ジョルジュ・バルビエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「ジャンヌ・パキンのガウン」(1914年)
『Le Spectre de la Rose』のニジンスキー(1911年)

ジョルジュ・バルビエGeorge Barbier1882年10月10日 - 1932年)は、フランスイラストレーター20世紀を代表するイラストレーターの一人である。古典を基礎に、当時、流行した日本趣味(ジャポニスム)、中国趣味(シノワズリ)の影響を受けた流麗なアール・デコ様式のイラストレーションで知られる。

その才能はグラフィック・アートのみに向けられたため、美術史においては長い間、軽視されてきた[1]

経歴[編集]

1882年10月10日ナントの裕福なブルジョワの家庭に生まれる。ナントは大陸貿易で栄えた古都で、木版画家のオーギュスト・ルペール、その弟子で銅版画ジャン=エミール・ラブルールを輩出している。

1908年パリに上京し、エコール・デ・ボザールに学ぶ。1909年パリで巡業したセルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)公演を鑑賞、アンナ・パヴロワヴァーツラフ・ニジンスキーら新進気鋭の舞踏家や、芸術監督レオン・バクストアレクサンドル・ブノワによる舞台装置に影響を受ける。1911年パリで個展を開始した後、1913年作品集『ニジンスキー』、次いで翌1914年『タマル・カルサヴィナ』を発表する。

同時期、ギリシア趣味やロシア・バレエに加え、ファッションモードにも深い関心を寄せ、1912年創刊のファッション雑誌『ジュルナール・デ・ダーム・エ・デ・モード』、『ガゼット・デュ・ポン・トン』に定期的にイラストレーションを掲載することとなった。

1914年高級ファッション雑誌『モード・エ・マニエール・ドージュルデュイ』にイラストレーションを連載する。

1920年代エルテとともに舞台、映画の衣装や舞台装置のデザインに進出する。

1929年『イラストレーション』誌 L'Illustation magazineに連載。

1932年死去。50歳[2]

参照[編集]

  1. ^ このようなバルビエの生前に関する評価は英語版、フランス語版とも見られない。
  2. ^ 英語版、フランス語版では、バルビエが絶頂のうちに死去したとする一方で、世界恐慌の中、失意のうちに亡くなったとするものもある。

日本語文献[編集]

  • 『バルビエ・コレクション』 鹿島茂編・解説、リブロポート全3巻、1992-94年
  • 『ジョルジュ・バルビエ画集 永遠のエレガンスを求めて』 鹿島茂解説 六耀社 2008年 ISBN 978-4-89737-604-2

関連項目[編集]

  • 栗林誠一郎 - Barbierとして活動した人物で、彼にインスパイアされた歌手という形式で設定。

外部リンク[編集]