中国短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国短期大学
中国学園大学・中国短期大学
中国学園大学・中国短期大学
大学設置/創立 1962年
学校種別 私立
設置者 学校法人中国学園
本部所在地 岡山県岡山市北区庭瀬83番地
キャンパス 庭瀬キャンパス(岡山市北区庭瀬)
旧・船頭町キャンパス(岡山市北区船頭町)
学部 総合生活学科
保育学科
英語コミュニケーション学科
音楽科(廃止)
情報ビジネス学科
研究科 介護福祉専攻
音楽専攻
ウェブサイト 中国短期大学公式サイト
テンプレートを表示

中国短期大学(ちゅうごくたんきだいがく、英語: Chugoku Junior College)は、岡山県岡山市北区庭瀬83番地に本部を置く日本私立大学である。1962年に設置された。大学の略称は中短。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 中国短期大学の教育理念は「温かい心・ひらめく叡智・耐えぬく努力」となっている。

教育および研究[編集]

  • 中国短期大学における教育
    • 総合生活学科:「健康福祉」・「フードクリエイト」・「生活産業」・「生活教養」の4コースがある。
    • 保育学科:発表会がある。
    • 英語コミュニケーション学科:「留学」・「英語・児童英語教育」・「国際キャリア」・「総合英語」の4コースがある。2008年度から、新コース「英語パフォーミングアーツ・コース」が加わり、演劇活動を中心に英語力の養成が行われる。
    • 音楽科:「ピアノ」・「電子オルガン」・「管弦打楽器」・「声楽」・「作曲」・「吹奏楽」・「音楽療法」の7コースがあった。
    • 情報ビジネス学科:「メディアクリエイト」・「ITクリエイト」・「ビジネスクリエイト」の3コースがある。

学風および特色[編集]

  • 中国短期大学では、カナダでの留学や研修が行われている。
  • 全学科とも男女共学である。

沿革[編集]

  • 1962年 学校法人平田学園による中国女子短期大学(ちゅうごくじょしたんきだいがく)として開学。家政科を置く[1]
  • 1963年 家政科に二部が設置される:募集は1978年度まで。1980年6月6日廃止
  • 1964年 保育科を増設。
  • 1965年 都窪郡吉備町庭瀬(現校地)へ移転。
  • 1966年 中国短期大学と改称。共学となる。以下の学科を設置。
    • 英文科[2]
    • 音楽科[3] :募集は2010年度まで
  • 1968年 専攻科を設置。
  • 1978年 家政科を専攻分離する。
    • 家政専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1979年 音楽科を専攻分離する。
    • 器楽専攻
    • 声楽専攻
  • 1986年 学科名を変更する。
    • 英文科→英文学科
    • 保育科→幼児教育科
  • 1988年 専攻科を増設
    • 幼児教育専攻
    • 英語英文専攻
  • 1989年 学科及び専攻名を変更。
    • 家政科→生活学科
      • 家政専攻→生活教養専攻
  • 運営主体を学校法人中国短期大学に変更。
  • 1992年 経営情報学科を増設(2004年 情報ビジネス学科と改称)
  • 1995年 放送大学と単位互換協定を締結する。
  • 1999年 学科名を変更する。
    • 生活学科
      • 生活教養専攻→総合生活学科
      • 食物栄養専攻→人間栄養学科:募集は2001年度まで
    • 英文学科→英語コミュニケーション学科
  • 2001年 運営主体を学校法人中国学園に変更。
  • 2004年 幼児教育科を保育学科と改称。
  • 2011年 音楽科募集停止。
  • 2012年 音楽科廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 庭瀬キャンパス(岡山県岡山市北区庭瀬83番地)
  • 船頭町キャンパス(岡山県岡山市船頭町12[4]

象徴[編集]

  • 中国短期大学のカレッジマークはヒマワリをイメージしている。
  • 中国短期大学の大学歌にはまず『若きわれら』があり、永瀬清子が作詞・河田忠文が作曲している。『学生歌』は大下賢治が作詞、加藤忠が作曲している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 総合生活学科
  • 保育学科
  • 英語コミュニケーション学科
  • 音楽科(2011年度より募集停止):過去には以下の専攻課程が設置されていた。
    • 器楽専攻:現在のピアノ・電子オルガン・管弦打楽器の各コースに該当した。
    • 声楽専攻:現在の声楽コースに該当した。
  • 情報ビジネス学科
過去にあった学科[編集]
  • 人間栄養学科:募集は2001年度まで。翌年度より中国学園大学へ譲渡される。
  • 家政科Ⅱ部:日中働きながら学ぶ人のために設けられた課程で、学修内容は家政科Ⅰ部とほぼ同等となっていた。募集は1978年度まで[5]

専攻科[編集]

過去にあった課程[編集]
  • 英語英文専攻:募集は2002年度まで
  • 幼児教育専攻:募集は2007年度まで

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
資格
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状
    • 英語:英語コミュニケーション学科
    • 音楽:音楽科にて設置されていた。
    • 家庭::総合生活学科の前身である生活学科生活教養専攻にて設置されていた。
  • 幼稚園教諭二種免許状
    • 保育学科
    • 音楽科にて設置されていた。
  • 介護福祉士:専攻科介護福祉専攻にて取得できる。指定保育士養成施設に認定されている短大・大学を卒業した人で保育士資格を取得した人が対象となっている。
その他
  • 児童英語修了証: 英語コミュニケーション学科にて取得できる。

附属機関[編集]

  • 地域連携センター

研究[編集]

  • 『中国学園紀要』が発行されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 中国短期大学の学園祭は「白鷺祭」と呼ばれ毎年、概ね10月頃に行なわれている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

庭瀬キャンパス[編集]

  • 使用学科:総合生活学科・保育学科・英語コミュニケーション学科・音楽科・情報ビジネス学科
  • 使用専攻科:介護福祉専攻・幼児教育専攻・音楽専攻
  • 使用附属施設:地域連携センター
  • 交通アクセス:JR山陽本線庭瀬駅下車の場合は、徒歩で15分程度はかかる道程となっている。
  • バスを利用する場合は、岡山電気軌道バスで「中国短大入口」バス停留所下車すぐ。JR山陽本線岡山駅より便がある。
  • 設備:本館・学生食堂・1号館・2号館・3号館・4号館・5号館・6号館・7号館・8号館・9号館・10号館・11号館・12号館・体育館・図書館・情報処理センター・正門・南門・西門・テニスコート・グラウンドほか

旧・船頭町キャンパス[編集]

  • 使用学科:家政科Ⅱ部
  • 使用専攻科:なし
  • 当時の交通アクセス:岡山電気軌道清輝橋線清輝橋停留場
  • ヤフーマップで確認したところ、かつての校舎は別の建物として使用されているようである。

[編集]

  • 中国短期大学の寮は「光風寮」と呼ばれる。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

カナダ[編集]

オーストラリア[編集]

中国[編集]

日本[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座が催されている。
  • 「おかやま学びフェスタ2008」に情報ビジネス学科の学生が参加している。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の在学者数は54人となっている。
  2. ^ 当初の在学者数は女子42人となっている。
  3. ^ 当初の在学者数は83人(うち男子6人)となっている。
  4. ^ 現在は、北区船頭町12
  5. ^ ちなみにこの年度における学生総数は女子21人となっている。



この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。