ラファエル・コラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・コラン

ラファエル・コラン(Raphael Collin、1850年6月17日 - 1916年10月21日)はフランス画家。日本から留学した黒田清輝らを指導した。

パリ出身。エコール・デ・ボザール(美術学校)に学び、1873年、美術アカデミーのサロン入選作「眠り」でデビュー。1894年、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)受章。画学校を主宰し、1902年エコール・デ・ボザール教授になった。

アカデミーの古典的な骨格を備えながら、印象派象徴主義の影響を受けた優美な画風の作品を制作し、裸婦像も多い。印象主義の影響を受けた折衷的な作風は外光派(Pleinairisme)と呼ばれる。

藤雅三の紹介で黒田清輝久米桂一郎が指導を受け、後に岡田三郎助和田英作もコランの元で学んだ。

日本ではこれら洋画家の師として知られるが、フランス絵画史では印象派の最盛期にあたるため、折衷的なコランの画風が評価されることは少なく、当のフランスでもほぼ忘れられた作家であるという。日本では静岡県立美術館などでコランの回顧展(1999年-)が開催された[1]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラファエル・コラン展”. 静岡県立美術館. 2013年6月26日閲覧。