名古屋文化短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋文化短期大学
キャンパス正門(名古屋市東区葵)
キャンパス正門(名古屋市東区葵)
大学設置 1950年
創立 1933年
学校種別 私立
設置者 学校法人山田学園
本部所在地 愛知県名古屋市東区葵1-17-8
学部 生活文化学科
研究科 生活文化専攻
生活学専攻
ウェブサイト 名古屋文化短期大学公式サイト
テンプレートを表示

名古屋文化短期大学(なごやぶんかたんきだいがく、英語: Nagoya Future Culture College、公用語表記: 名古屋文化短期大学)は、愛知県名古屋市東区葵1-17-8に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称はNFCC。 英称は「Nagoya Future Culture College」だが、これは旧学名(名古屋女子文化短期大学の英称であるNagoya Feminine Culture College)の「NFCC」の名残とも考えられる。ちなみに、名古屋文化学園保育専門学校とは、全く別の法人である。

概観[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 名古屋文化短期大学は生活文化学科のみだが、ファッション・美容・ネイルアート・食物・製菓など専門学校にあるような専門科目が置かれている。
  • アメリカオレゴン州にて英語研修が行われている。
  • ニューヨークにてFITメイク研修が行われている。

学風および特色[編集]

  • 名古屋文化短期大学は2007年度、財団法人短期大学基準協会における第三者評価の結果、「適格」認定を受けている。
  • 全国の短大では唯一の美容師養成通信課程がある。
  • フローラルデザイン・ブライダルコースの学生が主催する模擬結婚式がある(フローラルウェディング)
  • 学校法人山田学園が主催するファッションショー(JFS)がある。

沿革[編集]

  • 1933年 山田和洋裁縫所が創立される。
  • 1950年 山田家政短期大学(やまだかせいたんきだいがく)を設置。家政科をおく。
  • 1967年 家政科を2つの専攻に分離。
    • 被服専攻
    • 食物専攻:後に、食生活専攻に改称。
  • 1968年 家政科にII部を設置(2006年、廃止)
  • 1969年 被服専攻を家政専攻に名称変更
  • 1985年 服飾専攻を新設:後に、ファッションビジネス専攻に改称。
  • 1987年 名古屋女子文化短期大学(なごやじょしぶんかたんきだいがく)と改称
  • 1999年 専攻科を設置。
  • 2004年 共学化に伴い、現校名を名古屋文化短期大学に改称。
  • 2008年10月 生活文化学科生活文化専攻美容文化コースに通信教育課程を置く。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市東区葵一丁目17-8

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 生活文化学科I部
    • 生活文化専攻
      • 総合美学コース
      • 現代パフォーマンスコース
      • ミュ-ジカルコース
      • バレエ・ジャズダンスコース
      • フローラルデザイン・ブライダルコース
      • 絵本・インテリアコース
      • ビューティークリエイタ―コース
    • ファッションビジネス専攻
      • ファッションビジネスコース
      • ファッションデザインコース
      • ファッションコーディネートコース
      • ネイルアートコース
      • メイクアップアートコース
    • 食生活専攻
      • 家庭料理・美食スタイリストコース
      • 調理師・キッチンデザイナーコース
      • 製菓クリエイトコース
  • 通信教育部美容師養成コース
過去の学科体制[編集]
  • 生活文化学科
    • I部
      • 生活文化専攻
      • 服飾専攻
      • 食生活専攻
    • II部:ライフデザインコースが設置されていた。

専攻科[編集]

  • 生活文化専攻:修業年限は昼間部1年制となっている。
  • 生活学専攻:修業年限は昼間部2年制となっている。

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

資格

  • 調理師資格:生活文化学科食生活専攻調理師・キッチンデザイナーコースにて取得が可能である。

受験資格

  • 製菓衛生師:製菓クリエイトコースにて取得が可能である。
  • 美容師:生活文化専攻ビューティークリエイタ―コースを対象。
  • その他については、ホームページや入学案内などを参照にされたい。
  • かつては教職課程もあり、中学校教諭二種免許状家庭)も設置されていた[1]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 名古屋文化短期大学の学園祭は「葵祭」と呼ばれ、ビューティークリエイタ―コース学生によるヘアショーやファッションデザインコース学生によるファッションショーなどが行われている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 名古屋文化短期大学には、旧来の山田家政短期大学・名古屋女子文化短期大学を含めた同窓会組織がある。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 川辺完道:初代学長
  • 山田健市:現学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス:最寄りの名古屋市営地下鉄東山線新栄町駅
  • 設備
    • 図書館:所蔵資料数はおよそ40,000冊
    • クリスタルホール:カナダ人技術者により製作された。
    • C館アトリウム:イタリアから直送された大理石が床を飾っている。
    • 葵ギャラリー:当短大の小美術館となっている。2012年6月1日付にて名古屋市の認定地域建造物資産に認定された[2]
    • 葵ラウンジほか

学生食堂[編集]

  • 名古屋文化短期大学の学生食堂(学食)は2つあり、1つはランチなどを提供し、他方はテーブルマナーを学ぶためのホテル料理を提供しているところに特色がある。そのほかに、簡単なカフェがある。

[編集]

  • 名古屋文化短期大学には指定寮があり、学生は入寮の際、特典を受けることができる。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

トピック[編集]

  • 単科の短大であるにも関わらず、現在のキャンパスの建設費用に45億円を費やすほどの「ゴージャス」ぶりに加え[3]、授業料が2年間で計290万円(2011年度入学者の場合)[4]と短大としては比較的高額であること、キャンパスが名古屋市内の中心部に近い(まで1駅)利便性の高さなどから、名古屋ではいわゆるSSK(椙山女学園愛知淑徳金城学院)に次ぐお嬢様学校として、最近名が売れてきている。特に2000年頃から全国的に話題となったいわゆる「名古屋嬢」ファッションについては、SSKよりもむしろ本大学が発祥であるとする者も少なくない[5]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生活文化学科Ⅰ部生活文化専攻(教職コース)とⅡ部に設置されていた。当初は、高等学校教諭二種免許状(家庭)も併設されていた(『教員養成課程認定大学短期大学一覧』〈文部省大学学術局編〉より)
  2. ^ “名古屋市:名古屋文化短期大学 葵ギャラリー”. 住宅都市局都市計画部歴史まちづくり推進室 (名古屋市). (2012年6月4日). http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000036308.html 2013年11月25日閲覧。 
  3. ^ 名古屋の儲かり商法 ~名古屋を知れば変わる、もっと儲かる~ - 儲かりマンデー!!TBS)・2004年11月14日
  4. ^ 学費について
  5. ^ 名古屋文化短期大学の山田理事長は何者か - メディアジャパン学園ブログ・2006年2月4日

参考文献[編集]

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。