城西短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城西短期大学
東京紀尾井町キャンパス
東京紀尾井町キャンパス
大学設置/創立 1983年
学校種別 私立
設置者 学校法人城西大学
本部所在地 埼玉県坂戸市けやき台1-1
キャンパス 坂戸キャンパス(埼玉県坂戸市けやき台1-1)
紀尾井町キャンパス(東京都千代田区紀尾井町3-26)
学部 ビジネス総合学科
旧来の学科については、学科の変遷を参照。
ウェブサイト 城西短期大学公式サイト
テンプレートを表示

城西短期大学(じょうさいたんきだいがく、英語: Josai Junior College)は、埼玉県坂戸市けやき台1-1に本部を置く日本私立大学である。1983年に設置された。大学の略称は城西短大。本稿では、旧来の城西大学女子短期大学部についても触れておく。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 城西短期大学は、埼玉県坂戸市内にある日本私立短期大学で、運営主体は学校法人城西大学。城西大学に併設された短大で、元々は2学科4専攻体制だったが、順次学科再編され、現在は1学科体制となった。埼玉県坂戸市が本部であるが、東京都千代田区紀尾井町にもキャンパスがある。愛称は「城西ベースカレッジ」である。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 城西短期大学の教育理念は「社会人としての教養と見識を備えた人間性を育てること、社会に出てすぐ役立つ実務の知識を教え、すぐれた能力を開発すること云々」となっている[1]

教育および研究[編集]

  • ビジネス系の学科が設置されており、TOEICをはじめ就職に有利な資格取得支援が行なわれている。社会人に対する学習支援にも力を入れている。

学風および特色[編集]

  • 城西短期大学は、当初から城西大学に付設された短大として設置されている関係上、両者との交流が盛んである。そのため、系列の城西大学や城西国際大学への編入学者が目立っている。

沿革[編集]

  • 1983年 城西大学女子短期大学部(じょうさいだいがくじょしたんきだいがくぶ 英称:Josai Junior College for Women)として開学。
    • 経営学科:在学者数は136[2]
      • 経営実務専攻
      • 秘書専攻
    • 文学科:在学者数は135[2]
      • 日本文学専攻
      • 英米文学専攻
  • 1987年 専攻科を設置。
    • 経営実務専攻
    • 秘書専攻
    • 日本文学専攻
    • 英米文学専攻
  • 1993年 専攻科が大学評価・学位授与機構に認定される。
  • 2001年 学科を改組。
    • 経営学科→経営情報実務学科
    • 文学科→現代文化学科
  • 2005年 城西短期大学と改称。男女共学とする。
  • 2006年 経営学科と現代文化学科を統合してビジネス総合学科とする。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

象徴[編集]

  • 城西短期大学のカレッジマークは城西大学と同じものとなっている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • ビジネス総合学科:「経営販売」、「情報ビジネス」、「キャリアデザイン」の各コースからなる。
学科の変遷[編集]
  • 文学科→現代文化学科[3]→ビジネス総合学科
    • 日本文学専攻[4]
    • 英米文学専攻[4]
  • 経営学科→経営情報実務学科[3]→ビジネス総合学科
    • 経営実務専攻[4]
    • 秘書専攻[4]

専攻科[編集]

  • 日本文学専攻[5]
  • 英米文学専攻[5]
  • 経営実務専攻[5]
  • 秘書専攻[5]

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 水田記念図書館
  • 情報科学研究センター
  • 清光会館
  • 水田美術館

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 城西短期大学のクラブ活動は、城西大学との合同で駅伝・チアリーダー・フォークスウィンギングなど様々な団体組織がある。

学園祭[編集]

  • 城西短期大学の学園祭は「高麗祭」と呼ばれ、併設の城西大学と合同で行われているのが特徴である。

同窓会組織[編集]

  • 城西短期大学同窓会組織があり、これには旧来の城西大学女子短期大学部も含まれている。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 渡辺徳二:初代学長
  • 田中昭:現学長

出身者[編集]

芸能[編集]

アナウンサー[編集]

スポーツ[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

坂戸キャンパス[編集]

  • 使用学科:ビジネス総合学科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:水田記念図書館・情報科学研究センター・清光会館・水田美術館
  • 交通アクセス:東武越生線川角駅下車。
  • 設備:短大独自のキャンパスが学内にある。その他は、大学と共同となっている。

紀尾井町キャンパス[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

スペイン[編集]

カナダ[編集]

中国[編集]

韓国[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • エクステンション・プログラムが行われている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 全学科を含めて、城西大学・城西国際大学のほか中央大学への編入学実績もある[7]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この理念が成立した当初は、女子短大だったので「女性」という言葉が含まれていた。
  2. ^ a b 昭和59年度版『全国学校総覧』45頁より。
  3. ^ a b 募集は2005年度まで。
  4. ^ a b c d 募集は2000年度まで。
  5. ^ a b c d e f g 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)214ページより、2000年度時点では存在していたことがわかる。
  6. ^ a b c d 2000年度用入学案内冊子より一部引用。
  7. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)438ページより。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。