ピエール・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bataille - Pierre Louys.jpg

ピエール・ルイス(Pierre Louÿs, 1870年12月10日ヘント - 1925年6月6日パリ)は、独特の語り口(いわゆる毒舌)と、研究家顔負けの古代ヨーロッパ史の知識を持つ、フランスの耽美作家、詩人。

伝記は、沓掛良彦『ピエール・ルイス伝』(水声社、2003年)に詳しい。

主な作品[編集]

生田耕作訳の<ピエール・ルイス作品集>が、奢霸都館(全5巻予定)で、内3冊(※)が刊行された。

  • アフロディテ:古代風俗(Aphrodite - Mœurs Antiques)
沓掛良彦訳<平凡社ライブラリー、品切>と小松清訳<白水社絶版>
  • ビリティスの歌(Les Chansons de Bilitis)※リンク先参照
  • 女と人形 (La femme et le Pantin)※
1984年、新版が、<アフロディーテ双書>晶文社、2003年
  • 紅殻絵※(短編集)、1985年
  • 妖精たちの黄昏 (Le Crepuscule des nymphes)
短篇集、宮本文好訳、弥生書房、1982年
  • 私の体に悪魔がいる(La Femme et le pantin)
  • 母娘特訓(セックス・レッスン)(Trois Filles de Leur Mère)
  • エスコリエ夫人の異常な冒険(短篇  Contes choisis)
  • Astarte
  • Les Aventures du roi Pausole
  • Pervigilium Mortis
  • Manuel de Civilité pour les petites filles
  • Au Temps des Juges
  • Psyché
  • Histoire du Roi Gonzalve et des douze princesses
  • La femme
  • Farizade
  • L'Île aux dames
  • Jeunes filles
  • Manuel de Gomorrhe
  • Les mémoires de Joséphine
  • L'œuvre érotique
  • Pastiches et parodies
  • Petites miettes amoureuses
  • Poèmes inédits
  • Poèmes érotiques inédits
  • Poésies
  • Pybrac
  • Le sentiment de la famille
  • La soliste
  • Sonnets libertins
  • Toinon
  • Trente-deux quatrains
  • Le trophée de vulves légendaires
  • JOURNAL INTIME (1929)