強コンビ。橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ。』と述べている[11]

出版社の謝罪[編集]

その後、11月12日、朝日新聞社の第三者機関「報道と人権委員会」は見解をまとめ、橋下市長に報告・謝罪した[12]。また同日、神徳英雄朝日新聞出版社長の引責辞任が発表された[13]

一連の問題について、作家の高村薫は記事タイトルで『ハシシタ』と呼ぶなど、必要以上に個人を侮辱するものだとコメントした。また立教大学メディア社会学科の服部孝章教授も「同和地区が特定できる表記が問題だ。」と指摘した。連載中止の判断について、高村は「表現さえ気をつければ継続してもよかった。」、服部も「週刊朝日の対応を“潔い”と評価すべきではない。」と述べている[14]。また高村は、朝日新聞や朝日放送の取材も拒否したことについて、取材拒否ではなく、出版差し止めの仮処分申請を行うべきだったと語った[15]

なお、橋下徹の出自については、2011年10月、大阪府知事から大阪市長選にくら替え出馬を検討している際にも新潮45週刊文春週刊新潮で報道され、この時は橋下は、Twitterで「バカ文春」「バカ新潮」と罵倒、ネガティブキャンペーンを逆手に取った[16]

部落解放同盟による糾弾[編集]

部落解放同盟は『週刊朝日』と佐野眞一に対する糾弾を決定し、2013年1月22日に第1回の確認・糾弾会をおこなった[17]

問題の再燃[編集]

橋下は、朝日新聞社の謝罪を受け入れて、今後は問題としない方針であったが、週刊朝日が2013年4月2日に発売した4月12日号において「賞味期限切れで焦る橋下市長」などの見出しとともに、橋下氏のニュース番組での露出が減り、バラエティー番組出演が増えているという内容の記事が掲載された事にTwitterで怒りを表明[18]、出自を扱った連載に関して法的手続きを講じる方針を表明している[19]

橋下同和報道の歴史[編集]

  • 森功「同和と橋下徹」(講談社g2』2010年12月号)
  • 上原善広「孤独なポピュリストの原点」(新潮社新潮45』2011年11月号)
  • 「「同和」「暴力団」の渦に呑まれた独裁者「橋下知事」出生の秘密」(新潮社『週刊新潮』2011年10月27日号)
  • 「暴力団組員だった父はガス管をくわえて自殺 橋下徹42歳 書かれなかった「血脈」」(文藝春秋社週刊文春』2011年10月27日号)
  • 佐野眞一「ハシシタ 奴の本性」(朝日出版社『週刊朝日』2012年10月16日号)

部落解放同盟中央本部・マスコミ対策部文化対策部/糾弾闘争本部の小林健治は、『週刊朝日』だけではなく『新潮45』『週刊新潮』『週刊文春』の記事も差別であると主張している[20]。一連の報道の嚆矢である『g2』だけは槍玉に挙げていないが、その理由は不明である。

関連項目[編集]

  • 小森龍邦 - 部落解放同盟広島県連合会元委員長。地元出身の宮澤喜一(元総理大臣)について、祖先の居住地をあげつらい「被差別民もしくはそれと同然の立場」「被差別者の立場」[21]と出自暴きをおこない、宮沢を激怒させた。
  • 狭山同盟休校 - 狭山事件における被差別部落民への有罪判決に抗議する意味で、部落解放同盟が率先しておこなわせていた運動。その内容は、同和地区の児童や生徒が「部落解放」「石川青年奪還」「日共粉砕」を叫んで一斉に学校を休むというもので、校内での出自暴きとして物議をかもした。
  • 一ツ橋小学校事件 - 被差別部落にルーツを持つ一般人の出自を部落解放同盟が暴いて訴えられ、敗訴した事件。
  • 部落民宣言 - 部落解放同盟が率先しておこなわせていた運動の一つ。小学校から高等学校までの部落解放同盟関係者の児童や生徒に「自分は部落民です」と級友の前で宣言させること。宣言した当人に部落民としての自覚と誇りをもたせ、差別と闘い、差別に負けない、差別を許さない人聞に成長することを目的とする建前だったが、出自暴きとして物議をかもした。
  • 朝日新聞社員2ちゃんねる差別表現書込事件

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【橋下氏VS朝日】会見詳報 (1)「週刊朝日、無知の集団だと思っている」(1/4ページ) - MSN産経westである。
  2. ^ 【最新】週刊朝日 10月26日号 (2012年10月16日発売) | 【Fujisan.co.jp】の雑誌・定期購読
  3. ^ a b “本社など取材、橋下氏が拒否 週刊朝日の連載めぐり”. 朝日新聞デジタル. (2012年10月17日). http://www.asahi.com/politics/update/1017/OSK201210170090.html 2012年10月21日閲覧。 
  4. ^ 【橋下氏VS朝日】会見詳報 (1)「週刊朝日、無知の集団だと思っている」(4/4ページ)- MSN産経west
  5. ^ 社民党埼玉県連HP 県連合第18回定期大会報告より(2012年11月11日閲覧)
  6. ^ 部落解放同盟HP 2011年度(第68期)一般運動方針に、民主・社民両党を支持する趣旨の記載有り(2012年11月11日閲覧)
  7. ^ 『週刊朝日』(2012年10月26日号)掲載記事「ハシシタ 奴の本性」に関する抗議文部落解放同盟HP(2012年11月12日閲覧)
  8. ^ a b 「自身にルーツを暴いてもらいたい」 おわび号に橋下氏反発MSN産経west2012年10月22日21:03配信記事(2012年11月12日閲覧))
  9. ^ 週刊朝日が謝罪「不適切な記述」 橋下代表の出自連載で 共同通信 47NEWS(よんななニュース)
  10. ^ 橋下氏、陳謝、陳謝… 「朝日新聞出版」と「朝日出版社」勘違い”. ZAKZAK (2012年10月25日). 2012年12月8日閲覧。
  11. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2012年10月16日20:51のツイート
  12. ^ 「報道と人権委」の見解、橋下市長に報告 朝日新聞出版”. 朝日新聞 (2012年11月12日). 2012年12月8日閲覧。
  13. ^ LASTWEEK:先週の出来事 10〜16日”. 毎日新聞 (2012年11月18日). 2012年12月8日閲覧。
  14. ^ 特集ワイド:「打ち切って終了」でいいのか 週刊朝日問題 橋下市長の言い分と識者の見方 2/3”. 毎日新聞 (2012年10月25日). 2012年12月8日閲覧。
  15. ^ 特集ワイド:「打ち切って終了」でいいのか 週刊朝日問題 橋下市長の言い分と識者の見方 3/3”. 毎日新聞 (2012年10月25日). 2012年12月8日閲覧。
  16. ^ 特集ワイド:「打ち切って終了」でいいのか 週刊朝日問題 橋下市長の言い分と識者の見方 1/3”. 毎日新聞 (2012年10月25日). 2012年12月8日閲覧。
  17. ^ 『創』2013年3月号
  18. ^ “【再燃 橋下氏VS週朝】「人権侵害週刊誌」「性根腐っている」橋下氏、怒り全開”. 産経新聞. (2013年4月6日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130406/waf13040619400021-n1.htm 2013年4月6日閲覧。 
  19. ^ “橋下氏、週刊朝日に法的手続きへ 連載めぐりバトル再燃”. 産経新聞. (2013年4月6日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130406/waf13040615380015-n1.htm 2013年4月6日閲覧。 
  20. ^ ウェブ連動式 管理職検定|連載 差別表現(小林健治)
  21. ^ 『芸備人権新報』(1999年9月10日号)

参考文献[編集]

  • 上原善広「「週刊朝日」騒動 「橋下徹出自報道」のどこが問題なのか」(『新潮45』2012年12月号)