後藤明生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
後藤 明生
(ごとう めいせい)
誕生 1932年4月4日
日本の旗 日本朝鮮咸鏡南道永興郡
(現:朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮咸鏡南道金野郡
死没 1999年8月2日(満67歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 早稲田大学露文科
活動期間 1955年 - 1999年
ジャンル 小説
文学活動 内向の世代
代表作 『挾み撃ち』 (1973年)
『夢かたり』(1976年)
吉野大夫』(1981年)
『首塚の上のアドバルーン』(1989年)
主な受賞歴 平林たい子文学賞(1977年)
谷崎潤一郎賞(1981年)
芸術選奨(1990年)
処女作 『赤と黒の記録』(1955年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

後藤 明生(ごとう めいせい、1932年4月4日 - 1999年8月2日)は日本小説家。本名は明正。

来歴・人物[編集]

朝鮮咸鏡南道永興郡生まれ。中学に入学した時、敗戦を迎える。引き揚げの途中で父と祖母を失った。そのことは作品の幾つかに散見される。旧制福岡県立朝倉中学校に転入し、早稲田大学第二文学部露文学科を卒業。大学在学中の1955年に『赤と黒の記録』で「文藝」の全国学生小説コンクールに入選。博報堂を経て平凡出版(現・マガジンハウス)に勤務。1962年に『関係』で文藝賞佳作。1967年、「文學界」に発表した『人間の病気』で芥川賞候補となる。1968年には『S温泉からの報告』と『私的生活』で候補となり、退社。1969年に『笑い地獄』で4度目の芥川賞候補となるが、受賞はしなかった。1977年に『夢かたり』で平林たい子文学賞、1981年に『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、1990年に『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。

1977年より、古井由吉坂上弘高井有一とともに責任編集者として、平凡社から季刊雑誌『文体』を刊行した。当時、編集者だった村松友視の作品を「文体」に掲載させたのも彼である。1989年の近畿大学文芸学部設立にあたって教授に就任、東京から大阪の通勤をしていたが、のちに大阪へ移住。1993年より同学部長を務めた。

内向の世代」の作家の一人であり、事物や人間の関係性へ意識を向けた批評的でユーモラスな作品を著した。「グロテスク」という観点からニコライ・ゴーゴリフランツ・カフカに影響を受けており、ゴーゴリの『外套』を起点とした『挾み撃ち』(1973年)は秋山駿柄谷行人蓮實重彦に評価され、文壇での地位を確立した。

『小説―いかに読み、いかに書くか』では自らの小説作法について、小説を書く理由は小説を読んだためだと説明している。

エピソード[編集]

  • 原稿は、6Bの鉛筆を使って執筆していたという。書いた字を消しゴムで消しやすいためで、書いた字を線で消すのが嫌だったという。そのため、大量の消しゴムのカスが出て、それを払うための「刷毛」も常備していた[1]

著作[編集]

  • 『私的生活』新潮社 1969
  • 『笑い地獄』文藝春秋 1969 のち集英社文庫
  • 『何? 後藤明生作品集』新潮社 1970
  • 『関係』皆美社 1971
  • 『書かれない報告』河出書房新社 1971
  • 『円と楕円の世界』河出書房新社 1972 エッセイ
  • 『後藤明生集』(新鋭作家叢書) 河出書房新社 1972
  • 『挟み撃ち』河出書房新社 1973 のち集英社文庫、河出文庫、講談社文芸文庫
  • 『疑問符で終る話』河出書房新社 1973
  • 『ロシアの旅』北洋社 1973
  • 『四十歳のオブローモフ』文藝春秋 1973 のち旺文社文庫
  • 『分別ざかりの無分別』立風書房 1974 エッセイ
  • 『パンのみに非ず』角川文庫 1974
  • 雨月物語紀行』(歴史と文学の旅)平凡社 1975
  • 『眠り男の目 追分だより』インタナル出版社 1975
  • 『思い川』講談社 1975 のち文庫
  • 『不思議な手招き』集英社 1975
  • 『大いなる矛盾』小沢書店 1975
  • 『夢かたり』中央公論社 1976 のち文庫
  • 『めぐり逢い』集英社 1976 のち文庫
  • 『行き帰り』中央公論社 1977 のち文庫
  • 『笑坂』筑摩書房 1977 のち中公文庫
  • 『夢と夢の間』集英社 1978
  • 『虎島』実業之日本社 1978
  • 『酒 猫 人間』立風書房 1978 エッセイ
  • 『嘘のような日常』平凡社 1979 のち中公文庫
  • 『針の穴から』集英社 1979
  • 『ある戦いの記録』集英社文庫、1979
  • 『八月・愚者の時間』作品社 1980
  • 『吉野大夫』平凡社 1981 のち中公文庫
  • 『見える世界、見えない世界』集英社 1981 エッセイ
  • 『笑いの方法 あるいはニコライ・ゴーゴリ』中央公論社 1981 のち福武文庫 エッセイ
  • 『女性のための文章教室 可能性を発見する24章』中央公論社 1982 エッセイ
  • 『汝の隣人』河出書房新社 1983
  • 『復習の時代』福武書店 1983 エッセイ
  • 『小説-いかに読み、いかに書くか』講談社現代新書 1983 エッセイ
  • 『おもちゃの知、知、知』冬樹社 1984
  • 『謎の手紙をめぐる数通の手紙』集英社 1984
  • 『自分のための文章術』三省堂選書 1985 エッセイ
  • 『壁の中』中央公論社 1986
  • 『使者連作』集英社 1986
  • 『蜂アカデミーへの報告』新潮社 1986
  • ドストエフスキーのペテルブルグ』三省堂 1987 エッセイ
  • 『文学が変るとき』筑摩書房 1987 エッセイ
  • 『カフカの迷宮 悪夢の方法』岩波書店 1987 エッセイ
  • 『もう一つの目 エッセイ集』文藝春秋 1988
  • 『首塚の上のアドバルーン』講談社 1989 のち文芸文庫
  • 『行方不明』福武文庫、1989
  • 『スケープゴート』日本文芸社 1990
  • 『メメント・モリ 私の食道手術体験』中央公論社 1990 エッセイ
  • 『しんとく問答』講談社 1995
  • 『小説は何処から来たか 二〇世紀小説の方法』白地社 1995 エッセイ
  • 『小説の快楽』講談社 1998 エッセイ
  • 『日本近代文学との戦い 後藤明生遺稿集』柳原出版 2004
  • 『この人を見よ』幻戯書房 2012

共著・編・訳[編集]

  • 『現代語訳日本の古典 19 雨月物語春雨物語』学習研究社 1980 「雨月物語」学研M文庫
  • 『「対話」はいつ、どこででも プラトン講義』斎藤忍随対談 朝日出版社 1984
  • 『日本の名随筆 95 噂』編 作品社 1990
  • 『新潮古典文学アルバム 伊勢物語・土佐日記』片桐洋一共著 1990

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村松友視『夢の始末書』角川文庫 P.210