欲望のあいまいな対象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欲望のあいまいな対象
Cet obscur objet du désir
監督 ルイス・ブニュエル
脚本 ルイス・ブニュエル
ジャン=クロード・カリエール
製作 セルジュ・シルベルマン
製作総指揮 ウリ・ピカール
出演者 フェルナンド・レイ
キャロル・ブーケ
アンヘラ・モリーナ
撮影 エドモン・リシャール
編集 エレーヌ・プレミアニコフ
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 フランスの旗 1977年8月14日
日本の旗 1984年11月3日
上映時間 99分
製作国 フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 フランス語
スペイン語
テンプレートを表示

欲望のあいまいな対象』(よくぼうのあいまいなたいしょう、原題:フランス語: Cet obscur objet du désir)は、1977年に製作・公開されたフランススペイン合作映画である。

概要[編集]

ルイス・ブニュエル監督の遺作で、ピエール・ルイス小説『女と人形』(『私の体に悪魔がいる』)からインスパイアされた作品(原作とはクレジットされていない)。 ヒロイン・コンチータをフランス人のキャロル・ブーケとスペイン人のアンヘラ・モリーナの二人の女優が演じるという「二人一役」の演出がなされている。キャロル・ブーケは本作品が映画初出演である。 また、余りにも唐突に訪れる結末により、『アンダルシアの犬』や『黄金時代』などと重ね合わせてシュルレアリスム作品と語られることもある。 1977年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。

ストーリー[編集]

テロの危険に満ちたセビリア。初老の紳士フェルナンドは、発車間際の電車に乗り込もうとしてきた1人の女にバケツの水を被せる。驚く相客に、彼は女が悪魔であることを語りだす。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]