山本邦山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山本 邦山(やまもと ほうざん、1937年10月6日 - 2014年2月10日)は、滋賀県大津市出身の尺八演奏家、作曲家。元東京芸術大学教授、人間国宝。本名は山本泰正(やまもと やすまさ)。長男は尺八奏者の山本真山

経歴[編集]

都山流尺八演奏を、父である初代山本邦山に習う。のち中西蝶山門下に入る。

録音作品[編集]

  • ニューポートのシャープス・アンド・フラッツ(1967年) - 原信夫との共演。
  • スタンダード・ボッサ(1968年) - 宮間利之との共演。
  • 銀界(1970年) - 菊地雅章ゲイリー・ピーコック村上寛との共演。
  • 竹の組曲(1975年) - 前田憲男、荒川康男、猪俣猛との共演。
  • エターナル・エコー(1979年) - 佐藤允彦富樫雅彦との共演。
  • スリー・マスターズ(1980年) - 佐藤、富樫とのドイツでのライブ録音。
  • 無限の譜(1980年) - 佐藤、富樫と『銀界』の続編として製作されたアルバム。
  • 中島靖子の音楽(1981年) - 箏曲演奏家・中島靖子との共演。
  • アフィニティ(ヘレン・メリルのアルバム、1982年) - 佐藤、井野信義、富樫と共に録音に参加。
  • BREATH(1984年) - 山下洋輔、富樫との共演
  • 遥かなる地より(1997年) - パリでマリンバとデュオ録音、ウィーンで世界発売。
  • 石垣征山作品集 (2003年、日本伝統文化振興財団)
  • 山本邦山作品集成 1 - 8(2006年、日本伝統文化振興財団)

作曲[編集]

  • 二本の尺八による「双宴」
  • 二本の尺八と打楽器・声による「韻」
  • 尺八と打楽器による「輪響」
  • 尺八とピアノのための「掛合と融合」
    以上は『山本邦山 作品』(日本芸術文化振興会国立劇場調査養成部調査資料課監修・編集、現代の日本音楽 国立劇場委嘱作品シリーズ、春秋社、2006年、ISBN 978-4-393-90057-4)収載
  • 信楽絵巻
  • 箏・十七絃による小組曲

音楽担当[編集]

著作[編集]

  • 『尺八演奏論』(出版芸術社、2007年)
  • 『山本邦山 〜人と竹〜』(出版芸術社、2009年4月) - 人間国宝認定後の軌跡を綴る。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 人間国宝の尺八奏者・山本邦山さんが死去 映画音楽なども担当 サンスポ 2014年2月10日

外部リンク[編集]