明治鍼灸大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明治鍼灸大学医療技術短期大学部
大学設置/創立 2002年
学校種別 私立
設置者 学校法人明治東洋医学院
本部所在地 京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1
学部 柔道整復学科
ウェブサイト 明治鍼灸大学医療技術短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

明治鍼灸大学医療技術短期大学部(めいじしんきゅうだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: College of Medical Technology Meiji University of Oriental Medicine)は、京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1に本部を置いていた日本私立大学である。2002年に設置された。大学の略称は明治柔整短大(めいじじゅうせいたんだい)。学生募集は2005年度まで。翌年度より明治国際医療大学保健医療学部への統合により短期大学は学生募集を停止し、2009年8月26日 正式廃止[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 柔道整復師養成学科を設けていた。
  • 体育実技科目として柔道があった[2]
  • 修業年限は昼間部3年制で卒業所要単位は107単位以上であった[2]

学風および特色[編集]

  • 高度な専門性と資質を備える人材育成を目標に定めていた。
  • 日本初の柔道整復師養成短大として開学されるも、開学2年後2004年に本学大学で4年制の保健医療学部柔道整復学科、2006年に同じく看護学部が開設され、本短大は募集停止された[3]

沿革[編集]

  • 2002年 明治鍼灸大学医療技術短期大学部開学。柔道整復学科を置く(入学定員60に対する学生総数は34、2[4]
  • 2005年度をもって学生募集を終了。翌年度より既設の保健医療学部との一体化。
  • 2009年8月26日 正式廃止[1]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 京都府南丹波市日吉町日吉町保野田ヒノ谷6-1

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 柔道整復学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

  • 柔道整復師受験資格が得られるシステムとなっていた。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 明治鍼灸大学医療技術短期大学部の学園祭は「たには祭」と呼ばれ、概ね10月頃に大学と混合で行われてい[2]た。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 栗山欣彌:短大学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス:JR山陰本線鍼灸大学前
  • 設備:かつて明治鍼灸大学のキャンパス内にあった8号館が短期大学部独自の校舎となっていた。その他は全て大学と共同使用していた[2]

[編集]

  • 明治鍼灸大学医療技術短期大学部には、指定学生寮がなく下宿の斡旋が行われていた[2]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 柔道整復学科:専門職として病院診療所などに就職する人が大半となっていたものとみられる[5]

編入学・進学実績[編集]

  • さらに、鍼灸師資格取得のために鍼灸系の大学に進学する人もいたものとみられる[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』282頁より。
  2. ^ a b c d e f g 2004年度入学案内小冊子より。
  3. ^ 2008年東京都に既存中の帝京短期大学にてそれの養成がスタートした。
  4. ^ 2004年度『全国短期大学受験案内晶文社、329頁より。
  5. ^ a b 初めての卒業生がでた年の4月以降、次年度の募集停止が決定されていたため、具体的なデータがないので推測となっている。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]