黒田清輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
黒田 清輝
くろだ きよてる
Kuroda Seiki.jpg
『国史肖像大成』に掲載された
黒田の肖像写真
生年月日 1866年8月9日
慶応2年6月29日
出生地 日本の旗 薩摩国鹿児島郡鹿児島城下東千石馬場町
(現:鹿児島県鹿児島市東千石町
没年月日 1924年7月15日(満57歳没)
死没地 日本の旗 東京府東京市
出身校 東京外国語学校
前職 東京美術学校教授
現職 帝国美術院院長
称号 従三位
勲二等旭日重光章
子爵
親族 黒田清綱養父伯父

選挙区 貴族院子爵議員
任期 1920年3月 - 1924年7月15日
テンプレートを表示

黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日慶応2年6月29日) - 1924年大正13年)7月15日)は、日本洋画家政治家位階従三位勲等勲二等爵位子爵通称新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名では「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。

東京美術学校教授帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

鹿児島県鹿児島市出身。薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、のちに伯父の子爵黒田清綱(江戸時代の通称は嘉右衛門)の養子となる。1872年(明治5年)に上京。小学校卒業後は漢学塾二松學舍(現二松學舍大学)に通う。1878年高橋由一の門人・細田季治につき、鉛筆画ならびに水彩画を学ぶ。上級学校進学を意識し、当時の受験予備校であった共立学校、すぐに築地英学校に転校、その後は東京外国語学校を経て、1884年から1893年まで渡仏。当初は法律を学ぶことを目的とした留学であったが、パリで画家の山本芳翠藤雅三美術商林忠正に出会い、1886年に画家に転向することを決意し、ラファエル・コランに師事する。

美術家として[編集]

1893年に帰朝すると、美術教育者として活躍する。1894年には芳翠の生巧館を譲り受け久米桂一郎と共に洋画研究所天心道場を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる作風を確立させ、1896年には明治美術会から独立する形で白馬会を発足させる。また同年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して教員となり、以後の日本洋画の動向を決定付けた。1898年、東京美術学校教授に就任。1910年10月18日[1]には洋画家として最初の帝室技芸員に選ばれ、また帝国美術院院長などを歴任した。1917年には養父の死去により子爵を襲爵する。第5回貴族院子爵議員互選選挙にて当選し、1920年貴族院議員に就任している。

顕彰[編集]

黒田記念館

黒田の遺言には、遺産を美術の奨励に役立てるようにと記されていた[2]。この遺志に基づき黒田記念館が建設され、館内には遺作を展示する黒田記念室が設けられるとともに、帝国美術院附属美術研究所が同館に設置された[2]。その後、帝国美術院附属美術研究所は、東京文化財研究所に改組された[2]2007年より、国立文化財機構が運営する東京国立博物館によって管理されている[2][3]

出自[編集]

黒田家は本姓佐々木源氏で、福岡藩藩主家黒田家の遠縁にあたるが、清輝の先祖で薩摩藩史上で名が知られるのは黒田嘉右衛門が記録奉行や蒲生郷地頭(現在の鹿児島県姶良市)に就任したあたりからで、その弟で養子の黒田才之丞は近思録崩れの最中に山本伝蔵の後任として教授になり、兄の死後に帖佐郷地頭に任じられる。その子新之亟(嘉右衛門とも)は記録奉行を勤め、新之亟の次男が清輝の父である。

栄典[編集]

作品[編集]

『湖畔』(1897年
『智・感・情』のうち「情」(1899年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8199号、明治43年10月19日。
  2. ^ a b c d 「黒田記念室沿革」『About KURODA Memorial Hall東京文化財研究所
  3. ^ 「黒田記念館」『東京国立博物館 - 展示 黒田記念館東京国立博物館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
森林太郎
日本の旗 帝国美術院院長
第2代:1922年 - 1924年
次代:
福原鐐二郎