ヘラルド朝日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘラルド朝日
International Herald Tribune
The Asahi Shimbun
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 株式会社朝日新聞社東京本社
本社 東京都中央区築地5-3-2
代表者 秋山耿太郎
創刊 2001年4月2日
前身 朝日イブニングニュース
1954年1月20日 - 2001年3月31日
言語 英語
価格 1部 160円
月極 4,160円
発行数 33,000部
ウェブサイト http://www.asahi.com/
テンプレートを表示

ヘラルド朝日(ヘラルドあさひ)、正式名称International Herald Tribune/The Asahi Shimbunインターナショナル・ヘラルド・トリビューン/朝日新聞、略称IHT/Asahi)は朝日新聞社と、築地朝日新聞東京本社内に東京支局を置いているニューヨーク・タイムズが提携して発行していた英字新聞。初期の略称は「ヘラトリ朝日」。

インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは現在、ニューヨーク・タイムズの傘下にある。

概要[編集]

東京・名古屋・大阪で印刷。題字はインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)のロゴの下にThe Asahi Shimbunと入っていた。2001年4月2日創刊。月曜日から土曜日までの週6日発行。発行部数は約33,000(2010年公称)。

ページは紙面の前半部・ヘラルド・トリビューン提供記事と紙面後半部・朝日新聞の自社製作の英語版の混成となっている。2008年4月1日、一部売り価格を150円から160円に値上げした。

朝日新聞が2011年2月末で紙ベースの英字新聞事業(自社制作の英語版紙面)から撤退したため廃刊。インターナショナル・ヘラルド・トリビューン自体は2011年3月以降も朝日新聞が印刷、配達を請け負っている。

朝日イブニングニュース[編集]

朝日イブニングニュース(題字はAsahi Evening News)は、朝日新聞社が過去に発行していた英字夕刊紙

朝日新聞創刊75周年記念事業の一環として1954年1月20日創刊。ヘラルド朝日の創刊とともに廃刊(発行号数はヘラルド朝日に受け継がれていた)。

時差の関係で、欧米のニュースを最も早く報道する英字新聞として知られていた。

雇用関連訴訟[編集]

2002年11月、ヘラルド朝日の業務を担当していた外国人嘱託と日本人のフリーの記者・翻訳者の一部が、ヘラルド朝日労働組合を結成した。組合側はフリーの記者らが雇用関係にあることを朝日新聞社が認めることなどを要求した。これに対して、朝日新聞社側は、改めて業務委託契約を結ぶか、最大4回更新を限度とする1年契約の雇用契約を結ぶことを提案したが、組合側が拒否した。最終的に会社側の提案を受け入れなかった4人との契約は、2005年7月末に終了した。

2005年7月末で契約が終了する4人のうち3人は同年7月19日、東京地方裁判所に朝日新聞社を被告として労働契約上の地位確認請求の訴えを起こした。東京地方裁判所は2007年3月19日、原告の請求を棄却。東京高等裁判所での控訴審でも2007年11月29日、朝日新聞社が全面勝訴した。原告側は最高裁判所に上告受理の申し立てをしたが、最高裁は2008年4月11日付で上告受理の申し立てを受理しないことを決定し、原告と朝日新聞社の間に雇用関係が無かったとする司法判断が確定した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]