京都外国語短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都外国語短期大学
京都外国語大学・京都外国語短期大学
京都外国語大学・京都外国語短期大学
大学設置 1950年
創立 1947年
学校種別 私立
設置者 学校法人京都外国語大学
本部所在地 京都府京都市右京区西院笠目町6
学部 英語科
  第一部[1]
  第二部→キャリア英語科
  英語商業科[1]
ウェブサイト 京都外国語短期大学公式サイト
テンプレートを表示

京都外国語短期大学(きょうとがいこくごたんきだいがく、英語: Kyoto Junior College of Foreign Languages)は、京都府京都市右京区西院笠目町6に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は外短。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 京都外国語短期大学は、京都府京都市右京区にある日本私立短期大学。現在は、1学科体制で京都外国語大学に併設されているが短大の開学はそれよりも早い。夜間課程のみ設置されている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 京都外国語短期大学における建学の精神は「言語を通して世界の平和を」となっている。

教育および研究[編集]

  • 京都外国語短期大学にはキャリア英語科のみが設置されており、「英語コミュニケーション」と「観光文化」の各コースが置かれている。

学風および特色[編集]

  • 京都外国語短期大学は、外大と類似した学科が設置されている。そのため短大卒業後、外大への編入学者が少なからずいる。また、大学や大学コンソーシアム京都の単位互換制度も実施されている。

沿革[編集]

  • 1947年 修業年限3年制の準専門学校としての京都外国語学校が開校。中京区西ノ京内畑町に移転。
  • 1950年 京都外国語学校を発展改組して右京区西院笠目町に京都外国語短期大学英語科I部を設置。
  • 1952年 英語科に第二部が設置される。
  • 1954年 学生数(第一部:174 22[2] 第二部:男119 女6[2]
  • 1956年 英語商業科を増設。
  • 1958年 学生数(英語科第一部:男163 女47 第二部:男156 女19 英語商業科:男163 女31[3]
  • 1959年 学生数(英語科第一部:男69 女32 第二部:男155 女8 英語商業科:男81 女9[4]
  • 1960年 英語科第一部・英語商業科廃止。以後は、第二部のみの学生募集となる。
  • 1999年 学生数(英語科第二部:男102 女218[5]
  • 2007年 英語科第二部をキャリア英語科に改組。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府京都市右京区西院笠目町6

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

  • 京都外国語短期大学のカレッジマークは外大と同じものを用いている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • キャリア英語科:「英語コミュニケーション」・「観光英語」の2コースからなる。夜間部2年制となっている。
学科の変遷[編集]
  • 英語科→キャリア英語科(Ⅱ部のみ)
  • 英語商業科[1]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • 司書資格が取得できる。過去には中学校教諭二種免許状英語)が取得できる教職課程が設置されていたが[7]、現在は2年次に一部教職科目を履修した上で併設の京都外国語大学に編入学して残り科目を履修していくことになる(この場合は一種免許状となる)。学芸員資格についても教職免許と同じ様な方法で履修していくことになる。
  • 初期には、英語科第一部・第二部において中学校教諭ほか高等学校教諭免許状(英語)の教職課程を併設[8]

附属機関[編集]

  • 国際交流会館
    • アジア関係図書館:蔵書数はおよそ85,000冊。
    • 岡本太郎画伯のレストランがある。エスニック料理と西洋料理が中心となっている。
  • 図書館:蔵書数はおよそ494,000冊。
  • 研究所
    • 国際言語平和研究所
    • 京都ラテンアメリカ研究所

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 「入学者の質的変化に対応する学習支援」において、2004年に採択されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 京都外国語短期大学のクラブ活動:「FGC」や「イタリア語研究会」など語学を活かした活動団体が多いものとなっている[9]

学園祭[編集]

  • 京都外国語短期大学の学園祭は「外大祭」と呼ばれ毎年、概ね11月に外大と合同で行われている。語劇祭が併行して行われている。過去の語劇祭では、留学生会による『白雪姫』やイタリア語研究会による『ロミオとジュリエット』が上演された。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 松平康東:初代学長
  • 堀川徹志:現学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス内[編集]

  • 1号館
    • 「コンパーニョ」と称したホールがある[10]
  • 7号館
  • 8号館
  • 森田記念講堂
  • 11号館
    • 購買部
    • 書籍部
  • 12号館
    • 「リブレ」と称した食堂がある。

キャンパス外[編集]

  • セミナーハウス鹿野荘
  • 琵琶湖ハウス
  • 神崎研修会館

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

関係校[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 英語スピーチコンテストに参加している。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 学生募集は1958年度入学生まで。1960年廃止。
  2. ^ a b 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1379頁より。
  3. ^ 昭和34年度版『総覧』23頁より。
  4. ^ 昭和35年度版『総覧』21頁より。
  5. ^ 2000年度版『総覧』76頁より。
  6. ^ 現在のキャリア英語科にあたる
  7. ^ 1954年から1998年度入学生まで
  8. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)63頁より。
  9. ^ 「FGC」とは、「Free Guide Club」の略で、外国人観光客に、京都の観光名所などを英語で案内する内容のものとなっている。
  10. ^ 「コンパーニョ」とはイタリア語で、「仲間とともに集う」という意味がある。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。